スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【韓国】北朝鮮が核保有したら韓国は対抗できるはずがない

 また盧武鉉大統領が訳の分からないスピーチをしたようです。色々と歴代大統領の評価を含めて話したようですが、一番気になるのは北朝鮮の核保有の動きに平和的に働きかければ南北の平和は維持されると思いこんでいる平和ボケした思考です。

 ・盧大統領「南北の軍事バランス崩れていない」(中央日報)

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は、2日「北朝鮮との対話の断絶を選び状況を悪化させる大統領は、韓国でこれ以上出てこないだろう」とし「政権の進退とは関係なく、この点は韓国が宿命的に選ばざるを得ない戦略だ」と述べた。

盧大統領は韓国貿易協会(KOTRA)で開かれた「外国人の投資を誘致するための報告会」に出席し「現在としては、北朝鮮が一方的に挑発できるほどに軍事的なバランスが崩れてはいない」とし、このように強調した。とりわけ盧大統領は「北朝鮮の核実験で安保を脅威する要因が増えたのは事実」とし「しかし、同問題で最も重要なのは誇張してはならないとの点だ」と語った。

また「北朝鮮が核兵器で韓半島への先制攻撃を行なうだろうかという問題については、冷静に考えてみるべきだ」とし「平和を最高の価値にし、(南北)関係を管理していけば、われわれは平和が壊れることがないよう十分管理して行くことができる」とした。

続いて「盧泰愚(ノ・テウ)元大統領は大統領になった直後、北方外交を宣言し、韓半島非核化の合意を導き出しており、南北間の基本合意まで実現した」とし「理由はどうあれ盧大統領時代にすでに南北和解・協力の政策が始まったのだ」と主張。そして「今後、誰が政権を握るとしても、平和の戦略、北東アジア共同体に向けた統合の戦略、こうした部分に逆らうことは決してできないだろう」と語った。

朴承煕(パク・スンヒ)記者


 ・「核を持つ国と持たない国の軍事バランスはありえない」(朝鮮日報)

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は、北朝鮮が核実験を行った現在の状況でも「北朝鮮による一方的な挑発は不可能で、軍事バランスは保たれている」とし、「今後も韓米同盟を基礎にバランスを維持していく」と語った。

 これに対して朴庸玉(パク・ヨンオク)前国防次官は「北朝鮮の核兵器そのものが韓国とは非対称戦略だ。核を持つ国と持たない国との軍事バランスなどはない」と語った。朴前次官は、駐韓米軍のベル司令官が最近の記者会見で「核実験そのものでは軍事バランスは崩れていない」と述べたことについて、「ベル司令官の発言は、韓米連合軍を前提とした“核で挑発すれば破滅”との警告メッセージであって、発言の意図が大統領とは異なる」と主張した。

 一方、世宗研究所の宋大晟(ソン・デソン)首席研究員は「盧大統領も“米国の核の傘”は考慮している。しかし、米国の核の傘という保障は“公約レベル”であって“作戦レベル”ではない」と説明、「北朝鮮は核を開発しながら、同時に戦争での利用計画もたてているはずだ。しかし、連合軍の作戦計画には北朝鮮の核への対応という内容はない」と語った。

 陸軍予備役中将の車基文(チャ・ギムン)清州大学教授は、盧大統領の発言について「北朝鮮が軍事バランスのために核兵器を開発したという誤解を招きかねない」と憂慮し、「軍事戦略で重要なのは“均衡”ではなく、有事の際に圧倒的優位に立つことだ。北朝鮮による核開発でそのような戦略は困難になった」と述べた。

 別の軍事専門家は「核は誰かに狙いをつけなくても、相手の譲歩を引き出して不利益を強要する外交的・政治的武器であり、それはあらゆる軍事専門家や国際政治学者が同意する理論だ」と説明した。

安容均(アン・ヨンギュン)記者


 盧武鉉大統領の発言は、日本国内における左派勢力の発言に酷似しています。要は、「核実験自体は非難すべき事であるが、それに至るまで追いつめた側にも責任がある」とか「例え核保有を強行しようとも話し合いで平和は維持される」という考え方です。

 私は話し合い自体を否定はしませんが、北朝鮮の核保有は絶対に避けなければならない事項だと思っています。それは核兵器が通常兵器と「非対称」だからです。核兵器は一度開発環境が出来れば、コストは非常に低く一撃あたりの破壊力は通常兵器と比較できないまで格差があります。だから北朝鮮の核保有は、保有した時点で軍事バランスが大きく狂うのです。

 これは左派勢力ではないですが、「米国の核の傘があれば北朝鮮に対抗できる」と思う人もいます。しかし、ミサイル防衛が完全に機能していない現在の状況では、核弾頭を積んだ弾道ミサイルが首都に向けて発射されればそれでお終いです。核兵器に対して核兵器で対抗できると考えるのは、相手が理性的である場合に限ってのことです。

 ずいぶん勝手な自説を振りまいたようで、韓国では批判をかなり浴びているようです。私も発言を見た限り突っ込むところは非常に多く、どこから切り口にすべきか迷うくらいでした。本当にこの大統領を選出してしまった韓国は反省しなくてはいけませんね(苦笑)
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年11月03日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

まともに聞いてはいけない。

盧武鉉の発言はすべて盧武鉉の希望、願望、ウリナラ・マンセーからできている。

2006年11月04日 (・∀・)! URL 編集

 死にたいなら、自分の命だけにしろ。
 国内の左翼もそうだが、自分の妄想に他人を付き合わせるな。

2006年11月04日 どらっへ URL 編集

そろそろ盧武鉉も完全にヤキが回ったかな。自滅の一途を辿っているようです。

2006年11月04日 水兵長 URL 編集

安倍さんには「戦略で迷ったら、韓国とは反対の行動を取って下さい」と教えて上げたい(笑)。

やることなすこと全て見当違い。自国民から見ても賛同を得られないのですから、もう終わってますね。

ところで一時期に比べてノムヒョン大統領の発言が取上げられなくなった気がします。6カ国協議再開でも『蚊帳の外』って感じでしたし、あまりに的外れな発言ばかりなので、共同通信・時事通信も嫌になったんですかね?
v-37

2006年11月06日 やや右より?のベル URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。