スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【ロシア】途上国向け武器輸出急増、世界の不安定要因

 冷戦時代の頃と全く同じで、ロシアは世界の最大の武器商人となっています。一時期はロシアの正面装備まで売却しているという噂もありましたが、今はそんなことはないでしょう。それはともかく、ロシアの存在は世界の安定への一番の阻害要因です。

 ・露の途上国向け武器輸出急増 米抜き1位(iza)

 【ワシントン=有元隆志】米議会調査局は28日までに、1998年から2005年にかけての発展途上国への武器輸出報告書をまとめ、05年の武器売却契約で、ロシアが91年の旧ソ連崩壊後初めて米国を抜いて第1位となったことを明らかにした。報告書はイランへの地対空ミサイル輸出などが懸念されると強調、中国からイランと北朝鮮にミサイル技術が渡っていることも指摘している。
 ロシアが05年に発展途上国と交わした武器売却契約は70億ドル(約8200億円)で、04年の売却実績54億ドルを大きく上回った。売却側はフランスが2位(63億ドル)、米国が3位(62億ドル)。武器を購入する発展途上国側はインドが1位(54億ドル)、サウジアラビアが2位(34億ドル)、中国が3位(28億ドル)だった。
 ロシアは05年11月、地対空ミサイル・システム「TOR-M1(SA15)」29基を売却する契約をイランと交わした。ミグ(MIG)29戦闘機やスホイ(SU)24爆撃機などロシア製軍用機の性能を改良することでも合意している。
 地対空ミサイルはイランの核施設周辺に配備される可能性が指摘されている。米政府はイランの核開発問題の解決の見通しが立たない中、ロシアに契約履行の凍結を求めたが、ロシア側は拒否している。
 中国はロシアから軍用機などを購入する一方で、05年に他の途上国との間で21億ドル(約2400億円)の武器売却契約を締結した。


 インドと中国は途上国の中でもかなり異質ですし、サウジアラビアも途上国というカテゴリで括るのが適切かどうか迷います。

 ただ、私が問題にしているはこれらのデータには表れない反政府勢力などへの武器供給です。イランなども含めてロシア製の武器はかなりの割合で世界に流れています。(それと同じで中国のロシア製のコピーもかなり出回っており、それも深刻ですが、今回は話題と違うので割愛します。)

 大部分はアフガニスタン紛争の時に供給したものですが、未だに一定の数が出回っています。それらはイスラム過激派へもわたっており、世界のテロ行為の責任は、武器の供給という面からいうと、一番がロシアで二番が米国と私は思います。(三番は中国でしょうか。)

 ロシアは国内では言論弾圧を努めるとともに政権の強化を図り、国際的には資源をネタに自国の都合の良い国際関係を築こうとしています。そして武器供給が加われば、ロシアは世界にとって脅威だと分かる人が多いと思います。

 日本の周辺国はどこも信用できませんが、中国や韓国よりはロシアの方がましと考えている人がいたとしたらそれは完全な間違いです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月31日 ロシア トラックバック:- コメント:2

大統領がもともと諜報機関の長なんだから(笑)

2006年10月31日 worldwalker (・∀・) URL 編集

>中国や韓国よりはロシアの方がましと考えている人がいたとしたらそれは完全な間違いです。
詳しい事情が分からないので恐縮ですが、中国・韓国と違ってロシアは反日教育をしていないのではないでしょうか?その点だけでも「まし」だと思っていました。

ロシアはしたたかです。自ら戦争を行わなくても武器輸出ぐらいするでしょう。しかしそれはフランスなどヨーロッパ諸国も同じです。捏造・違法コピーなどは特亜よりも少ないでしょうし、日本国内に流入して狼藉を働く事も少ないと思います。

もっとも中国や韓国に輸出された武器は日本に向けられているでしょうから「同盟国」にはなり得ませんけれどね。

2006年10月31日 やや右より?のベル URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。