スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【韓国】潘基文氏、国連事務総長当選確実

 韓国としてはトップニュースで扱うのは当然ですが、かわいそうなことに夜の時点で「日韓首脳会談」や「北朝鮮の核実験宣言」に押されて今ではトップページに見出しが載っていない新聞サイトまでありました。

 ・潘基文・韓国外交通商相、次期国連事務総長に当確(読売新聞)

 【ニューヨーク=白川義和】国連安全保障理事会の理事国15か国は2日、今年末で任期が切れるアナン国連事務総長の後任選出に向け、4回目の非公式投票を行い、韓国の潘基文(パン・ギムン)外交通商相(62)が4回連続でトップとなった。

 潘氏は拒否権を持つ5常任理事国すべてを含む14か国の支持を集め、当選を確実にした。安保理は9日に公式投票を行い、潘氏を正式に選出した上で、国連総会に任命を勧告する。アジア出身の事務総長は1971年に退任したビルマ(現ミャンマー)のウ・タント氏以来2人目となる。

 2日の投票は、常任理事国と非常任理事国の用紙の色を初めて変えて行い、常任理事国の投票内容が分かるようにした。この結果、タイのスラキアット前副首相、ラトビアのビケフレイベルガ大統領ら6候補のうち、常任理事国すべての支持を集めたのは潘氏だけで、他候補には常任理事国から1~3票の不支持票が投じられた。

 投票後、中国の王光亜国連大使は記者団に「潘氏が安保理の推薦する候補となることが極めて明確になった」と述べた。2位のタルール国連事務次長(インド)は「潘氏が次期事務総長となることは明白」とし、立候補の辞退を表明した。

 非常任理事国の日本も、潘氏支持を表明している。大島賢三国連大使は「アジアの優れた候補から選出するという目的に沿った方向で事態は動いている。日本政府としての態度を最終決定した上で、正式投票に臨む」と語った。


 ・仏、独語も操り日米からの評価高い「外交のプロ」(iza)

 今年末で任期を終えるアナン国連事務総長の後任として、当選確実となった韓国の外交通商相である潘基文氏。4度の予備投票ではいずれもトップの支持票を集めた。常任理事国同士の協議や相次ぐ投票で長引くこともある事務総長レースでは、「前例のない速さと総意、無風」(AP通信)での選出となった。
 1944年6月、日本の統治下にあった韓国の忠清北道忠州の農家に生まれた。高校時代に外交官を志し、名門ソウル大で国際関係論を学んだ後、70年に外務省(現外交通商省)入り。国連課長や米州局長、駐米公使などを歴任したほか、米ハーバード大で修士号を取得しており、米国との間にも太いパイプを持つ。事務総長には欠かせないフランス語のほかドイツ語も話すとされる。
 保守系の金泳三政権で外交安保首席秘書官、左派の盧武鉉政権で外交補佐官などを務めた。政権が代わっても重用されたのは、外交のスペシャリストとしての卓越した調整能力が評価された結果だ。
 2004年1月に外交通商相に就任し、北朝鮮の核問題では対米、対中など関係国の外相との協議に奔走した。厳しい日韓関係の中でも麻生外相との会談で信頼関係を醸成するなど、“外交のプロ”としての日本外交当局の評価も高い。(佐藤貴生)

 ■米国が一転、潘氏の豊富な行政経験を評価

 【ニューヨーク=長戸雅子】次期国連事務総長選びで「いずれの候補も決め手を欠く」といわれたなかで、韓国の潘基文外交通商相が抜け出し、当選を確実にしたのは、当初は「アジアからの選出」という前提条件に難色を示していた米国が、途中から潘氏支持に傾いたことが大きい。 
 ボルトン米国連大使は事務総長に求める資質を「巨大で複雑なこの組織を運営できる管理運営能力を持つ人材」「『行政職員の長』として仕事を遂行する素養」を挙げており、大統領外交補佐官や外務次官などエリート外交官として長年活躍、国連でも総会議長秘書室長を務めるなど、他の候補にはない潘氏の豊かな実務経験に目を向けるようになった。
 米国は今年に入って「中東情勢など国連を必要とする政策にシフトしてきている」(国連外交筋)とされ、長年の課題の国連改革を進めるうえでも定評のある実務・調整能力が必要と判断したようだ。 
 一方、潘氏と米国の接近を警戒した仏などは、常任理事国と非常任理事国の投票用紙の色を分けた投票の延期を求めるなど、早期の決着に否定的だった。しかし、新たな有力候補が現れる気配もなく、消去法で潘氏支持に集約されていった。
 韓国は日本などの安全保障理事会常任理事国入りに反対するグループの中核国として活動、北朝鮮の核・人権問題にも融和的な姿勢を見せてきた。自国の外交方針から離れ、事務総長に求められる中立性をどこまで確保できるかが試金石となる。


 日本としてはもう少しもつれ込んで韓国に恩を売りたいと思っていたでしょう。その意味でタイでのクーデターは大きな意味を持っていたでしょうし、韓国は強運に恵まれたと言うことでしょう。

 ただし、彼が本当に事務総長になって韓国のメリットになるかは微妙なところです。とりあえずその話は事務総長に正式に決定してから書くとして、とりあえず今日は報道の話を書きます。

 最初にも書きましたが、彼の進退よりも日韓首脳会談の方が当然邦典駅に関わる問題であり、国民の関心も高いようです。そして、日韓の友好ムードを妨げようとしているのが北朝鮮です。北朝鮮はそれほど大きな意味があったかどうかは分かりませんが、日本の日中・日韓首脳会談の報道に合わせるかのように核実験宣言を行いました。

 北朝鮮に強硬な態度を取る日本が中国や韓国と対立してこそ、自分たちの存在価値があると認識しているのでしょう。ただ、この宣言によって韓国や中国が北朝鮮に同情的な発言をするかは微妙です。私は逆に不信感を募らせるだけだと思っています。

 話がずれましたが、潘基文氏の国連事務総長の就任は日中朝韓の情勢にとってそれほど大きな影響を与えるとは思えません。それよりは実利に直接影響する報道が勝ってしまったのが実際といえるでしょう。

 国際的な名声に弱い韓国人でもさすがにこのニュースをトップに置いておくほど自分たちの利益が見えていない訳ではなかったようです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月04日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

まあ、朝鮮人が事務総長っていうのは気に入らんが、しょうがないか。オレの悲願は国連脱退で、各国をあっといわせることだが。

2006年10月04日 worldwalker (・∀・) URL 編集

この話題をBS経由の韓国KBSニュースで見ましたけども。
ん??バチカン法王と並ぶくらいの権威だ?何を寝ぼけた事を…相変わらず笑わせてくれますよ。
アメリカはこのオヤジを中立の立場に引き出したのは、自国の恥ずかしい国策を笑い者にする為なのか。
私個人としては、あんなバカヤロウよりも、年齢は高いが国連で難民問題の専門だった、緒方貞子さんを推薦したかった…。

2006年10月06日 水兵長 URL 編集

worldwalker (・∀・)さん、
日本でも立候補すれば良かったのですが、それもしなかったのが悪いのですしね。

水兵長さん、
そうですね。日本にも人材はいるはずなのに今回はしませんでしたね。

2006年10月07日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。