スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【日中】首脳会談開催決定か

 他の報道ではここまで明言していないようですが、本当に決定と言うことでしょうか。首脳会談自体は評価できますが、本当に評価できるのはそこで何を決めたかでしょう。

 ・8日に日中首脳会談 安倍首相が訪中(共同通信)

 安倍晋三首相が8日、北京を訪問し、胡錦濤・中国国家主席や温家宝首相と会談することが1日、分かった。中国側は会談に応じる方針をすでに日本側に伝えている。日中関係筋が明らかにした。安倍首相は9日には韓国を訪問、盧武鉉(ノムヒョン)大統領と会談する。日本の首相の訪中は2001年10月の小泉純一郎前首相以来で、日中首脳会談は昨年4月のジャカルタ以来となる。
 8日は中国共産党第16期中央委員会第6回総会(6中総会)開幕日に当たるが、党の最重要会議の期間中に首脳会談を設定するのは極めて異例。中国は靖国神社参拝を繰り返す小泉前首相に反発、第3国での首脳会談も拒否してきたが、安倍政権誕生を機に日中関係の改善に方針を転換したといえる。
 汚職で上海市トップの陳良宇・前市共産党委員会書記が解任されるなど、対日強硬派とされる江沢民・前国家主席系列の「上海閥」の勢力弱体化が進む中、「実務的」な対日関係を目指すとされる胡指導部は靖国参拝問題をめぐるこれまでの強硬姿勢を軟化させた。
 同筋によると、先月、東京で開催された日中外務次官による「総合政策対話」で、谷内正太郎外務事務次官は、安倍首相が自らの靖国神社参拝をめぐる意思や事実関係を明言しない「あいまい戦術」を取っていることなどを説明し、理解を求めた。
 これに対し中国の戴秉国外務次官は参拝自粛を求める姿勢を変えなかったものの、中国に持ち帰り協議する考えを表明。報告を受けた胡主席ら最高指導部が慎重に協議、最終決定したとみられる。(共同)


 参拝自粛を条件にしたと言うことは諸刃の剣で、これからも継続するなら首相が参拝することをずっと明言できなくなってしまいます。首相が参拝するのが「個人の心の問題」であるならば、それを隠すことに疑問を感じます。安倍首相の考えは、小泉首相よりも一歩消極的になったままというのが「明言しない」と言う意味です。

 ただ、「明言しない」と言うことが現状を打破するための知恵なのか、事実上靖国参拝に関して「凍結」するというメッセージなのか安倍首相の発言からは見えないところに参拝賛成派と反対派が表立って批判できないところがあります。

 参拝に関してはともかく、中国が首脳会談を求めているのは確かです。そこで首相は実のある結果を引き出して来ることが今後のためにも必要だと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年10月01日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

胡金涛も、江沢民の呪縛が邪魔になって思うように動きが取れなかったが、少し楽になったのかな。しかしホントに汚職の多い国だ事。
食の安全性と、北朝鮮の核開発と六ヶ国協議復帰を話してもらいたいですね。
韓国訪問より先に行うのは、韓国への牽制にもなりますし、良いと思います。くれぐれも、土下座外交の復活は避けて貰いたいです。

2006年10月01日 水兵長 URL 編集

 会うだけ会って帰ってくるでいいと思う。
正直、それ以上のことはしなくて良い。
 韓国をけん制する位の意味で良い。

 靖国カードは今や、こちらのカードですから、使って、反日を煽ってやれば、奴らも困るはずでしょう。

 反日暴動が政府批判に繋がれば、中国の崩壊も早いでしょうし。
 反日で起こした国が反日で滅ぶならば、毛沢東も本望でしょう。

2006年10月02日 どらっへ URL 編集

水兵長さん、
胡錦涛氏はただの対立だけで、別に日本との関係を良好にしたいかどうかは未知数だと思います。私はまだ楽観視すべきではないと思います。

どらっへさん、
今中国は危うい状態だとどの程度の人が思っているのでしょうね。

2006年10月04日 さいごう URL 編集

会ってどうなるのかねえ。靖国神社参拝について胡錦濤が言及するかどうか。今回はあっちからは言わないと思うけどねえ。

2006年10月04日 worldwalker (・∀・) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。