スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内政治】何度防衛省論議は行われるのでしょう

 個人的に今のタイミングであれば、防衛省昇格は悪いことではないと思います。しかし、重要法案が山積している中で本当に今国会で成立するのでしょうか。

 ・政府・与党「最重要」防衛省昇格法案きょう審議入り(iza)

 衆院議院運営委員会は26日、防衛庁「省」昇格法案について27日の衆院本会議で審議入りする日程を、自民、公明両党の賛成多数で可決した。民主、共産、社民、国民新の各党は反対した。同法案は先の通常国会に提出されたが、審議入りしないまま継続審議となっていた。
 政府、与党は同法案を重要法案と位置付け、今国会中の成立を目指しているが、民主党は「北朝鮮の核実験問題が解決しない段階で議論するのは時期尚早」との立場。共産、社民両党は法案そのものに反対している。
 昇格法案は、防衛庁の名称を「防衛省」に変更するとともに、現行自衛隊法の「雑則」で規定されている(1)国際緊急救助活動(2)国連平和維持活動(PKO)(3)周辺事態法に基づく後方地域支援-などを「本来任務」に格上げする内容。「防衛相」は国の防衛に関する重要案件で閣議開催や法律制定を直接求めることができるなどとしている。


 個人的な展望にしか過ぎませんが、この法案はまた継続審議になると思います。と言うのも、共謀罪を今国会で断念し、教育基本法の成立に力を入れています。その中で防衛省という話は少々重すぎます。下手をすればどちらの法案も継続審議になってしまいます。とすれば、国対委員長(二階氏)の手腕が問われることになりそうですが、多分無理でしょうね。

 防衛省昇格の話は、今まで防衛庁内局の勢力拡大の場だと何度も述べてきました。しかし、制服組の統合体制がやっと体制が出来上がり、あとは何度も訓練や実働を繰り返して強固な組織を作り上げるところです。

 私としては統合運用が出来上がった後でもいいと思いますし、別に今にこだわる必要もないですが、防衛庁の中で制服組の力を少しでも残しておくために今のタイミングで「防衛省」になることが必要なのでしょう。

 防衛庁の中には、省庁間協力を行うためにはあくまでも背広組でなければならないと言う頑固な考えを持つ人がいたり、キャリア組の省庁間のつながりがあるからこそ官僚組織は成り立っているという認識を持つ人がいます。その辺りは所詮選民思想の固まりでしかなく、取るに足るものではありません。

 しかし、一番問題なのは防衛庁は背広組がトップに立つことで「シビリアンコントロール」が成立しているという馬鹿げた考えを持っている人が多いことことです。言うまでもなく、シビリアンコントロールは首相や防衛庁長官という「国民に選ばれた存在」にコントロールされることです。決して官僚に自衛隊がコントロールされることではありません。

 本当に今のタイミングで防衛省昇格を議論することが吉と出るかは分かりません。しかし、私は一方でいつかはやらなければならないのであれば、今議論してもいいのでは・・・、と思っています。

 ただ、今のタイミングで成立は非常に難しいでしょうね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月28日 政治 トラックバック:- コメント:5

防衛庁が防衛省になろうが、要は国の危機にいかに機敏に動けるかに尽きます。制服組、背広組の主導権争いなんてくだらない事の為に持ち出されるのは、はたはた迷惑な話。
省に格上げしなければ自衛権の範囲が広がらない等と言うことはないだろうし。
幕僚長から末端の隊員まで国の為に役に立つという誇りが持てる集団にして頂きたい。

2006年10月28日 水兵長 URL 編集

領土と領海は国家の要。そこを守る機関が中国や南北朝鮮にナメられてはいけない。ペンタゴンのように世界中に恐れられる存在になってほしい。

2006年10月28日 worldwalker (・∀・) URL 編集

水兵長さん、
ただ、今自衛隊では幕僚長は事務次官の下にいると思っている人が平気でいますからねぇ。
私もせっかく自衛隊を多様に活用できる可能性が大きくなってきたのですから、それをきちんと議論していくべきですね。

worldwalker (・∀・)さん、
同感です。きちんと改革をしてもらいたいですね。

2006年10月28日 さいごう URL 編集

ちょっと異論を唱えてしまいます。
成立すると思いますよ。<防衛省

今の時点ではあまり大きな声ではいえない事なんですが、成立すると思います。
この件について、安倍内閣中枢では結構本気みたいです。

詳細はまた後日。

2006年10月28日 三輪耀山 URL 編集

個人的には防衛省の方が良いと思いますけど、様々な欲望が渦巻いていますからねぇ。

2006年11月06日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。