スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】民主党全体が日教組と同根だと思わないが

 日教組は断じて信用できないし、日教組議員なんて話を聞く気にもなりません。しかし、民主党イコール日教組というのはあまりにも乱暴な気がします。

 ・民主と日教組が一心同体? 自民議員、癒着をただす(iza)

 30日の衆院教育基本法特別委員会で、自民党の鈴木恒夫氏から、基本法改正案をめぐる民主党とその有力な支持団体である日教組との癒着をただす質問が飛び出した。民主党側は「日教組には日教組の考え方がある。私どもは民主党だ」(鳩山由紀夫幹事長)と癒着を否定したが、来年の参院選に向けた自・民対決の“前哨戦”のようなムードが漂った。
 質疑で鈴木氏は、日教組の組合員が約30万3800人いて、日教組出身の参院議員が5人(うち民主党議員は輿石東参院議員会長ら4人)いることを指摘。その上で民主党の基本法改正案について「日教組幹部は『政府案を廃案にするための対策だと考える』と言っている」と述べ、民主党や日教組は同党案の成立を目指しているわけではなく、政府案つぶしのために対案を出しただけだと批判。これに対し、民主党案の提案者である笠浩史氏は「(民主党案は)いろんな意見も聞き、開かれた議論をしてまとめた」と反論した。


 元々歴史的に見れば、日教組は社民党にこそ近いかもしれません。ただ、日教組は性格的には労働組合です。労働組合の歴史は、政党の歴史とは微妙にずれていて、決して労働組合の利益を代表する政党が常に存在しているわけではありません。

 むしろ、労働組合は自分たちの意見を代表してくれる政党を求めて社会党を頼ったが、結局は袂を分かったのです。昔は総評だの同盟だの色々と労働組合はありますが、今は大きく分けて連合、全労連、全労協という3つ(あとユニオンなどもありますが)に集約されます。それぞれが完全な支持を表明していないものの、それぞれ民主党、共産党、社民党を支持しています。

 ただ、日教組はほとんどが連合傘下ですが、完全に連合傘下かというとそうでもありません。彼ら自身が労働組合とは若干違うという意識もありますし、連合の「労使協調」という流れにも賛成できないのでしょう。

 しかし、共産党傘下にはなれません。彼らには全教という教員の組合があるのですから。そして社民党なんて斜陽族には、ある程度の協力関係を結びますが、当然泥船に最後まで乗ろうとはしません。

 ここまで説明すれば分かるとおり、日教組は自分たちの主張を聞き入れる勝ち馬に乗りたいだけなのです。そして民主党に乗り切れないでいるのも、主義主張の違いもある事ながら、勝ち馬でないと判断しているのが主因なのです。

 彼らは自己保身と顕示欲の塊です。そんな日教組を、民主党は頼りにしているのかもしれませんが、逆に民主党こそがハズレくじを掴ませれようとしているのかもしれません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年11月01日 政治 トラックバック:- コメント:1

最近は朝鮮人が民族的野望を満足させるために日教組を利用している例が多く見られます。
日教組の大会には必ずハングルのノボリが立ちますし、日教組の地方組織単位で北朝鮮や南朝鮮に研修と称する洗脳ツアーが行われています。
http://blog.ameba.jp/user_images/2f/b9/10006216900.jpg
日教組の大会っていつもハングルののぼりが立つのはなぜなの?(笑)

2006年11月01日 worldwalker (・∀・) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。