スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】朝鮮中央通信が核実験実施と発表

 国際環境を冷静に見ることが出来ない北朝鮮は自滅に向かおうとしています。まさに今日核実験を行うということは、日韓首脳の結束を容易にし、反北朝鮮包囲網を迅速に作り上げるでしょう。

 ・北朝鮮が核実験を実施、朝鮮中央通信報じる(聯合ニュース)

 【ソウル9日聯合】北朝鮮は9日、朝鮮中央通信を通じ、核実験が成功したと発表した。中央通信は「わが科学研究部門は2006年10月9日、地下核実験を安全かつ成功的に進行した」と述べた。放射能漏れといった危険はまったくないことが確認されているという。


 ・北朝鮮、核実験成功と発表 朝鮮半島に重大局面(iza)

 【ソウル=久保田るり子】北朝鮮の朝鮮中央通信は9日午前、「われわれの科学研究部門は、地下核実験を安全に成功裏に実施した」と発表した。聯合ニュースは、国防省当局者の話として、同日午前10時36分(日本時間同)に実施されたと報じた。韓国地質資源研究院は同日、同地域でマグニチュード(M)3・58から3・7規模の地震波を観測した。
 盧武鉉・韓国大統領はただちに安全保障閣僚対策会議を招集、情報収集と対応に入っている。国連安保理の議長声明を無視した形の核実験強行であり、朝鮮半島情勢は重大局面を迎えた。
 韓国はじめ周辺国による分析によると、地下核実験は同国北東部の咸鏡北道花台郡舞水端で行われ、プルトニウム型核爆弾とみられる。放射能汚染の状態は不明だが、AP通信は放射能漏れはないと報じた。朝鮮中央通信は実験が「科学的で綿密な計算により行われた」とし、「放射能流出のような危険は全くない」と報じている。
 北朝鮮は、今月3日の「核実験宣言」にも米国が「無条件の6カ国協議復帰」の原則論を崩さず、2国間対話に応じないことから、強硬な示威行動に出たものとみられる。
 韓国、米国、日本、中国など周辺国はただちに実態把握のため緊密な連絡体制をとるとともに国連安保理でこの問題を協議する方針だが、国際社会の非難と制裁強化は確実な情勢だ。
 北朝鮮は昨年2月に「核保有宣言」を行い、今年7月には運搬手段である弾道ミサイル「テポドン」をはじめミサイル発射を実施、「核とミサイル」の対米戦略を強めてきた。核実験によって「核保有国」であることを既成事実化し、「体制保証」などを求めて今後の対米交渉で大きな交渉力とするもくろみだ。だが、米国はじめ6カ国協議関係国はこうした北朝鮮の「核クラブ入り」は決して容認せず、核の全面放棄を求めており、関係国がどのような形で北朝鮮核問題に取り組むかをめぐっては厳しい対立が予想される。
 米国はこれまで、北朝鮮の核問題が悪化した場合、「追加的措置」「より強硬な措置」を取ることを表明してきた。今後、国連安保理決議による経済制裁など一段と強い制裁に入る可能性が高く、こうした制裁を北朝鮮は「宣戦布告」と位置づけていることから、核実験を契機とした核危機が軍事的威嚇行為を伴う危険水域に入る可能性もある。
 北朝鮮は2003年1月、核拡散防止条約(NPT)からの脱退を宣言しているが、NPT加盟国が脱退を経て核実験を行い「核保有国」となったのは北朝鮮が初めて。核管理の国際的な枠組みを再構築する必要性が改めて浮き彫りになった。
 核保有国は米英仏露中の国連安保理常任理事国の5カ国とインド、パキスタンの2カ国の計7カ国。イスラエルは公式には認めていないが、すでに核を保有しているとみられている。南アフリカは1990年までにすべてを解体した。

