スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内政治】核武装の議論まで否定する必要はないだろう

 本当にこの国の左派勢力は言論弾圧が激しいです。麻生外相の発言は「政府として非核三原則を維持」することを前提にしているにもかかわらずこれだけ批判が出てきます。この国は本当にどうにかしています。

 ・<北朝鮮核実験>「日本の核保有議論も大事」麻生外相が発言(毎日新聞、Yahoo!ニュースより引用)

 麻生太郎外相は18日の衆院外務委員会で、北朝鮮の核実験問題に関連し「隣の国が(核兵器を)持つことになった時に、(日本が核保有の是非を)検討するのもだめ、意見の交換もだめというのは一つの考え方とは思うが、議論をしておくのも大事なことだ」と述べた。「非核三原則を維持する政府の立場は変わっていない」と前置きしたうえでの発言だが、現職の外相の発言だけに今後国内外で波紋を呼びそうだ。
 笠井亮氏(共産)の質問に答えた。
 日本の核保有論をめぐっては、自民党の中川昭一政調会長が15日、テレビ番組で「選択肢として核(兵器の保有)ということも議論としてある。議論は大いにしないと」と指摘。政府・与党内からも批判が相次ぎ、安倍晋三首相は翌16日「非核三原則は国是として守り続ける。(核保有を)政府で議論することはない」と強調。17日には「もう終わった話だ」と述べるなど、火消しに努めていた。外相発言はこうした問題を再燃させるとともに、野党などから「閣内不一致」との批判を受ける可能性もある。
 北朝鮮の核実験を受け、米国などからも日本を含めた周辺国が核保有に走るのではないかという懸念が出ている。ブッシュ米大統領は16日のテレビインタビューで、日本の核武装論について「彼ら(中国)が懸念していることを知っている」と述べていた。【中田卓二】



 ・核保有議論:与野党から麻生外相批判(毎日新聞)

 麻生太郎外相は18日、日本の核保有について「議論は大事だ」と答弁したが、政府は非核三原則を維持する立場を繰り返し表明しており、核保有論が現時点で広がりを見せる状況にはない。ただ、北朝鮮の核実験を受け欧米などから「日本の核武装」への懸念が出る中、自民党の中川昭一政調会長が同様の発言をして批判を集めたばかりでもあり、軽率な発言との指摘は免れそうにない。

 麻生外相は答弁で「非核三原則の維持」にも言及しており、核保有自体を容認した発言ではない。しかし、国際社会が日本の核武装を歓迎する状況にない中で、外相発言は、中国、韓国を含め「衣の下のよろい」を連想させ、緊張感を強める恐れがある。唯一の被爆国として核廃絶を訴えてきた日本の立場を損なう可能性もある。

 外相発言について、安倍晋三首相は「(外相も)記者会見では非核三原則を徹底することについて発言している。閣内不統一ということはない。終わった議論だ」と記者団に語ったが、いらだちは隠せなかった。与党内では、谷垣禎一前財務相が「微妙な情勢のなかでは、政治家は間違えたメッセージを発しないよう考えるべきだ」と述べるなど、「核保有議論」発言には批判が根強い。

 一方、民主党の小沢一郎代表は「外相や(自民党の)政策担当者が、核問題という政治的に影響を及ぼす問題を勝手にしゃべるのは考えられない」と批判。国民新党の亀井静香代表代行は「核武装に向け日本が理論武装を始めるのではないかと取られてしまう。子供以下だ」と切り捨てた。【中田卓二】


 とりあえず断言します。この国に核アレルギーが根強いのではなく、左派勢力の言論統制こそが根強いのです。私はどんな議論もあってしかるべきですし、それがタブーとされていることでも同じです。

 つい最近まで「敵基地攻撃論」などというわけの分からない言葉まで出した理論が出されましたが、それも同じで左派勢力の言論統制・言論封鎖の一環です。さらに何の戦略も持たない民主党やマスコミが迎合し、自民党の政治家の発言を「失言」として取り上げています。

