スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】日米中韓、温度差はあるが全て非難を表明

 概ね予想通りの声明をそれぞれの国が出しました。簡単に言えば、最も強い非難を行った日米、それに続く韓国、そして一応非難はした中国と言ったところでしょうか。

 ・北の核実験、首相「断じて容認できぬ」(読売新聞)

 安倍首相は4日午前の参院本会議で、北朝鮮が核実験の実施を表明したことについて、「極めて遺憾だ。仮に核実験を行うことになれば、断じて容認できない」と述べた。

 具体的な対応としては、「北朝鮮が先の(ミサイル発射に関する)国連安全保障理事会決議を履行することを改めて強く求める。国際社会も本件を懸念しており、すでに3日、国連安保理の非公式協議でも取り上げられた。我が国としては、米国を始め中国、韓国など関係国と連携しつつ、適切に対応する」と述べ、国連安全保障理事会などを活用し、北朝鮮に自制を求める考えを示した。

 核実験の兆候などに関する情報収集状況については「平素より情報分析を行っているが、個々の具体的内容は今後の情報収集活動に与える影響にかんがみ、お答えするのは差し控える」と語った。

 平田健二氏(民主)の質問に答えた。


 ・北核実験「断じて容認できぬ」 日米補佐官会談(iza)

 【ワシントン=有元隆志】訪米した小池百合子首相補佐官は3日午後(日本時間4日未明)、ホワイトハウスでハドリー米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と会談し、北朝鮮の核実験実施方針について「断じて容認できない」として、実験阻止に向けて日米が緊密に協力していくことで一致した。
 また、北朝鮮が実際に核実験に踏み切った場合の対応に関しても、日米で連携していくことを確認した。さらに、北朝鮮の弾道ミサイル発射問題や日本人拉致事件でも引き続き歩調をあわせていくことで合意した。
 小池氏によると、国連安全保障理事会で、北朝鮮に核実験の自制を求める議長声明などの早期取りまとめを進めることでも一致した。小池氏は3日夕、記者団に対し、声明の文言について、実験の阻止に向け「強い中身であるべきだ」と強調した。
 一方、小池氏は安倍晋三首相が8日から中国と韓国を訪問する方向で調整を進めていると説明した。ハドリー補佐官は「歓迎する」と語った。


 ・韓国が「北」非難声明、6か国協議へ無条件復帰要求(読売新聞)

 【ソウル=福島恭二】韓国政府は4日、北朝鮮が核実験実施を表明したのを受け、青瓦台(大統領府)主宰で閣僚級による安保政策調整会議を開き、「朝鮮半島の非核化に関する共同宣言を完全に破棄しようとするものだ」と非難し、「深刻な憂慮と遺憾の意」を表す政府声明を発表した。

 声明では、「北朝鮮が核実験に言及したことは、対話を通した問題の解決に逆行するものだ」と指摘。北朝鮮に対し、核実験計画を即刻中止し、核問題を巡る6か国協議に無条件で即時復帰することを求めた。

 声明はさらに、北朝鮮が核実験を強行した場合、「北朝鮮はこれによって引き起こされるすべての結果について、全面的な責任を負わなければならない」と警告した。


 ・核実験声明で北朝鮮を名指し、中国が自制要求(読売新聞)

 【北京=杉山祐之】中国外務省の劉建超・報道局長は4日、北朝鮮の核実験声明について、「北朝鮮は核実験問題で、冷静さと自制を保つだろうと望んでいる」との談話を発表、北朝鮮を名指しして強く自制を求めた。

 劉局長はさらに、米国などで対北朝鮮強硬論が出ていることを念頭に、現時点では制裁に反対する立場を示した。


 ほとんど予想の範囲内で動いているようですが、ひとつ注目すべきなのは韓国が今までにない強気で出ていると言うことです。

 多分理由としては、今までの太陽政策が結果的に裏切られた形になったのと、日米との協調を考えてこのような調子になったのではないかと予想します。

 韓国が日本のように、すぐに米国との共同歩調を取れるほど米韓関係が良くはありません。結局韓国が「利害を共有できる相手」だと認識させることが出来ていないのが大きな原因です。

 韓国としてはまだ自分たちのスタンスが明確になっていないため、今回強硬発言をしたとしても、次も同様の発言を行うかどうかは疑問です。ひょっとしたら統一部あたりから全く逆の発言があるかもしれません。

 中国は割と様子見の発言です。米国がここですぐに制裁の強化へと進むようであれば、米国反対の発言へとシフトさせる可能性もありそうです。

 結局は日本の立場は、今のところ米国頼みの状況に変化はありませんが、日中・日韓首脳会談でどれだけ日本の国益を主張することが出来るかに期待がかかってくることになりました。安倍首相は最初から大きな課題を背負うことになりましたね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月04日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

はじめまして。
米韓関係ってあんまり良好じゃないですよね。
この前、ノムヒョンさんがアメリカに行ったときも
ブッシュさん、あんまり友好的じゃなかったですし。
小泉さんが行ったときのブッシュさんの対応とは
雲泥の差でしたよね。
ただ、安部さんがどのような日米関係を築けるかも
注目だと思います。

2006年10月05日 まみの向日葵日記 URL 編集

韓国が今さら非難を始めたところで、世界はもう韓国を信用しないでしょう。停戦中の相手国がミサイルを発射しても擁護した時と同じ政権ですから、むしろ今回の発言の方がパフォーマンスであると受け止められるでしょう。
それに比べ中国はしたたかです。国益の為には譲歩も辞さず、相手の出方を伺うしたたかさがあります。
日本のマスコミでは「実験を明言したが、すぐにやるとは思えない」などと楽観的な発言をするバカがいます。すぐに核実験をやるかどうかではなく、やったらどうなるか、その時どう対応出来るかが問題なのに、それについては語りません。
安倍さんが強く非難する立場を取ったのは評価出来ますが、ちゃんと次の手まで考えているでしょうか?

2006年10月05日 やや右より?のベル URL 編集

非難は当然。
問題は対処の方法です。既にアメリカが本腰を入れたのか、嘉手納では核実験に対応する為に部隊が展開しています。自衛隊も情報収集を始めました。日本はこの情報を的確に分析判断し、制裁なり厳しい対応をしなくてはなりません。

2006年10月06日 水兵長 URL 編集

やや右より?のベルさん、
日本には北朝鮮のことですら冷静に見られない人が多すぎます。戦後の左寄りのメディアに洗脳されて、国際政治を冷静に見ることが出来ないのでしょうね。

水兵長さん、
核実験は日本にとって安全保障上の脅威だけでなく、放射性物質などの実質的な被害をも及ぼしますから、本当に毅然とした態度が必要ですね。

2006年10月07日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。