スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】日本への対抗措置はいいが、自国の農産物の安全性も考えたら?

 なんというか、国家自体が精神の幼さを感じさせるような出来事です。ただ、大人がこれをやると、強請やたかりと人は呼びます。どちらにしろ話のもともに通じる相手ではないことは確かです。

 ・早い話が:野菜のかたき討ち 金子秀敏(毎日新聞)

 自民党の総裁選に気を取られていたら、中国では日本製品たたきをやっていた。広東や上海、遼寧など各地の検疫当局が日本製の食品から基準を超える有害物質を検出した、というニュースを、テレビで繰り返し流したのである。

 税関職員が箱を開けて日本製品を検査する映像が1週間前後、連日トップニュースになった。このキャンペーンが、抗日戦争の記念行事がある9月18日(満州事変の記念日)前から始まったのも偶然ではないだろう。

 やり玉にあがったのは、魚肉ソーセージのソルビン酸。スルメイカのカドミウム。冷凍タコの黄色ブドウ球菌、ケーキのアルミ、ジャガイモ粉の二酸化硫黄、冷凍カキのクロムなど。

 浙江省では、日本産の冷凍サンマから基準値の22倍のヒ素を検出した、という。この報道の影響で香港のスーパーは店頭から日本産サンマを撤去し、お客の返品要求に応じた。だが、香港の衛生当局が検査した限りでは有害物質は検出されなかった。杭州の食品検査官は、回転ずしのにぎりずしから大腸菌を検出した。この店は中国人の経営だが、「日本料理というものは不潔である」という含みが伝わってくる。

 日本の工場で製造したP&G社の化粧品からクロムなどの重金属が検出された、という報道も、実はこの反日キャンペーンの一環だ。上海では返品を求める女性が殺到して事務所が壊される騒ぎまで起きている。

 同じものを、香港の検疫当局が追試した。確かに重金属は検出したが、微量なので問題はなかった。シンガポール、台湾などでも同じ結論だった。

 なぜ中国で問題になるのか。その答えは、9月23日付の香港「明報」紙にあった。記事によると、中国の消息筋は「日本を痛い目に遭わせてやった」「警告だ」と言っているそうだ。

 日本が輸入農産物の残留農薬を厳しく規制する「ポジティブリスト」を導入した。そのために中国産農水産物の対日輸出は2割近く減った。中国が日本製品の検疫を厳しくしたのは、その報復だ。そんなことだろうと思っていたが、やっぱりそうだった。

 新しく農相になった松岡利勝氏が副農相当時の2001年、日本は中国産イグサなどにセーフガードを発動した。中国は日本製自動車の報復関税で対抗し、日本が降参した。安倍内閣の看板は「主張する外交」だが、今回の件は音無しの構えだ。白頭山(ペクトゥサン)の続きはまた。(専門編集委員)


 私も中国はこの一連の措置が、日本の輸入農産物規制に対する対抗的措置だと思っています。というか、そう思わない人の方が少ないでしょう。

 どちらに大義名分があるかは明らかですが、だからといって日本が必ずしも中国を引き下がらせることができるとは限りません。また、中国の「国内産業保護」という目的も中国の外交によって国際的な支持を受ける可能性があります。

 結末がどうでるかはまだ分かりませんが、これによって安部首相がどのような対応に出るかが今後を占う意味でも重要だと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年09月28日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

回転寿司で大腸菌?それは店の衛生面の不備、秋刀魚から砒素?魚を洗った水はそっちの水じゃない?砒素だらけの海なんか、日本近海には無いですから~(笑)
アルミ箔はアルミで出来ている、これ当然。溶け出すようなアルミ箔はそんなもん日本から出る前にアウト!(笑)
くだらな過ぎて訳が分からない。
ガセネタは直に埋もれていきますから放置しましょう。踊らされたらそれこそ思う壷です。
日本車は関税上げても売れますよ。ビビる事は有りません、いっその事マグロもメインは生食だから、食わなくて宜しい。日本からマグロを横取りするな。アボガドに山葵醤油でも付けて食べてなさい。
中国産の農薬タップリでね。

2006年09月29日 水兵長 URL 編集

 まず、最初の試練だな。
これが出来なきゃ、安倍内閣はただの派閥内閣。
 当然、徹底抗戦を要求します。
 理不尽すぎますし、第一、中国人に言われたくないですね。

2006年09月29日 どらっへ URL 編集

「笑わせるな」「バカバカしい」と一蹴するのは日本的ですが、外交上では「放置・無視」は「了承・黙認」と同じですよ。
特に今回は反日感情からくる報復である事は明確なのに、何も抗議しないという態度を取れば「何をしても大丈夫だ」「日本は反論出来なかった」と、特亜連中を付け上がらせるだけです。
何もしないのでは結果として「弱腰外交時代」と同じじゃないですか。成分分析など資料と共にキッチリ抗議して、対抗措置の不当性を世界に向けて発信するべきです。中国が対抗措置を取り下げなくても、世界各国にアピールするべきだと思います。

2006年09月29日 やや右より?のベル URL 編集

放っておくというのは適切ではなかったですね。申し訳ありません。
当然、間違いは間違いだとアピールして冷静に適切な対処というのが私の意見だったのですけど不足し過ぎでしたね。過剰に反応しない、揺さ振られないって事なんですよ。
中国を相手にというよりは、この問題を世界に投げ掛けて曝すのも良いのではないでしょうかね?

2006年09月29日 水兵長 URL 編集

水兵長さん、
個人的にアボガドも食べます(苦笑)
ただ、彼らはこんな理不尽なことをしていると、自分たちの首を絞めることに気付かないのでしょうかね。
個人的には同様の意見です。あまり振り回されるべきではないのかもしれませんね。

どらっへさん、
中国の品質管理が日本よりも厳しいのであれば、日本もそれにあわせてもいいですよね(笑)たぶん中国の製品は駆逐されるでしょう。

やや右より?のベルさん、
たぶん国家レベルの話では無視すべきではなく、自分たちの意識の問題としては無視しても良いということだったのではないでしょうか。

2006年10月01日 さいごう URL 編集

>過剰に反応しない、揺さ振られないって事なんですよ。
ええ、真意は理解しているつもりです。

今まで中国や韓国には、当事者同士の問題は「話し合い」で解決しようとしてきました。それが当たり前だからです。しかし違法コピーや捏造記事など、交渉によって改善が見られた例は全くありません。
そろそろ日本も「性善説」的な観点を捨てて、特亜三ヶ国とは諸外国と違う対応をすべきだと思います。どうせむこうには改善する気がないのですから、世界各国に向けてヤツラの不誠実さを明らかにすべき段階だと思います。
とは言え、韓国のように米国大統領に告げ口ばかりしては共感は得られません。今回の件なら化粧品の成分分析表を公表するとか、中国の農産物の汚染分析表を公表するとか(出来れば第3国に依頼するほうが望ましい)、国際法廷に提訴するとか、表舞台に引きずり出すのです。出て来なくても日本の正当性はアピール出来ます。
麻生さんには、ぜひ頑張って欲しいですね。

2006年10月02日 やや右より?のベル URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。