 一応皆さんに聞きたいのですが、日本は民主主義の国ではないのでしょうか。民主主義の国ではどんな議論も許され、たとえ革命を標榜して警官や自衛官を殺害した政党でさえ存続できるのです。民主主義の国では、多数の意見が尊重されるのであって反対意見を過激に主張する少数派よりも国民の大多数の合意の方が尊重される国ではなかったのでしょうか。

 核武装論が国民に支持されないのであれば止めればいい話であって、その議論をすること自体も禁止することをどう考えてもおかしいです。今に始まったことではないですが、日本はもう少し左派勢力とゴミのようなマスコミ(例えば今回の記事のような)を変えていかなければなりません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月20日 政治 トラックバック:- コメント:6

国民の意識目覚めを妨げているのは、マスコミと言う事でしょうね。国民の核アレルギーというより、核後遺症は戦後生まれの私にもしっかり濃く受け継がれております。国民が段々と核武装について考えるのを恐れているのは左派系マスコミ。国民の議論や意識の変化を押さえ付けてるのは、国民の思想言論の自由を奪う犯罪行為だと思います。
国会議員レベルで思想の広がりを阻止したいと考えているならば、国家反逆罪と言っても過言ではないのでは?

2006年10月20日 水兵長 URL 編集

 彼らのやっている事は言論統制なんですよね。
マスコミもあいつらもいい加減にして欲しいですよ。
 盲目的に何かを信じれば、報われるとでも思ってるんですかね。
 彼らの考えは既に異常な宗教的妄想まで踏み込んでますよ。

 左の連中のやってることは結局、彼らが『敵』としているモノと同じ事、いえ、それ以上に卑劣極まりない物なのですがね。
 いい加減に目を覚ますか、黙って貰いたいものです。
 彼らが好き勝手で来た時代は過ぎ去ったのですから。

2006年10月20日 どらっへ URL 編集

>この国に核アレルギーが根強いのではなく、左派勢力の言論統制こそが根強いのです。

その通りですね。他に左派の良く使う論法に「米国が日本の核武装を先ず絶対許さない」とか言ってますが
必ずしもそうとは思いません。
以前チェイニー副大統領は、ラムズフェルト国防長官相手に「北朝鮮がこのまま核開発を進めるなら、日本も核武装せざるを得ない」と発言した経緯があり、米国共和党議員にも一部「日本の核武装は軍拡を続ける中国に対しての抑止効果にも繋がる」などの意見も見られるそうです。
平和という「言葉」を優先し自国の生命と財産を守る道を自ら閉ざすと言った愚行はすべきでは無い。

2006年10月21日 kaz URL 編集

言論弾圧はサヨクの専売特許。

2006年10月21日 worldwalker (・∀・) URL 編集

>この国に核アレルギーが根強いのではなく、左派勢力の言論統制こそが根強いのです。

これに良く似た論議をそこかしこで目にする事が多いですね。
ざっと挙げただけで

核問題
自衛隊問題
憲法論議
安全保障問題
etc.

どれにも共通しているのが”論議すること自体間違い”という意見でしょう。
滑稽な例を一つ紹介します。

北陸には原発が集中している地域があるのはご存知の通り。
ですが”住民を含む避難訓練”が行われていなかった時期が最近まであったそうです。
なんでも「避難訓練をすると住民が原発の安全性に不信感をもつからしないでくれ」という意見があったとか・・・・・。
このことを紹介した記事では”備え無ければ憂い無し?”と皮肉をこめたお題をつけていたと記憶しております。

2006年10月21日 通行人A URL 編集

水兵長さん、
マスコミと国会議員のどちらが罪深いでしょうかね(苦笑)

どらっへさん、
左派勢力との戦いは今やっと始まったばかりでしょうね。ちょっと前までは彼らが敵だと認識すら出来ませんでしたから。

kazさん、
コメントありがとうございます。
核武装自体はそれほど国際的に奇異に見られる問題ではなく、自ら選択肢を捨てる日本こそ奇異に見られている現状を左派はどう見るのでしょうかね。

worldwalker (・∀・)さん、
彼らは感情に訴えて議論など合ったものではないですからねぇ。

通行人Aさん、
(笑)
笑ってはいけないですが、日本にはそのような例がそこかしこにあるのでしょうね。

2006年10月23日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。