スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】制裁は非軍事的措置に限定

 安保理の決議が大筋で合意されました。制裁という意味では一致しているのですが、結局経済制裁などの非軍事的制裁を中心にした決議となりそうです。

 ・北朝鮮制裁:非軍事的措置規定の第41条明記で基本合意(毎日新聞)

 【ニューヨーク坂東賢治】北朝鮮の核実験に対する国連安全保障理事会の制裁決議論議で、常任理事国(米英仏中露)5カ国と日本の国連大使は12日午後(日本時間13日未明)、中国の要求を一部受け入れ、安保理に制裁の権限を与える「国連憲章第7章」(平和に対する脅威への対応)のうち、非軍事的措置について規定した第41条を明記することで基本合意し、同日夜、関係国に再修正した最終案を非公式に配布した。

 毎日新聞が入手した最終案は「国連憲章第7章に基づいて行動する」の文言の後に「第41条に基づいて措置を講じる」との文章が追加され、非軍事的措置に限定することを明確にした。核・ミサイル関連物資の禁輸やこれに絡んだ金融資産の凍結、北朝鮮に出入りする貨物船の立ち入り検査など米国案に盛り込まれた制裁措置の大枠は維持され、初の対北朝鮮制裁決議となる。

 中露は本国の指示を仰いだ上で最終的な方針を決めるが、議長の大島賢三国連大使は「大幅な進展が見られた。ほとんど解決に近づいている」と述べた。米国は13日に開く非公式協議で最終案を全理事国に提示し、正式な安保理決議案として提案する。採択には決議案正式提案から24時間以降とする慣行があることから、14日に全会一致で採択される見通しだ。

 中国の胡錦濤国家主席の特使としてワシントンを訪問した唐家セン国務委員が12日、ブッシュ米大統領やライス国務長官らと会談しており、米政府が国際社会の結束と週内の決議採択を優先し、中国に歩み寄ったとみられる。

 中国が「北朝鮮が軍事行動とみなして挑発行動の口実にする可能性がある」と反対していた貨物船の立ち入り検査については「必要に応じ」、「協調行動」として行うなど表現を緩和し、大量破壊兵器の移転禁止を重視することを追加して最終案にも明記された。「国際法や国内法に従う」との内容も盛り込まれていることから公海上の検査には北朝鮮の同意も必要になるという。

 当初は全面禁輸とされた武器類については戦車や戦闘機、攻撃用ヘリコプター、軍艦、ミサイル及び関連システムに限って移転を禁じた。

 渡航禁止や資産凍結については各国政府の決定に基づいて実施するとの文言が追加された。追加措置をとる場合にはさらなる決定が必要との条項も追加し、中露に配慮した。

 ▽国連憲章第7章 国連の目的や組織、機能を定めた憲章の中で「平和に対する脅威、平和の破壊または侵略行為」を規定し、それに対する措置を定めた条項。安全保障理事会が決議を採択し、発動するさまざまな制裁の根拠となる。

 第40条は事態の悪化を防ぐ目的で措置を決定する前に「暫定措置」に従うよう安保理が関係当事者に要請できると規定している。

 第41条で措置の経済制裁や運輸、通信手段の停止、外交関係の断絶など非軍事的措置を加盟国に要請することができると定める。それが不十分な場合には軍事行動に踏み切ることができると第42条は定めている。


 ・唐特使とブッシュ大統領、対北「措置」で一致(iza)

 【ワシントン=山本秀也】中国国家主席の特使として訪米した唐家●(=王ヘンに旋)国務委員は12日、ホワイトハウスでブッシュ大統領と会談し、核実験の実施を公表した北朝鮮に対して「強力な措置」が必要との認識で一致し、事態の外交解決をめざす方針を確認した。唐氏は同日夕にワシントンを離れ、国連安保理での対北朝鮮制裁決議案に関するロシア首脳との協議のため、モスクワに向かった。
 唐氏は、ライス国務長官、ハドリー大統領補佐官(国家安全保障担当)との会談に続き、ブッシュ大統領と約30分会談。この中で朝鮮半島の非核化を求める原則などに触れた胡錦濤国家主席のメッセージを米側に伝えた。
 この中国側からのメッセージについて、クラウチ米大統領副補佐官は記者団に対し、「北朝鮮を積極的な協議の枠組みに引き戻すため、強力な措置が必要であることに合意する内容だった」と語った。
 訪米を終えた唐氏は記者団に、「朝鮮(北朝鮮)の核実験に対して、国連安保理を含む国際社会は厳しいシグナルを発し、強い批判を加える必要がある」と語り、国連安保理での北朝鮮向け制裁に賛同する姿勢を示した。


