スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】政変時の亡命者、日本へ20万人も

 これだけ単純に出るかどうかは分かりません。しかし、ひとつの試算としては重視する必要があるでしょう。日本にこれだけの亡命者が来たときに、日本政府はどう対応するのでしょう。

 ・日本政府も覚悟 「北難民20万人が日本へ」 韓国想定では中露韓へ30万人が流出(読売ウイークリー、Yahoo!みんなの政治)

中露韓には30万人、日本にも20万人――。韓国と日本政府が極秘に北朝鮮からの難民についてそれぞれこんなシミュレーションを行っていた。

 今回の“危機”に、本誌は日本政府と韓国政府の極秘シミュレーションの内容を把握。いずれも1990年代に行っていたものだ。日本政府は第一次核危機で揺れた94年6月、当時の内閣安全保障室が「大量避難民対策について(案)」を作成。一方、韓国政府は金泳三政権下の97年7月に北朝鮮急変対策「30日計画」をまとめていたのだ。やはり両政府の最大の懸念は、いずれも難民の大量発生だった。
 日本政府の「対策」を議論するたたき台となった内部メモでは、当時、北朝鮮政府の崩壊や社会混乱の生じる原因として、「想定される事態」7パターンを次のように挙げていた。
(1)金日成の死亡による権力闘争・内乱(2)金正日グループと反金正日グループとの権力闘争・内乱(3)反金正日グループによるクーデター・内乱(4)南への軍事進攻による戦争の勃発(5)国際的な経済制裁による社会的混乱(6)経済破綻による社会的混乱(7)民主化・自由化に伴う社会的混乱
 このうち「金日成の死亡」を「金正日の死亡」と読み替えれば、現在でもほとんどが当てはまる。そのうえで、
(1)北朝鮮政府の崩壊・内乱等による社会的混乱を逃れてくる避難民
(2)クーデターによる政権交代、または現政権の政策変更で国内の自由化・民主化が進み、従来の管理社会、鎖国状態が緩んだ結果、出国し到来してくる者
 という2種類の難民があると想定している。これも現在でもそのまま当てはまる分類だ。
 一方、韓国の雑誌「月刊朝鮮」2003年1月号が報じた韓国政府の「30日計画」によると、
 「北朝鮮権力層内部において、宮廷クーデターなどの突発的な事態が発生して、金正日が追放され、クーデター主導勢力が政権を掌握する」
 という状況のみをモデルケースとして設定。さらに、
 「継続する経済難と政治的混乱による社会統制機能の喪失で、北朝鮮住民の脱出ラッシュが深刻化する」
 という事態のなか、現在は1年に最大数千人規模の脱北者が1日数千人規模になった場合に「30日計画」を発動し、難民対策や将来の統一に向けた対応に乗り出すとしている。
 では、最大の懸念である難民の数については、どうなのか。
 まず韓国政府の最初の2か月間の想定は、こうだ。
 「大部分は、北朝鮮との国境線地域から中国、ロシアなどに脱出し、一部は、海上や休戦ラインから韓国、日本および台湾などに脱出する」
 人数は、中国・ロシアとの国境を越えて脱出するのが約20万人。韓国には、約9万5000人が休戦ライン(38度線)を越えて来るほか、海上から約4800人(小型船舶800隻×6人)が到来するとしている。
 合計30万人とは膨大な数になるが、算出の根拠は東西ドイツ統一の際の数字だという。ドイツでは89年のベルリンの壁崩壊の前後2か月間で、東独住民約18万人が西独に脱出した。これを北朝鮮の人口比に直すと26万人になるのだ。
 問題は、このうちどのぐらいが日本に来るかだ。
 韓国政府は日本への難民数を試算していないが、日本政府は「少なくとも10万人」と想定していた。さらに、政府内部で「最大20万人を想定する必要がある」との指摘が出ていた。かつての帰還事業(59~84年)で北朝鮮に渡った在日コリアンの帰国者や日本人配偶者ら(計約9万3000人)と、その二世、三世らを中心に日本へ来ると想定しているからだ。
 これらの難民に対し、仮上陸を認めて収容施設に収容。入管当局が厳格な審査を行い、日本人妻らは帰国確認手続きをし、元在日帰国者は在留を考慮。その他の難民は朝鮮半島情勢が安定した後に帰国させる――というのが、日本政府の対処方針となっている。
 もっとも、第一次核危機とは状況が異なり、現在、北で異変があっても、それほど多くの難民は日本に来ないと見る専門家もいる。だが、北をめぐる緊張状態や内部の混乱が続くなかで、元帰国者らの一部は中国経由で日本に戻り続けており、90年代後半以降、計100人を超えた。北の状況次第では、中国経由などで膨大な数の難民が到来する可能性は十分にある。


