スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

人はIT化で忙しくなった?

 IT化によって人は今までやっていたことを短時間でできるようになったのですが、その分やることが多くなっていて時間に余裕ができたとは言えないような気がします。

 ・デジタル時代は「1日43時間」?(IT Media)

 テクノロジーのおかげで、家庭では1日に43時間分の作業ができるようになった――Yahoo!とOMDの「デジタル時代の家庭」調査で明らかになった。

 この調査は16カ国で4500以上の世帯を対象に行ったオンライン調査と、7カ国での家庭内での聞き取り調査とテクノロジー利用調査で構成される。

 調査によると、各家庭が所有するテクノロジーデバイスは平均11台(米国では12台)。テクノロジーにより家族とつながっていられると回答した割合は70%に上り、携帯電話で1日中子どもと連絡を取っている保護者は29%だった。

 またマルチタスクにより、1日に24時間分を超える日常活動が可能になったことが示された。米国の回答者は平均で、睡眠、労働、通勤に加え、電子メール、MP3プレーヤー利用、テキストメッセージング、テレビ視聴などの日常的な活動を1日に43時間分以上行っていた。そのうち、4.5時間は家族と過ごし、3.6時間はインターネット利用、6.4時間は仕事、2.5時間はテレビ視聴、1.2時間は通勤、1時間はIM利用、1.5時間は友人と過ごし、 1.2時間は電子メール利用、1.3時間はラジオ聴取に費やしているという。

 またこの調査では、若い世代のテクノロジー依存が拡大していることも明らかになった。18~34歳の回答者のうち半分以上(55%)が、テクノロジーがなければ「友人や家族と連絡を取り合えないだろう」と答えた。またテクノロジーのおかげで内気さを克服できたと答えた割合は36%に上った。

 さらに調査報告書では「ファミリー2.0」という新たな家族の姿も示している。「ファミリー2.0は昔のホームドラマの家庭像とは違う。今は男性が料理をし、女性が働き、子どもは非常にテクノロジーに詳しいことが多い。父親が常に一番の物知りというわけではない。父親がどのMP3プレーヤーが一番お買い得かを知らず、オンラインで価格や機能を比較している娘が詳しく知っているかもしれない」とYahoo!の販売調査担当副社長ミシェル・マデンスキー氏は述べている。


 個人的にはIT化によって得るものは大きく、特に情報面では大きなメリットを得ています。新聞記事も多面的に見ることができるようになったし、リアルタイム性は日々向上してきています。

 ただ、セキュリティの向上によって若干IT化のメリットがスポイルされたところもありますが、その利便性も後々技術が克服してくれると楽観視しています。

 しかし、3時間かかって得ていた情報が1時間で得られるようになったとしても、残り2時間はゆとりに使われてはいません。どちらかといえば、同じ時間を使って情報の質を高める方に進んでしまいます。

 それはそれでいいのですが、今の状態でも情報の洪水に何とか埋もれないように踏ん張っている状態ですから、これからはどうなるか少々不安です。ひょっとしたら何かのタイミングで「情報ひきこもり」になってしまいそうです。

 これから情報は取捨選択の時代になるはずですが、取り残されないように技術にはついていきたいです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年09月28日 IT トラックバック:- コメント:2

私の場合、忙しくなったというよりは睡眠時間が減ったというのが実感でしょうか。
たくさんの情報が入ってくるようになって、一つの情報では真実を捉らえられないと感じて、色々情報を集めてしまう。正しい判断を下すには必要なんですけどね…翌日寝不足ってのが、辛い今日この頃です。

2006年10月01日 水兵長 URL 編集

私も睡眠時間は1日平均4時間程度です(涙)

2006年10月03日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。