スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【尖閣】中国側の抗議、無視するのが一番

 盗人猛々しいとはこのことでしょう。中国は尖閣列島の領有権を主張しはじめたのはたかだか30年前です。それまで問題なく領有していた尖閣列島周辺に石油資源が眠っているという調査結果が出てからです。こんな理不尽な要求を聞くべきではありません。

 ・尖閣周辺での阻止に抗議 中国外務省、日本側に(iza)

  中国外務省は27日、尖閣諸島(中国名・釣魚島)への上陸を目指していた香港の団体の漁船が、同島周辺海域で海上保安庁の巡視船に実力で阻止されたとして、日本側に抗議したと発表した。抗議は同省アジア局担当者が北京の日本大使館を通じて行った。
 中国側は「釣魚島と周辺の島々は中国固有の領土であり、中国の民衆が島の主権を主張するのは正当な行動だ」と表明。中国政府が危害を加えないよう要請していたにもかかわらず、日本側が多数の船を動員し、香港の船に体当たりするなどした結果、負傷者が出たと指摘した。
 その上で、日本政府が島を実効支配していることは中国の主権の侵害であり、受け入れられないとあらためて強調。日本側が「両国関係改善と発展の大局に立って、適切に問題を処理するよう望む」と要求した。(共同)


 両国関係改善を要求するならこの問題を取り下げて謝罪することこそ中国にとって必要でしょう。元々何の問題もなく領有していたものを、自分のところの大陸棚だからと言って領有権を主張するのは理不尽以外のなにものでもありません。

 今回の件は基本的に政府主導の行動ではなく、香港の昔からいる活動かが起こしたものだと認識しています。ただ、それを黙認しているという時点で大きな問題であり、こうした抗議声明が出る時点で日本の主権を起こしているのは明白です。

 日本政府は断固とした対応を取るべきですが、この程度の抗議声明であれば無視するというのが一番現実的かつ効果的な方法だと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月28日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

 私としては謝罪の変わりに侵犯船に砲弾でも打ち込んでやりたいんですけど。
 どうせ、乗ってるのは中国の軍人でしょうし。

2006年10月29日 どらっへ URL 編集

尖閣に近付く抗議船には、20ミリ機関砲をお見舞いしてやりたくなりますよ。
以前から尖閣には、それなりの設備と部隊を駐留させるべきだと思ってます。魚雷艇とヘリポート、監視所あたりが必要かなと。

2006年10月29日 水兵長 URL 編集

自己都合で勝手に領土を拡大している国の戯言です。
断固とした対処で応えるべきです。

どこぞの知事も言っていましたが、尖閣諸島は施設を設けるのに十分な土地がある。
自衛隊を常時駐留させて「領土を守る」という硬い意思を見せ付けなくてはなりませんね。

蛇足かもしれませんが、ちょっと情報です。
問題の尖閣諸島ですが、中国の教科書では80年代まではしっかりと”日本の領土として記載されていた”のだそうです。

2006年10月29日 通行人A URL 編集

誰かここに住めば?
住めるのかどうか知らないが(笑)

2006年10月29日 worldwalker (・∀・) URL 編集

>この程度の抗議声明であれば無視するというのが一番現実的かつ効果的な方法だと思います。
普段から毅然とした態度を取らないからこそ、竹島は今のような状態になってしまったと思います。油田もまた然り。
今後アジア外交で実力行使を伴った行動には「無視する」という選択肢はなくした方が良いのではないですか?

参考までに海保の見事な仕事っぷりを紹介します。
http://killkorea.iza.ne.jp/blog/entry/64216/
v-37

2006年10月30日 やや右より?のベル URL 編集

どらっへさん、
軍人に対しては彼らが覚悟があるならやっても良いでしょうね。

水兵長さん、
私も自衛隊を駐屯させてもいいと思いますね。

通行人Aさん、
80年代って事はやっぱり細川内閣以降変わっていったのでしょうね。

worldwalker (・∀・) さん、
私は自衛隊が駐屯すべきだと思っています。

やや右より?のベルさん、
確かにそうかもしれませんが、無視すると言うことに何らかのメッセージがある場合もあると思います。

2006年11月06日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。