スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】教師ってそんなに楽なの?その2

 昨日書いたエントリで多少誤解があると思いますので、今日はその補足エントリのようなものを書きたいと思います。  まず、私は亡くなった方の評価は基本的にしません。これが歴史的な存在になれば話は別ですが、その場合少なくとも50年はかかります。ということで、今回のことは単純な事実を一般化して議論をしていたことにご理解をいただきたいです。

 また、精神疾患の内容などは事実関係がよく分かりません。と言うことで、月100時間の超過勤務や6時間未満の睡眠時間という数値に表れるところで教師の待遇面での善し悪しや、公務災害にあたるかどうかと言うところに私が思ったところを書かせていただきました。私の認識としては、この程度の残業時間や睡眠時間などたくさんいると思っています。とくに中小企業などで1日8時間労働しかさせていないところなどないでしょう。さらに言えば超過勤務手当などもらっていないところもたくさんあると思います。

 あと、もう一つ述べたかったのですが舌足らずになってしまったのが、教師の集合体である「学校」もしくは「教育委員会」という組織への不満です。不満の大半は日教組にあるのですが、彼らが公務員的な1日8時間労働や週休2日制、有給休暇などの制度を構築していった結果、「教師になる側」も「教師を見る目」も教師の質が低いと思うようになってしまっているのです。

 今回、教師の労働時間という要素で教師の質を判断してしまいましたが、基本的に間違っているとは思いません。本当に質が高いのであれば、もっと周囲から尊敬されているでしょう。

 一応この前のエントリとさらにもう一つ前のエントリとの関連で読んでいただければ多少ニュアンスが伝わっていたかもしれませんが、単体で読むと伝わりにくいかもしれません。

 論点を整理して最終的に述べさせてもらうと、教師は質を上げるために努力すべきだし、学校、教育委員会、日教組は解体まで含めて直ちに改革をしていかなければならないと思っています。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月26日 政治 トラックバック:- コメント:2

まあ、親たちも自分たちが家庭でちゃんとしつけしていないような子供を、学校でちゃんとしつけろだなんて無理を言うよな。今の親たちは昔と比べりゃわがままで、不勉強で強引だと思う。その点において家庭の問題も大きいだろう。
しかし、先生も死を選ぶことはないよな。この学校がイヤなら他の学校、他でも無理なら別の職業を選ぶこともできる。
ここ日本では、北朝鮮なんかと違って、人間はどのようにでも生きることができる。極端に言えば、フリーターでも、乞食でも生きることができる。
死ぬほどのことはないだろ。脱北した元日本人妻が言ってたなあ、「死ぬよりも苦しいことが北朝鮮にはある」

2006年10月27日 worldwalker (・∀・) URL 編集

 このエントリ及びコメントを読んで、正直「人によって感覚が違うのだな」ということを特に強く感じました。この自殺した教師の仕事の実態はわかりませんが、1日5時間強の残業は私の感覚からすれば明らかに多いですよ。無論そう思うのは、比較的自分が職場環境に恵まれた場所で働いていることもあるとは思いますし、自身が軟弱なせいもあります(笑)。しかし、世の中にもっと厳しい環境で働いている人が多くいることを考慮しても、この事件をもって教師の質云々を論ずるというのは亡くなった方にはあんまりだと思います。

 私が仮に毎日5時間以上の残業を1年以上強いられたら、精神疾病に絶対かからない!とは断言出来ませんし・・(苦笑)。少なくても、月100時間の超過勤務なぞ世の中では当たり前!とかいう理屈で自殺した教師を批判的に論ずるのは適当ではないかと・・。ついでに言えば、月100時間の超過勤務というものをむしろ疑問に思ってもらいたい!というのが私見です。

 それと、教師が本当に質が高ければ尊敬されるとおっしゃられますが、一般に教師が尊敬されていたとされている時代はそもそも保護者が殆ど大卒ではなかった時代です。逆に今は保護者の方が学歴が高いのも別に珍しくなく、それでいてしつけは家庭でロクに行わなずそのツケを平気で教師に押し付ける、授業参観にくれば生徒よりも大きな声でおしゃべりして授業を妨げても平然としている等、昔なら殆どあり得なかったような保護者が当たり前のように存在するのが現状です。ありていに言って、今の世の中で教師が尊敬される存在となるのは現実的には殆ど不可能だと思いますよ。

 どちらかといえば、日教組は自らの存在意義が多少なりともあると思うのなら、くだらない政治運動なぞせず今回の事件のようなまさに自分達の職場・労働環境に関する問題やいじめ問題の解決にもっともっと全力で取り組むべきだ!ということを言いたいですね。
今回の事件も、根本的には教師個人の力ではおそらく解決出来ない問題でしょうから。

 尤も、君が代反対とか言ってる連中は勝手に学校休んで裁判所の前でデモやるぐらいの厚顔無恥な輩ですから、まじめに残業して一人で苦しんで自殺するような(有能・無能に拘わらず)生真面目な教師のことなんぞ、おそらく同僚とも思わず“知ったこっちゃない”ってスタンスなんでしょうけど・・(苦笑)。

2006年10月28日 雷電 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。