スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】教師ってそんなに楽なの?

 勝手に公務災害を請求すればいいし、亡くなった方を責めるつもりはありませんが、これで過酷な労働だというのなら世の中の大半の職場が公務災害にあたるのではないでしょうか。

 ・保護者から“嫌味”…自殺教諭の遺族が公務災害申請(iza)

 東京都新宿区の区立小学校に勤務していた女性教員=当時(23)=が5月に精神疾患となり、その後自殺したのは公務上の災害に当たるとして、遺族が24日、地方公務員災害補償基金都支部長(石原慎太郎知事)あてに公務災害の認定を申請した。
 申請によると、教員は4月、区立小に新任教員として赴任し、2年生の担任(児童数22人)になった。過重労働や過度の精神的ストレスなどが原因で、5月31日に自宅で自殺を図り、翌6月1日に死亡した。超過勤務時間は1カ月100時間を超えており、平均睡眠時間は6時間未満だった。
 保護者から「結婚や子育てをしていないので経験が乏しいのではないか」と、連絡帳に人格を侵害するような内容を書かれることもあった。
 教員は小学校に配置されるまで心身とも健康だったが、5月29日に精神科を受診していた。
 申請は、新任教員に対する学校のサポート態勢の欠如も自殺の原因になったとしている。
 教員は自殺前、「無責任な私をお許し下さい。すべて私の無能さが原因です」との遺書を書き残していた。
 記者会見した遺族代理人の川人博弁護士は「教員の多忙化、孤立化に対する教育現場の支援態勢が不足している。関係省庁は教員の深刻な健康問題をきちんと取り上げるべきだ」と話した。
 都教育委員会は「申請内容を把握していないので、コメントできない」としている。

<産経新聞>


 1ヶ月100時間って20日出勤と考えれば1日5時間の超過勤務でしょう。別にその程度ならどこにでもいません?私がそのくらいの年の頃は6時から22時までの仕事を毎日してましたから、8時間の超過勤務ですよ。別にそれを自慢するつもりはないですし、他の人もその程度は普通だと思っています。

 それに私の職場は徒弟制度で、何度も辞めたいとか後ろ向きな思いになることがありました。そんなのはどこにでもあるし、教師だけが特別ではないと思います。

 私は教師に求められるものをあまりにも軽んじた結果がこうなっているのだと思います。自殺した人へのケアが足りないのであれば、もう少しきちんと面倒を見なければなりませんが、それだけでなく教師の質を上げることももう少し考えてもらいたいものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月26日 政治 トラックバック:- コメント:7

この報道については、朝の出勤前にテレビで見ただけなのですが、この亡くなった新人女性教師への親からのバッシングは尋常ではなかったようです。
保護者達によるイジメと言っても決して過言ではないと思われます。保護者達が親としての役割を学校に押しつけたあげく、人格否定までされ、さらに校長・教頭を含め、たった10人しかいない学校でかつ全員多忙、新人でありながら誰にも相談できない、と言う状態だったようです。
さらに、社会人になって1ヶ月目からこの残業状態+表には現れない持ち帰り残業、心身をリフレッシュするための週末も仕事・・・心身共に披露の局地で鬱病になってしまった可能性大だ思います。

教師の質が問われている現在ですが、親達の質の劣化が更に激しく、ベテラン教師でさえ鬱病になるものが多い時代ですから、教師だけを批判してもこう言う問題は解決しないと思います。

2006年10月26日 j.seagull URL 編集

一般化して言うのは何ですが、過保護に育てられた人、ストレスに対する耐性のない人、ガマンすることがまったくできない人は我々の世代よりも多く、今の若い世代にいるのではないかと思います。

2006年10月26日 worldwalker (・∀・) URL 編集

教師は楽じゃないですよ。完全週休二日制で夏・冬・春休みがあり、残業もほとんどない・・・というのは反教師派のデマ。放課後も勉強会やPTAとの会議が繰り返され、部活動の顧問になれば休日の休みはほとんどなくなります。学年主任にでもなれば、警察のご厄介になった生徒を迎えに行く事も・・・。

