スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内政治】公明党と連立のせいで集団的自衛権の議論が進まない

 最初から結論の見えている議論をしたって何の意味もありません。公明党が言っていることは、はっきり言って議論を否定すると言うことです。

 ・太田公明党代表、集団的自衛権の研究は容認(日経新聞)

 公明党の太田昭宏代表は1日、NHKとテレビ朝日の番組で、安倍晋三首相が集団的自衛権行使をめぐる研究を始める方針を示したことについて「首相の方針は今まで集団的自衛権の行使にあたると言ってきたものの中に(憲法に)違反しないものがあるか研究するという段階だ。かなり限定的であり研究を止めることはない」と述べ、研究自体は容認する考えを示した。

 ただ同時に「研究はいいが、ずるずると集団的自衛権(の行使容認)をなし崩しにするのは絶対にいけない」と述べ、行使には反対の立場を重ねて強調した。〔共同〕 (14:28)


 ・集団的自衛権「なし崩しはいけない」 公明・太田代表(朝日新聞)

 公明党の太田代表は1日のテレビ番組で、安倍首相が集団的自衛権行使の具体例を研究する方針を打ち出したことについて「研究自体はいい。それがずるずるとある方向性を持って、結果的になし崩しに(憲法解釈を変更)するという形は絶対いけない」と述べ、首相の姿勢を牽制(けんせい)した。

 集団的自衛権の行使は、憲法解釈上、政府が禁じているが、首相は所信表明演説で「いかなる場合が該当するのか、個別具体的な例に即し、よく研究する」とした。

 この具体例について、太田氏は「海外での武力行使はしない、ということは間違いなく譲れない点だ」と述べた。また、国連決議による多国籍軍に、日本が参加する場合についても「多国籍軍でのいわゆる武力行使には参加をしない、というのが基本的な考え方だ」と念押しした。

 また、太田氏は日中首脳会談について「実現に向け私も努力を惜しまない。中国へ行こうという意欲を、私は持っている」と述べた。首相の靖国神社への参拝については「少なくとも安倍さんの心の中にはないと思う」と語った。


 集団的自衛権の研究は、行使できる可能性があるのか、もし出来るとするならばどのような条件に拘束されるのか、また今後どのような法改正をしていく必要があるかなどを考える場所だと思っています。

 その研究は基本的に将来行使することを前提とするものであり、それが日本と言う国家が侵略するのではないと国際的に証明する部分に重きをおいているのだと思います。

 しかし、公明党は集団的自衛権の行使を否定しています。それではこの研究自体に何の意味があるのでしょうか。学者が学会のために研究するのではなく、(学者も含みますが)最終的に政府が利用するために研究するものです。

 集団的自衛権を潰すために行う研究などしても意味がありません。本当に公明党との連立は自民党にとって足かせにしかなりません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月03日 政治 トラックバック:- コメント:3

集団的自衛権の理解が与党で分かれるのは野党の思う壷です。
安倍政権が続投でもそうでなくても、離れなければならないでしょう。

2006年10月03日 水兵長 URL 編集

いつか自民党が後悔する日が来るかもなあ。
創価学会は北朝鮮宗教である
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sokakitacho.htm
マジでやばいのに。

2006年10月04日 worldwalker (・∀・) URL 編集

水兵長さん、
なぜ公明党が与党であり続けるのか意味が分かりませんね。

worldwalker (・∀・)さん、
私も本当にまずいと思います。

2006年10月09日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。