スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【イラク】フセイン死刑は予想できる結果だけに

 裁判が始まってしまってから、この裁判自体に正当性を持たせることが出来ればいいと思うとともに、それは無理という気持ちもありました。きっと過去の支配者の断罪は、新たな争いへの始まりにしかならないでしょう。

 ・フセインに死刑判決、シーア派住民148人殺害事件で(読売新聞)

 【カイロ=長谷川由紀】バグダッドのイラク高等法廷は5日、1982年に同国中部ドゥジャイル村のイスラム教シーア派住民148人を殺害したとして人道に対する罪などに問われた元大統領サダム・フセイン(69)ら8被告に対する判決公判を開き、フセインに対し求刑通り絞首刑による死刑を言い渡した。

 元国家元首が同罪で断罪されたのは史上初。イラクは2審制で、1審が死刑判決の場合、自動的に上訴審が開かれる。独裁者フセインは、国民の手で裁かれたが、判決を受けて泥沼化している宗派対立がさらに激化することも懸念される。

 このほか、フセインの異父弟で元情報機関トップのバルザン・イブラヒム被告と元革命裁判所長アワド・ハミド・バンダル被告に死刑、元副大統領タハ・ヤシン・ラマダン被告に終身刑、旧支配政党バース党の元幹部3被告にそれぞれ禁固15年を言い渡した。元党員1被告は証拠不十分で無罪とした。

 ドゥジャイル事件は82年、同村で起きたフセイン暗殺未遂事件の報復として村民148人が殺害されたもの。2005年10月の初公判から1年余りというスピード判決で、アブドルラフマン裁判長は「フセインは村民の殺害、拷問に関与した」と断じた。フセインは裁判長に対し、「神は偉大なり」「米国と米国の代理人こそ人道の敵だ」などと叫んだ。


 フセインは確かにイラクの人民を虐殺していました。それは今回の裁判で明らかになったとおりでしょう。その辺りは決して捏造だとは思っていません。

 しかし、本当にフセイン大統領を裁く必要があったのでしょうか。ここはイラク戦争に参戦した各国の大義名分として譲れない部分かもしれません。ただ、その大義名分のためにイラクに新たな火種を残すことになってしまいました。

 イラクの中でフセインの属するスンニ派は少数派ですが、中東の中では多数派です。さらに民族紛争が起こるどこの国にも共通するように、国境と民族分布が一致していません。そして一番の大きな事は、石油資源が民族に同等に配分されていないことです。

 これらの理由からまだまだ政権に対する不満は消えることがないと思います。フセインは死刑になったとしても、ならなかったとしても紛争に影響を与えることになるでしょう。結局はこんな裁判をすべきでなかったと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年11月06日 中東情勢 トラックバック:- コメント:2

歴史上、独裁者は生かしてはならない、身柄拘束ではなく殺害しなければならなかったのです。
裁判を受けさせるなどとカッコつけたお陰で米軍は累々と屍を積み上げてしまった。
過去にも罪を独裁者に被せる事で事態収拾を謀る事は幾度もあった。
支持派の抵抗、民衆の不信感の増加。大量破壊兵器の有無…ブッシュは、それこそ蛇の絵を書いて、オマケに足までも書いてしまった。中間選挙に負けても仕方ない立派な材料です。

2006年11月07日 水兵長 URL 編集

フセインには今後何度も死刑判決が出るだろうな。
実際に執行できるのか、いつなのか、それが問題。

2006年11月09日 worldwalker (・∀・) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。