スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】選挙のためには郵政民営化反対議員も必要か

 このあたりは結局既定路線であったのかと思われそうですし、民主党には批判されることは確定でしょうし、何とも煮え切らない決断です。

 ・郵政造反組の復党、党執行部で本格調整へ…首相表明(読売新聞)

 安倍首相は23日夜、郵政民営化に反対し、自民党を離党した「造反組」の復党問題について「首相指名(選挙)で私を支持し、所信表明の方向性で同じ考え方を持っている人たちにどう対応するか。幹事長をはじめ、(自民)党本部で検討していく」と述べ、党執行部が本格的な調整に入ることを明らかにした。

 9月の首相指名選挙で安倍氏に投票した平沼赳夫・元経済産業相ら12人の無所属議員の復党を優先して検討するものと見られる。復党時期については、世論の十分な理解が得られるかどうかを見極めながら判断する方針だ。

 自民党の中川幹事長は23日の記者会見で「党員になる以上は、昨年の衆院選政権公約を支持してもらわなくてはならない。その中には郵政民営化も当然入る」と強調した。


 自民党総裁が替われば復党の条件も変わるのでしょうが、今のタイミングで復党させることはリスクの高い選択だと思います。

 私個人としては、野田聖子氏は絶対に復党させるべきでなく、平沼赳夫氏は復党させるべきだと思います。国民新党は復党する気もなさそうだからどうでも良いです。

 その理由は前にも述べているので今更説明もしませんが、この離党者に関しては、小泉首相が国民的支持を得たきっかけでもあるので、もし簡単に復党させれば国民の支持を失うことは確かでしょう。

 基本的にまずは統一会派などで実績を積むか、安倍氏自身が自民党を解党して新たな政党を結成する方がいいと思います。

 ただ、今のところそこまでリスクを甘受する政治家ではないように見えるだけに、もう少し毅然とした態度が欲しいところです。昔の盟友だからと言って情けをかけすぎに見えます。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月24日 政治 トラックバック:- コメント:5

私は以前まで「もっとも自分の考えに近いのが、国民新党でも新党日本でも民主党でもないなら、自民党への復党も認めて良いのでは」と思っていました。

しかし郵政民営化の時に反旗を翻し、刺客と呼ばれる新人議員に負けた彼らを易々と復党させてしまったら、刺客役に徹した新人議員は今後どの選挙区で戦えば良いのでしょうか?

彼らこそ前回の選挙の功労者であり、造反議員より優遇されなければなりません。都合の良い時だけ応援し「昔の盟友が復帰したいそうだから、また新しい土地で頑張ってよ」などと言うのであれば、自民党は一般国民の信頼も失うでしょう。

造反議員は党の総意より個人の信念を貫く事を選んだのですから、復党させる以上は安倍政権に協力的でなければいけません。また、野田聖子さんのように造反組の中核を担った人は、協力する姿勢を見せても復党を見送るべきだと思います。

造反議員に対しては「無所属で当選したら復党を認める」とし、有権者の支持を得られるか試す・・・ぐらいのハードルが適当だと思います。

2006年10月24日 やや右より?のベル URL 編集

野田聖子氏は、永遠に復党させなくてもよいです。彼女の取った行為と混乱の影響を考えれば、復帰など出来る筈が無い。
彼女は田中真紀子と良く似ています、自分で政党を興すか、綿貫民輔に媚び売って、やがては国民新党の党首となるのがいいと思いますが、社民党乗っ取りも期待したいかな(笑)福島みずほよりは立派だと思いますから。
キンタマ付いてりゃぁ、もっと上に行けたかも知れませんね。私は彼女を女性と認識はしていませんけどね。

2006年10月24日 水兵長 URL 編集

 復党など必要ないし。意味が無い。
マイナス要素が大きいだけ。
 小泉なら、ここで一つ、選挙向けのパフォーマンスの一つでもして見せただろう。
 勝ちたいなら、失望させないことだな。

2006年10月24日 どらっへ URL 編集

自民党が毅然とした態度をとらないならガッカリである。せっかく、ダメなヤツをあぶりだしたんだから、現状のままで。

2006年10月25日 worldwalker (・∀・) URL 編集

やや右より?のベルさん、
刺客優先はそうなんですが、刺客のほとんどが国会議員としてのレベルが低そうな人たちばかりというのが気になります。

水兵長さん、
社民党に行くというのも良いかもしれませんね。彼女の考え方からすればちょうどいいでしょうね。

どらっへさん、
小泉前首相が行った脱派閥、政策集団としての政党のイメージを元に戻す必要はないでしょうね。

worldwalker (・∀・)さん、
亀井は本当にいりません。ただ、彼は戻るつもりもないのでしょうけど(笑)

2006年10月28日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。