スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】中国海空軍の近代化はめざましい

 未だに中国の人民解放軍といえば人海戦術と思っている人もいるかもしれませんが、ここ10年弱の中国軍の近代化はめざましいものがあります。特に北朝鮮と中国が同程度だと思っている人がいたら要注意です。

 ・進む中国軍近代化 艦上戦闘機調達へ露製50機 空母計画に関連か(iza)

 戦力の近代化を進めている中国がロシア製の艦上戦闘機スホーイ33(SU33)を最大で50機、約25億ドルで購入する方向で最終調整していることが5日、分かった。防衛庁は、中国の空母建造計画と密接な関係があるとみられることから事実関係の確認などを始めた。
 中国軍の動向を追っているウェブサイト「チャイナ・ディフェンス・トゥデー」などが、ロシア兵器輸出公社ロソボロン・エクスポート社と中国当局の間で進められていた交渉が最終段階に入ったと伝えた。
 情報を総合すると、中国軍はまず2機を試験導入し、飛行テストや技術・能力評価を実施。その後12機を追加導入しパイロットの習熟訓練を本格的に開始、最終的に50機調達する予定という。
 SU33はロシア空軍の主要戦闘機SU27に艦載機としての装備を追加し、主翼、水平尾翼が折りたためるほか、対艦攻撃の兵器搭載、運用も可能な「空母艦載機」に改良した艦上戦闘機。
 中国は2008年ごろの実戦配備を目標に空母建造計画を進めているとされ、香港の「東方日報」などは「空母に中国国産艦載機やSU33を搭載する予定」と伝えている。しかし、空母建造計画は財政面や技術上の事情から大幅に遅れているとの見方が強く、「旧ソ連から流出した空対地ミサイルなどの導入を優先的に進めている」といわれている。
 軍事専門家は「SU33導入は空母搭載を念頭にしたものといえるが、空母建造計画そのものが見えてこない中国の現状では、周辺国に直ちに脅威を与えるものではない」とみている。
 だが一方で「中国の空母保有は中国の海洋戦略を根本的に変える」として、空母建造計画に大きな関心を持っている防衛庁情報本部や海上自衛隊では、中国の艦載用SU33導入の意図や背景を探るため米軍などと情報交換しながら警戒感を強めている。

<産経新聞>


 ちなみにSu33はロシアの制空戦闘機Su27の艦載機型です。Su27は簡単に区分してしまえばF-15と同程度の能力です。そう思ってもらえば今回のSu33の購入がどれだけ意味を持つか分かるはずです。

 そしてSu33を搭載できる空母を同時に保有した場合、日本にとっては大きな脅威となります。

 全てを総合的に勘案して考えれば、現時点でこのSu33購入が脅威とは言い切れません。しかし、このような軍備増強のニュースが重なり、中国は軍の装備の一部が非常に近代化しています。近代化レベルは、一部では日本を凌ぐと言っても過言ではありません。

 もちろん中国と日本が交戦状態になったときに、他に考慮すべき主要素はあるにせよ、中国と交戦する場合大きな被害を被ることは確実です。

 そろそろ親中派も中国の装備とその脅威に気付くとともに、現実的な対策を考慮すべき時でしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年11月07日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

今年は中国の国防白書が出る予定なので楽しみですね。
もちろんそれ自体の信憑性は薄いと思いますが、各国がどう読むかが勉強になりますね。

2006年11月07日 しっぽ URL 編集

新鋭空母建造より先に、ロシアの払い下げを改造するというのを聞いたけど…それも四隻。SU33はそれに艦載するのでしょうね。
これに新鋭艦まで建造して何処の海に展開するのだろうか?嫌な予感がする…。
アメリカに代わって世界の警察を自負するつもりだろうか?それとも…アジア統一か?
そろそろこの辺りで抑え付けないと、手に負えない状態になるでしょう。親中も程々にしないと痛い目に遭うという事を認識すべきです。

2006年11月07日 水兵長 URL 編集

 やっぱり、中国は一秒でも早く崩壊して欲しいですね。
 正直、危険な上に信用できないので近くに居る人間には一大事ですね。

 次の大統領選挙でヒラリーがなったら、推測が現実になりかねない。
 やっぱり、核議論が必要だな。
 自分のみは自分で守らないと。

2006年11月07日 どらっへ URL 編集

Su33は、離陸重量と滑走距離の関係で、中国が「保有」する2隻の空母(「ミンスク」、「ヴァリヤーグ」)のうち、ヴァリヤーグのほうでしか運用が出来なさそうです。

空母1隻だけでは実用戦力にはなりえず、ヴァリヤーグが戦力化された際は、練習空母としての運用がされるのではないかと思います。

しかし、ヴァリヤーグに固定翼機50機も運用する能力はなく、50機の採用が事実であるとすれば、将来的な国産空母開発への大きな予兆であると見て取れ得るのではないでしょうか。

対する日本は対艦兵装を運用する航空機が減少し続けています。
すばやく軍事的対策を整えなければ、東シナ海~南シナ海は中国の内海と化してしまうでしょうね。

日本の未来が心配です。

2006年11月07日 ねたねこ URL 編集

米国のF15レベルなら母艦が無くても脅威です。
日本配備の航続距離が短いのでしたら空母とセットになると危険ですね~~

2006年11月07日 kmura URL 編集

ハルピンの郊外などの中国の極寒地帯にある小中学区には暖房のないところもあるというのに...氷点下にもなる学校を放置して軍拡競争とはとんでもない指導者たちだ。

2006年11月09日 worldwalker (・∀・) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。