スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中朝関係】本当にこれだけで関係悪化?

 これだけで悪化するとは思えませんが、中朝関係の悪化の一因ではありそうです。本当に北朝鮮は犯罪国家ですね。

 ・北朝鮮、中国軍情報担当者の拉致図る…1年前に銃撃戦(読売新聞)

 【北京=杉山祐之】香港の人権団体・中国人権民主化運動ニュースセンターは16日、中国吉林省の延辺朝鮮族自治州でちょうど1年前、中国軍情報担当者の拉致を図った北朝鮮軍兵士と中国軍兵士との間で銃撃戦が発生、中国側の1人が死亡したと伝えた。

 それによると、2005年10月16日の夜明けごろ、北朝鮮軍兵士5人が、中国軍の北朝鮮情報収集拠点となっていた同自治州広坪の別荘に侵入、情報担当者を拉致しようとした。この時、別荘の警備にあたっていた19歳の兵士が犠牲になった。

 翌17日、中国政府は北朝鮮の駐中国大使を呼び、強く抗議した。北朝鮮は、中国が要求する関係者の引き渡しに応じていない。同センターは、この事件から中朝関係が悪化していったとの見方を示している。

 死亡した兵士の部隊では、16日に事件1年の記念活動が行われたという。


 中国側の情報を鵜呑みにするのはあまりにも安易ですが、北朝鮮ならやりかねないと言う印象を受けます。

 どうしても北朝鮮の拉致に話が飛んでしまいますが、ここでやはり問題は銃撃戦です。戦争状態でもない中朝が国境線で銃撃戦を行うのは普通ではありません。もしこれが懸念材料だと両国が考えたなら交渉を開始するでしょうし、実際に行われたでしょう。

 しかし、実際には完全な解決は望めないからこそこのようなリークがあるのだと思います。北朝鮮は未だに中国には気を遣っているようですが、裏でこのような誠意のかけらもない行為が行われ、その件について謝罪ひとつなかったとすれば当然中国は不信感を抱くはずです。

 多分ただこれだけで中朝の信頼関係が崩れたのではないと思いますが、北朝鮮の性格を表すよいエピソードでと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月17日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

何だか嘘っぽい話です、昨日今日の話でもありませんし。
擁護していると言われるのを、交わす為に流したのでは?と疑ってしまいますけども…まあ、非難する姿勢である事は良い事ですね。

2006年10月17日 水兵長 URL 編集

欲しいものは奪う、もしくは偽造する。そんな国なんだよ。中国はいつまで北朝鮮の肩をもつんだ。
中国のせいで国連が無用の長物になっている

2006年10月19日 worldwalker (・∀・) URL 編集

水兵長さん、
まあ、中国と北朝鮮との姿勢が自作自演のようにも思えないですから、このような話があってもおかしくないのかもしれませんが・・・。

worldwalker (・∀・)さん、
ついでにロシアもそうですね。

2006年10月23日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。