スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【韓国】金大中氏、太陽政策を正当化

 自分の行った政策を批判すれば反論はするかもしれませんが、北朝鮮を野放しにした韓国政権の罪は世界中の大半が認めるところです。

 ・開き直り?金大中前大統領「太陽政策悪くない」 北の核実験「米に責任」と自己弁護(iza)

 【ソウル=黒田勝弘】韓国では北朝鮮が核実験強行にまで突っ走ったことでノーベル平和賞の“金大中問題”があらためて議論になっている。金大中政権(1998-2003年)に始まる北朝鮮に対する一方的な支援・協力政策である“太陽政策”が今回の事態を招いたとする責任論が高まる一方で、金大中氏が「事態の責任は米国にある」と北朝鮮と同じ主張で反論し、波紋が広がっているのだ。
 これには10日、盧武鉉大統領が大統領OBたちを招いた懇談会での金泳三・元大統領の金大中批判も一役買っている。
 金大中氏と金泳三氏は長年の政治的ライバルとして知られる。金泳三氏はこの日、盧大統領の面前で「北は太陽政策で得た金で核兵器を作った。金大中政権が始めた太陽政策は失敗だった。金大中前大統領と盧武鉉大統領は国民に謝り、太陽政策は破棄すべきだ」と金大中氏を猛烈に非難した。
 これに対し金大中氏は「北の核は絶対認められないが、問題が解決しないのは米朝関係が進展しないためだ」と米国の対北姿勢を批判した。
 さらに金大中氏は11日、故郷ともいえる光州市の全南大学での特別講義で「米国が圧迫を加えるので北は生き残りのため核開発をしている」という北朝鮮の主張に立ち、制裁措置をはじめ米国の対北強硬姿勢が現在の事態を招いたと強調。「核問題は米朝の責任であって太陽政策に罪はない。太陽政策は南北関係を発展させたではないか」と自己弁護を展開した。
 金大中氏はまた盧武鉉大統領に電話をかけ「太陽政策失敗論は間違っている。さらに推進すべきだ」と訴えてもいる。
 これは盧武鉉大統領が北朝鮮による核実験実施が伝えられた直後、「太陽政策をこのまま維持するのは難しくなった」と述べたことに対する反論でもあるが、これに対し盧武鉉大統領は「心配をかけて申し訳ない」と慰労したという。
 そのせいか盧武鉉大統領もその後は「核問題とは関係なく対北経済協力事業は続けるべきだ」などと対北姿勢を後退させている。
 金大中氏は「北の核保有を悪意的に無視し圧迫と制裁を続けることはかえって北の挑発を招く」という反米・親北論を展開しているが、これには保守派を中心に世論の反発は強い。
 たとえば金大中政権以降、韓国政府が北朝鮮に提供した資金だけでも4兆5000億ウォン(約5500億円)といわれる。このため保守派は「北に軍資金を与えたようなもの」(12日付の朝鮮日報社説)といい、金大中氏の破綻(はたん)した太陽政策への執着は「自らの栄達」へのこだわりであり「指導者の邪心と誤った判断」は国の将来を危うくする(11日付の東亜日報社説)と批判している。


 その当時正しいと思われた政策が、月日を経て実はおかしかったのではないかと批判されるのはよくあることです。帝国主義政策や植民地主義はその最たるもので、優れた国が後進国を文明化させるのは正しいと思われていた時代があったのです。

 今考えればそれは非常におかしい考えですが、現代の尺度で過去の政策を非難することは、これまた見当はずれです。過去の時点ではそのような価値観はないか、もしくは今の価値観が間違いだと思われていたわけですから。

 翻って金大中氏の発言はどうでしょう?私が述べたようなことに当てはまるでしょうか。これは残念ながら当てはまりません。なぜなら、金大中政権の最後が2003年ですから、5年もたっていません。それだけで世界の価値観がそれほど大きく変わるわけではありません。さらに言えば、当時も今も北朝鮮の核開発に懸念を持っている国は数多く存在していたわけですから。

 それに、2003年から2006年という期間の間に政策的な断絶があるわけでもないし、北朝鮮側の政策にしっかりとした継続性があります。ということは、太陽政策によって北朝鮮の政策に影響が大きく存在するのは明白です。

 以上のことから、太陽政策に批判が出るのは当然です。後は太陽政策によって北朝鮮にどのような影響があったのか、そしてそれは韓国にとってどのようなメリットをもたらしたのかを十分に説明できれば、太陽政策を評価する人もいるはずです。

 現在のところ、私は太陽政策を評価する人の発言で納得できたものはありません。そこですでに太陽政策は破綻していると思うし、それを最初に行った金大中氏にも当然責任の一端はあると思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月14日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

 金大中が失敗でしたなんて言う訳無いのに。
責任逃れが良い所。
 それを真に受けるノムヒョンは現実逃避行為以外の何物でもないですね。
 韓国人だけが被害を受けるなら、ともかく、既に韓国だけに留まる問題じゃないのにそんな事を言える神経が分かりません。
 元々、在る訳無いのでしょうけど。

2006年10月14日 どらっへ URL 編集

金大中氏は、日本で誘拐された時に消されてた方が、良かったみたい。
やっと韓国では盧武鉉退陣デモが起こりました。どんどん盛り上がって退陣に追い込んでもらいましょう。

2006年10月15日 水兵長 URL 編集

こんにちは。面白いブログですね。少しジャンルが違いますが、相互リンクお願いできないでしょうか?

http://blog.livedoor.jp/ahgarta25/?blog_id=1952400

よろしくお願いします^0^

2006年10月15日 URL 編集

そろそろ北朝鮮を見切ってほしいんですけど、そうもいかないんですかね?

2006年10月15日 おいどん URL 編集

左巻きは絶対に謝らないんだよ。日本でも朝鮮でも同じだ。

2006年10月15日 worldwalker (・∀・) URL 編集

盧武鉉が太陽政策の誤りを認めないなんて、誰もが分かっている事です。そもそも朝鮮民族は謝らない民族ですから。だから違法コピーや偽造・捏造もなくならないのです。

ここぞとばかりに非難している金泳三は、決して国際社会の流れを理解して発言しているのではないでしょうが、せっかく金大中が「事態の責任は米国にある」と北朝鮮と同じ主張で反論しているのですから、とことん喧嘩してもらいましょうよ。

韓国はネット普及率が高いのに、自国の主張を鵜呑みにする傾向がありました。では今回のように、国内の主張が割れた時はどうなるのでしょうか?そこを見極めたいと思います。

2006年10月17日 やや右より?のベル URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。