 ・中国特使が露高官と会談、6か国協議再開へ努力(読売新聞)

 【モスクワ=緒方賢一】中国の唐家セン・国務委員(前外相)が13日、モスクワを訪問し、イーゴリ・イワノフ安全保障会議書記、ラブロフ外相と会談した。(センは王へんに旋)

 核実験実施を発表した北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議採択を控え、従来、北朝鮮の立場に理解を示してきた両国は許容できる「圧力」について最終的な詰めを行った模様だ。

 唐委員とイワノフ書記は会談で、核実験に対する「深い懸念」とともに、核兵器拡散阻止の決意を表明。北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の早期再開に向け努力することを確認した。

 唐委員は胡錦濤・国家主席の特使として、米国に続いてロシアを訪問した。中露は北朝鮮への制裁には同調するものの、軍事的な制裁の可能性に踏み込む厳しい内容の決議とすることには反対している。

 一方、6か国協議でロシアの首席代表を務めるアレクセーエフ外務次官は同日、平壌を訪問し、同協議で北朝鮮の首席代表を務める金桂寛(キム・ケグァン)・外務次官と会談した。タス通信によると、アレクセーエフ次官は核実験実施について、到底受け入れられないとの立場を伝え、金次官は6か国協議を核問題を解決する枠組みとして引き続き重視する姿勢を示したという。


 こうやってみていると、やはり制裁に積極的な日米、制裁には消極的な中ロがそれぞれ段階的に制裁側へ傾いたようなものです。

 安保理決議は日本の意図する側に変わりつつあります。元々は中国もロシアも制裁などはするつもりはなかったのですが、北朝鮮が阿呆な攻撃をしたため、今の時点になってしまったと思います。

 日本としては自分たちの力以外の部分で安保理での協力を勝ち取ってきたところが大きく、外務省が自分たちの手柄をアピールしても白々しく感じます。

 ただ、ひとつ言えるのは、日本が常に強気のメッセージを出し、米国と協調路線を採ってきたことが今の制裁へと繋がったことは確かです。中国やロシアも米国と日本がここまで強調しなければ制裁でなく、あくまでも対話路線を選んだでしょう。

 しかしながら私は今回の措置だけでなく、安保理の決議を取ること自体に限界を感じています。結局はどこまで行っても軍事制裁など見えてこないかもしれません。日本は日米だけで北朝鮮を崩壊させることを念頭に置いた単独制裁を考慮すべきです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月14日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

 いつまで『中国に配慮』すれば良いんだろうね。
いい加減、こっちは血管がぶち切れそうだよ。
 まあ、日本も臨検するのに法改正するか、特別法を通さないとどうしようもないのだけど、駄々こねてるあいつら(中露)を見ると頭にくるよ。

2006年10月14日 どらっへ URL 編集

制裁に関しては既にいくつかの案が挙がってきているようです。
その中でちょっと意表を突かれたのが”贅沢品の禁輸”。
地元の地方紙に記事が載っていました。

ご存知のように北朝鮮は上層部が利権を貪っており、その主な収入源は禁制品の密輸と特権によって獲得している各種の嗜好品。
特にワインやウィスキーに代表される”贅沢品”は下への”ご褒美”として用いられることも多いとか。
これが入ってこなくなると上層部はかなり困りますが、下々の民衆には殆ど影響はでないはず。
制裁の仕方にも色々あると感じた次第です。

2006年10月14日 通行人A URL 編集

現時点では、これが精一杯なのかと考えると歯痒い思いです。

2006年10月15日 水兵長 URL 編集

中国・ロシアが制裁に消極的になるのは予想できた事です。それよりも日本・米国が制裁に積極的になっても非難されない環境を整えられた事を評価したいと思います。

中国は国境を接しており、北朝鮮が崩壊すれば自国に及ぼす影響は大きいので、消極的になるのも理解出来ます。もちろん日本にも多くの難民船が漂着するでしょうが、陸続きの中国とは比較にならないでしょう。むしろ韓国の危機感のなさの方が理解出来ませんよ(笑)。

最近気になるのは、自民党の山崎・加藤の両氏です。中国でもためらうようなプロパガンダ発言を繰り返し、TVでそれを垂れ流されているのを見ると、本当に不愉快です。もはや何の権限も持たない時代遅れの政治家なのに、YKKともてはやされた時代が忘れられないのでしょうね。次回の選挙では落選する事を望む2人です。

2006年10月17日 やや右より?のベル URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。