スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】偽札2200万ドル流通

 意外と少ないという印象ですが、これは見つかったごく一部で実際は最低でもこの一ケタは違うと思います。

 ・北の偽ドル札2200万ドル流通 米財務省報告(iza)

 ・北の偽ドル札「スーパーノート」 2200万ドル流通(FujiSankei Business i.)

 【ワシントン=有元隆志】米財務省は25日、偽ドル札に関する報告書を議会に提出した。北朝鮮の「スーパーノート」と呼ばれる偽100ドル札について、過去16年間で約2200万ドル(約26億1800万円)が市中に流通したと明らかにした。一方で、偽札捜査を担当するシークレットサービスは約5千万ドル(59億5千万円)の「スーパーノート」を押収したとしている。
 報告書は、偽札の脅威に対応するうえで、「言及するに値する国」として、コロンビアと北朝鮮の偽札製造を挙げた。
 なかでも北朝鮮の「スーパーノート」については、米造幣当局と同じように活版印刷や特殊な用紙を使うなど、「高い品質」の紙幣と指摘した。
 ただ同時に、欠点や特徴によって、米連邦準備制度理事会(FRB)や世界各地の金融機関によって「確実に見つかっている」と強調した。
 さらに、偽札全体でみると、米国内外とも偽ドル札の比率は、1万枚に1枚ぐらいの低い割合に止まっているとしている。
 報告書は財務省とFRB、シークレットサービスの共同でまとめられた。


 ご存じのない人もいるかもしれませんが、シークレットサービスは元々偽札摘発を主任務としていました。要人警護で有名ですが、未だに偽札摘発の方がメインです。

 それはともかく、北朝鮮の偽札は非常に品質が高いそうです。私は比べてみたことがないので分かりませんが、本物と見比べてみても違いが分からないそうです。ただ、コストがかなりかかるそうで、それほど儲けていないと言う指摘もあります。

 日本の偽札はさすがに北朝鮮が製造しようとすれば元を取ることが非常に難しいでしょうね。ホログラムはどの程度高コストになるか分かりませんが、儲けようとするのは非常に難しいでしょう。

 ところで、米国は偽札を見つけると全て買い取っています。それが流通させないための手段なのでしょうが、かなり財政的に余裕がないと難しいはずです。日本のように公務員が公務で使う金も大きく制限されているようでは、こんなことは難しいはずです。

 これは武器に関しても言えるようで、米国は冷戦時代にソ連に対抗する組織に対してスティンガーを大量に供給していました。今のイスラム原理主義の台頭はこのような武器の流通が原因でもあるのですが、それはともかく、現在米国は回収するために多額の予算を費やしています。大量に流通させ、回収に多額の金を使うところに米国らしさを感じます。

 話は偽札に戻りますが、回収に59億5千万円を費やしていると言うことは、それ以上の額が一般に出回っている可能性が高いと見るのが普通でしょう。回収の進捗状況にもよりますが、私は数倍から10倍程度は出回っていると見ています。

 やっぱり米国が金融制裁を行ったのが理解できますね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月26日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

 確実に円も作ってるんだろうな。
日本の対策はどうなってるんだろう。
 心配だ。

2006年10月27日 どらっへ URL 編集

北朝鮮に拉致された、日本の優秀な印刷技術者が作っているんだから精巧なのは間違いないでしょう。
クリントンがあまりにも無策だったのでブッシュさんが苦労している。クリントン死ね。

2006年10月27日 worldwalker (・∀・) URL 編集

北朝鮮の通貨を大量に偽造して北に流通させれば崩壊したりしないかなと思った。

2006年10月28日 通りすがり URL 編集

どらっへさん、
多分円は作るのに非常に手間がかかるし、コストも尋常ではないので可能性は非常に低いと思います。

worldwalker (・∀・)さん、
クリントン元大統領は内政重視で外交政策などなきに等しかったですからねぇ。

通りすがり さん、
それも面白そうですが、結局使うところがないですから、ドルが中心ですよね。

2006年10月28日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。