スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【日韓】首脳会談、議題はほぼ北朝鮮核実験に終始

 なんとなくですが、盧武鉉大統領は安倍首相から歴史認識に関するところを根掘り葉掘り聞くとともに、靖国参拝をしないという言質を得たかったのでしょうが、それはうまく行かなかったようです。
 ただ、その分北朝鮮問題に関してはタイムリーに対応できて韓国側も結果的にはよっかったのではないでしょうか。

 ・【韓日首脳会談】盧大統領「北朝鮮の核、重大事態と規定し対応」 (朝鮮日報)

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は9日、北朝鮮の核実験強行に対し「重大事態と規定し、対応しなければならない」と述べた。

 盧大統領は同日、韓日首脳会談を終えた後の記者会見で「(核実験は)韓半島(朝鮮半島)と北東アジアの安全を脅かす重大な事態で、韓半島の非核化に対する期待を無にするもの」とし、「政府は与野党指導者らと社会指導層の意見をまとめ、国際社会との調整を経て、断固たる対処をする」と語った。

 さらに「北朝鮮の核実験で、国民の安保への不安が高まった。韓国軍は韓米同盟のもと、北朝鮮のいかなる挑発にも対処できる万端の対処をしている」と述べた。そして「国民は動揺せずに生業に従事し、政府の対応を見守ってほしい」と注文した。

 この日、盧大統領は会見の冒頭で「今日のこの場は韓日首脳会談の結果について説明するために準備したが、北朝鮮の核問題に関し突発的な事態が発生したため、まず核問題について申し上げてから、首脳会談の内容についてお伝えする」と切り出した。

 盧大統領は「午前10時30分頃、北朝鮮で震動が感知された。そして12時頃、北朝鮮が核実験に成功したという発表・報告を受けた。果して核実験なのか、成功したのかどうかは、今も(注視を)続けている」と語った。

 あわせて「北朝鮮の核問題について私が簡単に言及したのは、みなさんは政府の公式声明をすでに聞いていらっしゃるので、重複しないよう、補足的なことだけ申し上げたからだ。国家安全保障会議の声明を私の言及と考えてほしい」とも述べた。


 ・韓日首脳「北朝鮮核容認せず」断固たる対応で一致(聯合ニュース)

  【ソウル9日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と日本の安倍晋三首相は9日、北朝鮮の核実験強行は断じて容認できないとし、断固とした対応で国連安全保障理事会決議の速やかな採択に向け協力していくことで一致した。
 両首脳は同日、青瓦台(大統領府)で韓日首脳会談を行い、北朝鮮核実験に対する後続措置について「落ち着いた戦略的な対応が必要」との考えで一致、今後、韓日間・韓日米間の協力に向け緊密に協議していくことで合意した。両首脳は共同報道発表文を別途で採択しない代わりに、会談直後、それぞれ記者会見を行い結果を説明した。

 歴史認識問題については、盧大統領は靖国神社参拝、歴史教科書歪曲(わいきょく)、従軍慰安婦問題などが解決されなければ、両国の未来志向的関係発展に深刻な障害となるとの考えを示し、日本政府の積極的で誠意ある努力を求めた。これに対し安倍首相は、日本はアジアの人々に多くの損害と苦痛を与え大きな傷を残したとし、「韓国国民の気持ち、感情を重く受け止め、適切に対処していく」と述べた。

 靖国神社参拝問題では、盧大統領は「言葉よりも行動が重要」との原則を基に、今後参拝を強行する場合は韓日関係は原点に戻ると強調した。安倍首相は具体的な今後の計画は示さなかったものの、過去の自身の参拝は特定の政治的思考によるものではないと説明、慎重な行動を行う考えを示した。これに対し盧大統領は、「安倍首相は参拝を行わないものと理解する」と述べている。

 この日の首脳会談では独島に対する議論は行われず、安倍首相は東海上の排他的経済水域(EEZ)問題に関する協議の早期再開を提起した。また、相手国を定例的に訪問する「シャトル外交」復元の合意には至らなかったが、盧大統領が適切な時期に日本を訪問する意向を明らかにした。


 ・「北の核実験容認せぬ。米中韓と連携し制裁」(iza)

 【ソウル=石橋文登】安倍晋三首相は9日午後、青瓦台(大統領官邸)で韓国の盧武鉉大統領と初の首脳会談を行った。北朝鮮の核実験表明について、両首脳は「断じて容認できない。断固とした姿勢で対処すべきだ」との認識で一致するとともに、国連安全保障理事会での「厳格な措置」を含む決議案の早期採択に向けて、緊密に連携していく方針を確認した。
 両首脳は「(核実験が事実と確認されれば)北東アジアのみならず世界選対にさらなる脅威を与える。核不拡散体制への重大な挑戦で、国際社会全体が真摯(しんし)に取り組まなければならない」との立場で一致した。
 日韓関係については「北東アジアの繁栄に非常に重要だ」として、未来志向の信頼関係を強化していく方針を確認。首相は自身の靖国神社参拝に関しては「韓国国民の気持ち、感情を重く受け止め、適切に対処していく」と伝えた。