それでも昔は教師に対する尊敬の念があり、親も教師に協力的でした。最近は教師・親の両方の質が低下したと嘆かれていますが、金銭的なメリットは皆無で理想を持ち続けなければやっていけない過酷な職務です。
(余談ですが、警察官などにも同じ傾向が窺えます)

仮に私が遺族なら、赴任してわずか2ヶ月で自殺する事になった若い娘は「仕事のストレスで死を選ぶ事になった」と考えるでしょう。精神科を受診した翌々日に自殺していることからも、精神的に追い詰められた結果だと推察されます。

この件に関しては、さいごうさんは「公務災害は認定されなければおかしい」と言うのだと思いました。「イジメで自殺するのは子供だけじゃない。教師を追いつめている親がいることも報道すべきだ」とね。

さいごうさんの続報を期待しています。

2006年10月26日 やや右より?のベル URL 編集

死ぬほど無理なら辞めればいいのにとかも思いますけど、それまでの人生を教師になる為だけに費やしてきたとしたら、方向転換も難しかったのでしょうか・・・
今後、教師資格の更新制度などの話も進むのでしょうが、ストレス耐性とか、誰かに厳しいことを言われてもうまく受け流せるコミュニケーション技術とかは、テキストのテストでは判定は難しいでしょうし、どのような方向で進むのか心配ではあります。

2006年10月26日 かぼちゃ魔法師 URL 編集

はじめてのコメントです。
'結婚や子育てをしていないので経験が乏しいのではないか'との文が人格を否定になるのかな?この程度のコメント日常茶飯事ですよ。これくらいでプレッシャーに感じるのは社会人としても弱すぎます。きつい言い方かもしれませんが、教師といわず全ての職業に向いていません。新人の時はもっときつい言い方をされて、それに対して’なにくそ’と反発して社会人として成長して行くものです。温室育ちのあまちゃんだったのかな?だとしたら親の責任です。この親が訴えているようですが、何もかも人の責任として自分は知らないという風潮が蔓延しているようです。

2006年10月26日 ボース URL 編集

何にも分からんガキ同然のヒヨッコが、シャバにいきなり出て来て「ハイ、○年生の担任やって下さい」なんて出来る訳がないでしょう、当然ベテラン保護者もナメてかかる。
どんな職種でもそうでしょうが、新卒の人間にいきなり重職を任せるような事は、通常有り得ませんよね。
新卒教師は、副担任を二年程させてからの方が良いのではないかと思いますね。教育実習程度では不足過ぎます。
生徒の心のケアばかり集中して、教師のケアがされていない感じがしますね。
「無能な私」で当然なんです、いきなり全知全能なんて人間は居ないんですから。彼女はそれをまず理解すべきだったのかも知れません。分からない事を聞けないのは昔から続く教師の体質なのでしょうか?
最後に…最近は「先生」と言う言葉に、当て嵌まらない人が随分多いと思います。

2006年10月26日 水兵長 URL 編集

j.seagull さん、
親の責任というのもあるのは私も認識していますが、それ自体が戦後の教育の成果だと思います。
そもそも教師自体と教育委員会を改革しなければ根本的な改革は出来ないでしょう。

worldwalker (・∀・) さん、
基本的に死を選ぶという方法が選択しに出てくるのは一番安易な解決方法だと思います。(何度も言うようにこの人の批判をしているわけではありません)

やや右より?のベルさん、
そもそもこの話題で教師が悪いのか、親が悪いのかという議論をするつもりはなかったのです。多少私の言い方が悪いのかもしれませんが、自殺によって問題解決を図ることの安易さと、他の職場にはもっと過酷な仕事をしているという認識を持ってもらいたかったのです。
一応もう一つエントリを立てているので、よろしければ見てください。

かぼちゃ魔法師さん、
コメントありがとうございます。
基本的に昔から権威ある仕事だと思われていた職業に問題が次々と出て来ています。そもそも周囲からの尊敬に見合った人材を育成できなかった組織に問題があるでしょうね。

ボースさん、
私もその通りだと思います。結局は教育委員会や保護者も含めて認識の甘さが原因となっていると思います。

水兵長さん、
新卒が担任をするというのはレアケースじゃないでしょうかね。そうでなければそこは非常に問題だと思います。

2006年10月28日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。