 この試算自体がどの程度信憑性があるものかは分かりません。単純にドイツ統一の時と比べるのもどうかと思います。北朝鮮の場合は、日本に亡命する割合がそれほど多いとは思えないと言うのもまたひとつの理由です。

 私としてはあっても数万人規模だと思うのですが、相当な数の亡命者が出るのは確かでしょう。そうなったときに日本はどう対応するのでしょう。基本的な方針は決まっていると思いますが、よく分かっていません。

 私は彼ら難民を基本的に1カ所に住ませるなどある程度隔離する必要があると考えます。理由は政府勢力、反政府勢力を問わず日本へ浸透するための工作員が含まれている可能性があるからです。そんな政変時にある訳ないと思うでしょうが、だからこそノーマークになるのです。彼ら工作員が大量破壊兵器を所持してテロ行為に及んだとしたらそれこそ大問題です。

 もう一つは、生活習慣や経済レベルの違う彼らをそのまま日本の社会へ入れることへの懸念です。下手をすれば強盗や窃盗など治安悪化の原因ともなるし、暴徒化してしまうかもしれません。

 今のうちに政府は、難民キャンプなどの構想は練っておいた方がいいでしょうね。多分そんなことは言われなくてもやっているでしょうけど。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月24日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

 条件を良くすると多分、関係なくても、『日本に親戚が居る』とか偽ってくる連中は居ると思いますよ。

 第一、帰還事業の人達の半分以上は死んでしまっていると思っているので、帰還事業組の試算は少なくてもいいと思います。

 あとは隔離施設の問題ですね。
過去のケースを見る限り、施設の警備と柵は高めに作った方が良いですね。

2006年10月24日 どらっへ URL 編集

試算だけで実際にはそれだけの難民は日本にこれないだろうという見解を支持します。
理由、それだけの船がない。
船を占有しているのは軍関係者のみ。

2006年10月25日 worldwalker (・∀・) URL 編集

今回は一般の北朝鮮人になったつもりで考える(笑)。

まず権力闘争・内乱・社会的混乱が起きたとして、国外に出る選択をすべきだろうか?私はそうは思わない。国内が戦場となれば逃げ出さざるを得ないが、逃げようにも徒歩以外の移動手段がないし、韓国以外の国では言葉も通じない。まして船でしかたどり着けない日本へは行きたくたって行けやしない。日本を選ぶのは金政権の恩恵を受け続け、クーデターによって狙われる立場になる上層階級者だけだ。自分の家を失っていないなら、まずは様子を見た方が得策だ。

韓国や中国に行こうと考えても、ある程度国境に近い地域に住んでいなければ現実には不可能だ。特に中国は国境付近にたどり着いても、亡命を受け入れず追い返されるかも知れない。それに比べ、韓国なら親戚を頼ればしばらくは身を寄せられるだろう。言葉も通じるから肉体労働なら私にも仕事に就ける可能性がある。言葉も通じない敵国(日本)を選べば、金政権の関係者だと疑われて巻き添えになる可能性が高い。

私一人ならどうにでもなるが、父母や子供を連れてとなると軽率には動けない。金政権が安泰だった時だって豊かではなかったし、私たち家族が逃げ出す理由はない。亡命こそ上層階級者の特権だ。私たちの現実的な選択は、新しい国で生きることしかない。

・・・という事で、私のシュミレーションでも日本に亡命するのは大半が金政権寄りの人か犯罪者です。どらっへさんの言う通り、追い返しましょう(笑)。それが無理なら今のうちに朝鮮総連を弱体化させておかないと、福岡・佐賀あたりが狙われますよ。

2006年10月26日 やや右より?のベル URL 編集

他の方のコメント同様、隣国に逃げても海を挟んだ国に迄行くのは困難。
今より悪くなることはないでしょ(笑)
体制崩壊した方が生活しやすいかも知れない。

2006年10月26日 水兵長 URL 編集

どらっへさん、
隔離施設は是非作るべきだと思いますね。これは今すぐに作っても遅くないと思います。

worldwalker (・∀・) さん、
多分船を造るくらいなら韓国に行くでしょうね。

やや右より?のベルさん、
私も亡命先としては福岡が多いと思いますね。

水兵長さん、
北朝鮮の人にとっては大半が農業だからそれほど困らないかもしれませんが、荒れ果てた土地の治水事業は莫大な金を費やすので、今後誰が出すのでしょうね。

2006年10月28日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。