 首相は会談後の記者会見で、北朝鮮の核実験表明について「国際社会の平和と安全に対する脅威だ」と指摘。日本政府の対応については「直ちに厳格な措置の検討を開始し、米国、中国、韓国と連携して対応を協議する」と表明した。また、「こういう状況になったことについてはすべて北朝鮮に責任がある」と述べ、日本独自の厳しい制裁についても速やかに検討する考えを示した。
 さらに首相は「わが国および国民の安全に万全を期すために日米同盟の抑止力の信頼性を一層向上させるべく米国と、緊密に連携をとる」と述べ、ミサイル防衛をはじめとする日米防衛協力をさらに強化していく考えを強調した。
 日韓首脳会談は昨年11月に韓国・釜山で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際に行われて以来。
               ◇
 与党北朝鮮核実験問題対策本部が9日夕、自民党本部で開かれ、政府側は「放射能汚染について今のところ異常はない」と報告した。また、久間章生防衛庁長官は同日午後、北朝鮮の核実験実施表明に関し「(日本政府として)通常の波形と違う地震波を確認している」と述べる一方、核実験を断定するかどうかについては「米国も慎重姿勢をとっている。何らかの爆発が行われたのは事実だが、もう少し分析したいと米国が言っている」と語った。
 政府の安全保障会議後に首相官邸で記者団の質問に答えた。


 韓国にとっては非常に有意義ではなかったかと私は思います。日本をやりこめたといって一生懸命アピールしても国民の支持は限定的なものでしょう。今はむしろ、国際的に反北朝鮮包囲網を構築しているところで、それに乗り遅れなかったのが大きいと思います。推論でしかないのですが、この日に首脳会談がなければ盧武鉉大統領は表に出て強いメッセージを出すことなどなかったでしょう。

 それから歴史認識の問題ですが、国会での質疑、日中、日韓との首脳会談を通じて安倍首相が主張したかった内容がおぼろげながら見えてきました。その辺りを詳しくは次のエントリにしますが、言いたいのは村山首相の「過去を反省」という部分だけ取り入れ、「賠償問題などを論ずるのではなく未来志向」でこれから話し合っていこうと言うことではないでしょうか。私が誤解していた部分もあるのですが、首相がこの件に関して多くを語らない点、メディアが偏向報道ばかりを行う点などが重なり合って余計にややこしくしている気がします。

 ところで、盧武鉉大統領は歴史認識や靖国問題で安倍首相から言質を取りたかったようですが、全て失敗に終わっています。靖国神社参拝に関する記者からの質問に、「安倍首相は参拝を行わないものと理解する」と勝手に結論を捏造しています。さすがにこんな妄想を国内メディアは取り上げませんでした。首相が未来志向を繰り返したのも分かる気がします。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月09日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

 ノムヒョンは靖国よりも日本をやり込める事よりも言わなきゃならん事と、過ちを認めるのが仕事じゃないのか?

 なんか、韓国なんて当てにしてないが初手からドジを踏んでるな。

>安倍首相

 まあ、未来志向だけ引用して置けばいいんじゃないですか。
 取りあえず、今は勘違いさせておくのが得策かもしれません。

2006年10月10日 どらっへ URL 編集

やっかいですね。北朝鮮!

2006年10月10日 YY URL 編集

核実験のどさくさに紛れて何を言うかと思えば、お約束の三点セットに触れて「安倍総理は靖国には参拝しないと理解している」だぁ??安倍総理のどの発言でそんな都合のいい解釈できるんだ?明言を避けただけじゃない。
今はそれどころじゃないだろう?んなもん、国が無くなったら何の価値も無い…後回しでしょが。
今回の会談は核実験に対する意見一致だけで充分。三点セットも適当に擦り抜けましたし。このオッサンの任期中での、シャトル外交復活はしなくて良いです。
盧武鉉はポイント稼いだつもりかも知れませんが、この核実験を機に韓国の国民が、彼の失政を糾弾する事を願うばかりです。

2006年10月10日 水兵長 URL 編集

どらっへさん、
今回の会談で中国と韓国の違いが明確になりましたね。現実的に利害を話し合えるのは、現時点では中国の方ですね。

水兵長さん、
もうすでに核実験は韓国の太陽政策のせいだという世論が出来上がっていますね。

2006年10月15日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。