≪朝鮮中央通信の地下核実験に関する報道全文≫
 全国すべての人民が社会主義強盛大国建設で一大飛躍を創造していく活気あふれる時期に、われわれの科学研究部門は10月9日、地下核実験を安全に順調に行った。
 科学的計画と綿密な計算により進められた今回の実験では、放射能流出のような危険が全くなかったということが確認された。
 核実験は100パーセント、われわれの知恵と技術に依拠し進められたもので、強力な自衛的国防力を熱望してきたわが軍隊と人民に大きな刺激と喜びを抱かせる歴史的出来事だ。
 核実験は朝鮮半島と周辺地域の平和と安定を守るのに寄与するであろう。(平壌 共同)


 ・北朝鮮が地下核実験に成功、朝鮮中央通信が報道(読売新聞)

 【ソウル=中村勇一郎】北朝鮮の朝鮮中央通信は9日午前、同国の科学研究部門が同日、「地下核実験を安全に成功裏に行った」と報じた。

 実施場所や実験内容には言及していない。

 韓国政府は同日午前10時35分ごろ、北朝鮮北東部の咸鏡北道花台(ファデ)郡付近を震源とする地震波を観測しており、核実験によるものかどうか確認を急いでいる。

 核実験が事実であれば、核兵器保有に必要な技術を完成させたことになり、北朝鮮核問題は重大局面を迎える。

 北朝鮮は国際社会の度重なる自制要求を無視し、予告からわずか6日後に実験に踏み切った。

 朝鮮中央通信は核実験について「科学的計画と綿密な計算によって行われた今回の核実験では、放射能漏れのような危険が全くなかったことが確認された」と強調。

 その上で、実験が「100%我々の知恵と技術に依拠して行われたもので、強力な自衛的国防力を渇望してきた我が軍隊と人民に大きな励ましと喜びを抱かせた歴史的な事件だ」とし、実験は「朝鮮半島と周辺地域の平和と安定を守るのに寄与するであろう」と正当性を主張した。

 国立韓国地質資源研究院(大田市)は9日午前10時35分ごろ、咸鏡北道を震源とするマグニチュード(M)3・58の地震波を観測した。

 同研究院によると、震源地は北緯40・81度、東経129・10度の地点。同道花台郡と吉州郡の境界付近で、揺れの状況などから人工的な発破などによる地震波と確認された。

 同院は発破の規模について「TNT爆薬800トン以上に相当する」と説明し、核実験によるものかどうか分析を進めている。

 日本の気象庁は9日午後、「北海道から九州にかけての広い範囲で9日午前10時37分ごろに地震波を観測した」と発表した。同庁の観測によれば、M4・9で、震源は北朝鮮北東部にあたる北緯41・2度、東経129・2度の地点。震源の深さは不明という。

 韓国の情報機関・国家情報院は国会情報委員会で「実験が行われたとすれば、花台郡舞水端里のミサイル基地から西に48キロ離れた地点にある標高360メートルの山の地下だ。垂直方向ではなく、水平方向に掘られた地下坑道で実施されたのではないか」との見方を示した。

 北朝鮮は寧辺(ヨンビョン)の5000キロ・ワット実験用黒鉛減速炉から使用済み核燃料棒を取り出し、兵器級のプルトニウムを抽出した。

 北朝鮮外務省は05年2月、「我々は自衛のための核兵器を製造した」とする声明を発表し、核兵器保有を公式に宣言。同年9月の6か国協議で核放棄や核拡散防止条約(NPT)への早期復帰など6項目からなる共同声明の採択に応じたが、その後は、米国の金融制裁解除を求めて協議参加を拒否している。

 今月3日の声明では、「科学研究部門が核実験を行うことになる」と予告した。

 米大統領報道官によると、北朝鮮は日本時間9日午前10時ごろ、中国に核実験を行うと通告。中国はこれを直ちに米国、日本、韓国に伝達した。


 国際環境を語る前にまず心配なのが放射能漏れです。北朝鮮自体はそれを否定しているようですが、どうだか分かりません。ひょっとしたらかなり多量の「死の灰」が発生し、日本海を渡って日本へとたどり着いている可能性もあるのです。

