スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内・米国】YouTubeと著作権団体、実は両者ともユーザの味方ではない?

 私も知らなかったのですが、YouTubeはユーザーの情報を提供することがあるんですね。私はそもそもの人気が「どんな動画でも共有できる」ところから来ていると思っていただけに意外です。

 ・あくまでも「法令遵守」を貫くユーチューブ--そして、この事実に気付かないユーザーたち(CNET Japan)

 著作権で保護されたデータをYouTubeにアップロードしているユーザーは、著作権紛争に際してYouTubeから一切の保護を受けられなかったとしても、驚いてはいけない。

 ビデオ投稿サイトのYouTubeは、著作権者からの告発があった場合、映画やテレビ番組のビデオクリップを投稿したユーザーに関する情報を(そういった行為をするユーザーの間ではあまり知られていないことかもしれないが)著作権者に提供することがある。

 ロサンゼルスを本拠とするジャーナリストRobert Tur氏は1992年のロス暴動の様子を記録した人物で、YouTubeで自分のビデオクリップを多数発見し、2006年7月にYouTubeを相手取り訴訟を起こした。Tur氏の弁護士Francis Pizzulli氏によると、YouTubeの弁護士はTur氏への書簡の中で、Tur氏はYouTubeではなくビデオをアップロードしたユーザーの責任を追及すべきだと述べたという。

 Pizzulli氏によると「書簡では、Tur氏はYouTubeのユーザーを相手取って訴訟を起こすことができる、と提案されていた。(有効な召喚状が発行されれば)ユーザー情報を著作権者に提供するのはYouTubeのポリシーであるということだった」という。

 MarketWatchの米国時間10月20日付けの記事によると、YouTubeは別件において2005年夏、Paramount Picturesが著作権を持つ脚本に基づいてビデオを製作したとしてParamountに訴えられていたChris Moukarbel氏について、召喚状を受け取った後に情報を提供している。

 YouTubeの担当者はCNET News.comの取材に応じなかった。

 提訴された違法ユーザーを保護しないのは、驚くようなことではない。YouTubeは常に法令を遵守すると明言し、著作権で保護されたデータの投稿は望まないと言い続けてきた。この文言は、YouTubeの利用規約や、ビデオのアップロード前に表示されるプロンプトウィンドウにも掲示されている。

 また同社は、著作権侵害を指摘された場合、ビデオを削除するということも表明している。

 しかしYouTubeの人気は、映画やテレビ番組の違法投稿によるところが大きい。

 YouTubeが注目を集め始めたのは、NBCのテレビ番組「Saturday Night Live」の映像が投稿されてからのことだ。人気番組のビデオが掲載されたことでYouTubeは話題になり、NBCは同社に削除を要請した。以後、スポーツの試合、ニュース番組、映画、ドラマ、音楽ビデオなどが掲載されていった。

 そして10月に入り、Googleが16億5000万ドルでの同社買収を決断した。決断を後押ししたのは、YouTubeが月間1600万ものビジター数を誇ることだった。

 この買収が発表されるとコンテンツ企業は、自社の著作権を利用してYouTubeなどのサイトが利用者を集め続けていることに対し、不満の声を上げ始めた。20日には、日本のコンテンツ企業が合同で2万9000以上のビデオを削除するようYouTubeに要請し、同社はこれに応じた。

 Universal Music Groupは10月17日、ビデオ投稿サイトGrouperとBolt.comを相手取り、著作権侵害の疑いで訴訟を起こしたと発表した。同社がこの訴訟の対象にYouTubeを含めなかった理由は明らかになっていない。

 YouTubeでは現在、著作権侵害を阻止する新しい手法を検討しているところだと同社は述べている。また同時に、著作権侵害の責任は自社ではなく、ユーザーの側にあると、YouTubeは言う。


 最初に言っておきますと、私は動画をアップロードしたことがないので、ユーザー登録の際にどの程度の個人情報をYouTubeに提供するのかはよく分かりません。

 ただ、動画をアップロードしている人で削除された経験のある人は気を付けた方がいいでしょうね。

 YouTubeが著作権関連団体の要請で3万件弱の動画を削除したことに関して一度エントリを書きました。今日は動画共有が持つ役割と個人の責任について書きたいと思います。

 皆さんは先日、チベットに巡礼に向かう人たちが人民解放軍に銃撃された動画が様々な動画共有サイトにアップロードされていたのをご存じでしょうか。

 ご覧になっていない方のためにリンクを貼り付けておきます。

 http://www.youtube.com/watch?v=o1-y6-Rxyvc

 これも外国のテレビ番組から持ってきたものであり、れっきとした著作権が存在します。これを動画共有のサイトにアップロードするには法的な問題があるのも事実です。

 しかし、これが与える社会的影響は大きく、ひょっとしたら中国の政治姿勢に影響を与える可能性すらあるかもしれません。(直接は無理だと思いますが)このような社会的に影響が大きい情報を世界中で共有することには非常に意味があります。しかも、これが商用のテレビ局で放映されるのではなく、ネット上で情報共有されたことに意味があるのです。

 今後もこのような情報共有の仕方があるべきだと思うし、何らかの形で残っていくべきだと私は考えます。

 しかし、現状はこの動画が削除されるだけでなく、アップロードした人物が提訴されるリスクまで負わなければならないのです。まあ、最終的に個人がリスクを負うのは仕方がないとしても、著作権に関するガイドラインや正しい引用の仕方などが国際的にも確立されていないところに問題があると考えます。

 著作権の問題は、ネットの世界にとって常に考えていかなければならない問題です。これからも便利なものを便利に使えるようになってもらいたいと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月23日 IT トラックバック:- コメント:3

えげつない映像ですなあ。
中国人は同じ民族同士でも平気で殺し合いをするので、えーとは思いませんが、あいつらには心がないですね。あるのは本能だけで、欲にかられたらすぐに動きそうです。
おーこわ。

ようつべもどうなるのか?未だ方向性が???です。

2006年10月24日 テツ URL 編集

オレが唯一youtubeにアップした動画も消されてしまった。
その後アメーバヴィジョンが使えるようになったので、そっちを使っている。
それでも、アメーバヴィジョンよりはyoutubeの方が検閲は甘いね。
オレがアメーバヴィジョンで消された動画、すでに20以上。

2006年10月25日 worldwalker (・∀・) URL 編集

テツさん、
私もGoogle Videoとの違いが曖昧になってくるような気がしています。

worldwalker (・∀・)さん、
アメーバヴィジョンはサイバーエージェントですから私は個人的にNGです。それに何とかローカルに保存したいのですが(苦笑)

2006年10月28日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。