 ここは冷静に日韓両国が放射能測定を行い、両国国民(一応北朝鮮の人民も含めて)の安全度を厳しく調査する必要があります。

 で、この実験の影響ですが、もちろん日韓両国の首脳会談の場で提起されましたし、その件は別でエントリにしますが、日韓両国は北朝鮮制裁へと動く可能性が大きいです。日本は韓国とも話し合わないで制裁へと向かうはずですが、韓国も現時点ではかなりの可能性で制裁を行うでしょう。

 また、安保理でも当然話し合われるでしょうし、日中首脳会談の決めごとが当然生きてきます。核実験宣言では議長声明しか出せなかった安保理ですが、今後は決議を採択するのは当然として、どこまで強い表現を盛り込むことが出来るかが焦点となりそうです。

 日本は今でこそ限定的な制裁しか行っていませんが、これを機に朝鮮総連への制裁措置、それに軍事制裁をも視野に入れた制裁が必要になるでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月09日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

世界はいつまで金正日にナメられたままでいるつもりだろうか?
国連が役立たずだっていうことがわかったのはいいことだが。

日本は国連脱退。

2006年10月09日 worldwalker (・∀・) URL 編集

テレビのニュースでは、制裁の強化の例として民間人の渡航規制(禁止かな?)や、北朝鮮を経由する船舶の入港禁止が挙げられてましたが、総連の事には触れてませんでした。そっちの方が効果高いのに。中国・韓国が、何処まで制裁を行えるのか分かりませんし。
飴はもう要らない、鞭打つのみで充分。

2006年10月09日 水兵長 URL 編集

さいごう 様

ねたねこです。TB失礼いたします。

北の核実験ですが、日本の国民はまだ他人事との認識があるように思えて仕方がありません。本来であれば「盾」だけでなく「矛」の分野にいたる対抗手段を議論するべきだと思うのですが…

ともかくも、盧武鉉大統領にはタイミングの悪いことでしたね(笑

今後の安倍首相、麻生外相の指導力に注目したいところです。

2006年10月09日 ねたねこ URL 編集

 北朝鮮を潰す事になんの躊躇いも無いし、賛成だけど、今回の実験は成功したのかな?
 M4.9と言うのは核爆発にしてはショボイ気がする。
 まあ、成功してようとしてなかろうと潰す事に変わりはないけど──

2006年10月10日 どらっへ URL 編集

報道されている爆発の規模に幅がありすぎますね。
下のほうでは数百㌔との情報がある一方、該当地域の地質データを最も良く収集しているはずのロシアからは5kt~15ktとの情報も・・・。

以前にもコメントしましたが、成功ならば最低数キロトンの規模になるはずです。

今回の一連の報道で気になることは、爆発の規模をマグニチュードで表していることです。
以前ならばすぐさま”規模は●ktに相当”と報道されていたと記憶しております。
実験を行った当事者が規模を明確に発表していないこともありますが、どうして地震計からのデータだけを報道するのか?
変な意図が絡んでいないことを願うばかりです。

2006年10月11日 通行人A URL 編集

worldwalker (・∀・)さん、
なぜ北朝鮮に対して国際社会はこれほど寛容なのでしょうね。さっさと軍事制裁で十分ですね。

水兵長さん、
朝鮮総連への制裁は多分ないでしょうね。国会議員の中にもお世話になっている売国議員がいっぱいいますから。

ねたねこさん、
盧武鉉大統領は今回のチャンスをうまく活かすことが出来なかったようですね。つくづく無能な政治家ですね。

どらっへさん、
可能性としては、核実験を行ってけど失敗したというのが大半の見方ですね。

通行人Aさん、
放射能は測定されていないようですから、核実験を行っていないか、失敗したかのどちらかでしょうね。私は通常火薬を使ったとは考えにくいので、失敗だったと思っています。

2006年10月15日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。