スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【韓国】予想は外れたが中川昭一は政調会長に

 中川昭一はだいぶ韓国人に嫌われているみたいですね。日本人からすれば国益を大事にする優秀な政治家の証明のようなものでしょう。

 ・日 '慰安婦妄言' 右派人士文部科学相有力(聯合ニュース 韓国語)

(東京=聨合ニュース)日帝従軍慰安婦と強制連行を否定する'妄言'をして閣僚としてA級戦犯が合祀された靖国神社に参拜して来た中川昭一日本農林水産省長官が「安倍内閣」の教育に責任負う文部科学相として有力視されて論難が予想される。

24日朝日新聞などによれば、26日発足する次期日本内閣に中川長官の就任が有力であり、特に新政権の最優先課題と思われる教育改革を担当する文部科学相に起用される可能性が浮び上がっている、と複数の関系筋が明らかにした。

中川長官は安倍晋三自民党総裁と一緒に1997年、歴史教科書の記述を直すことを主張して「日本の未来と 歴史教育を考える若手議員の集まり」を結成、代表を引き受けた右派人士だ。

この団体は従軍慰安婦関連記述を中学校教科書から削除することを促して来たし、右翼団体である「新しい歴史教科書をつくる会 」の歪曲教科書出版を後援したことと知られている。

中川長官は1998年7月31日、農水相就任直後の記者会見で「強制連行があったのか、なかったのか分からない。中学校教科書に従軍慰安婦問題が記述されたことも疑問だ」という'妄言'で波紋を投げかけた張本人だ。そうかと思えば去る2001年、日本軍慰安婦問題を扱った日本公営放送NHK特集番組に安倍当時官房長官とともに圧力をかけて内容を変えるようにしたという容疑を受けた。

彼は今年、小泉純一郎総理が'8.15靖国参拜'を強行した時、現役閣僚として参拜した。朝日新聞は、安倍総裁としては歴史教育などに関する認識が近い中川長官を教育改革推進の適任者と判断しているようだと報じた。'安倍政権'は26日召集される定期国会で'愛国心'を強調する内容で教育基本法を改正するという構想だ。


 ところで、まだ私のところでは自民党三役が決まったことを紹介していませんでしたので、記事だけでも紹介しておきます。

 ・中川秀氏の人脈に期待…「安倍自民」三役決定(読売新聞)

 自民党の安倍総裁が25日、新たな幹事長に中川秀直政調会長(森派)の起用を決めたのは、来年の参院選をにらみ、中川秀直氏が持つ党内外の幅広い人脈を生かした挙党体制を構築する狙いがある。

 中川昭一農相(伊吹派)の政調会長、丹羽雄哉・元厚相(丹羽・古賀派)の総務会長などとあわせ、総裁選で安倍氏を派閥単位で支持した各派への「論功行賞」の意味合いもあるようだ。逆に、自主投票とした津島派、山崎派は三役ポストから外れた。

 安倍氏の人事は小泉首相と同様、直前まで漏れることはなく、「安倍流」も「小泉流」の秘密主義を踏襲した格好となった。

 中川秀直氏は、安倍氏がもっとも頼りとする人物の一人だ。25日午前、都内の宿舎で記者団に対し、「幹事長と内々聞いている。(朝)電話をいただいた」と語った。だが、事前の非公式な調整ですでに固まっていたとみられ、中川氏はこれまでも安倍氏と密接に連絡を取り合い、党内情勢を伝えたり、助言したりしてきたという。また、青木参院議員会長や古賀誠・元幹事長、二階俊博経済産業相ら党内実力者ともパイプを持ち、公明党とも政調会長、国会対策委員長時代に築いた人脈がある。

 政調会長に決まった中川昭一氏は、もともと森派の前身の旧三塚派に所属し、安倍氏と同世代であることから安倍氏と親しい。父の故中川一郎・元農相は安倍氏の亡父の晋太郎・元外相の盟友だった。拉致問題や歴史教科書検定問題などで行動を共にしてきており、安倍氏が最も信頼を置く同志の一人だ。教育改革や憲法改正などの政策で安倍氏と考え方を共有しているだけに、こうした政策推進のかじ取り役に期待したとみられる。中川昭一氏は同日朝、「親子二代で安倍晋太郎総裁、晋三総裁の実現を願っていたのでうれしい」と記者団に語った。

 丹羽氏の総務会長起用は、安倍氏支持を派として打ち出した第3派閥の丹羽・古賀派に配慮する狙いもあったとみられる。同派内では昨年秋の内閣改造で党三役・閣僚に派内から一人も起用されなかったことへの不満が根強く、今回の人事で党三役入りを強く希望していた。同派代表の丹羽氏は記者団に「(派を)取りまとめる立場にある者として、率直に申し上げてホッとしている」と述べた。

 一方、国会対策委員長に決まった二階氏については、民主党の小沢代表対策の意味合いがある。二階氏はかつて、自民党旧竹下派から新進党、自由党と小沢氏と行動を共にし、「小沢氏の手の内を熟知している」とされる。小沢氏が来年の参院選で与党の過半数割れを目指して選挙準備を本格化させ、26日召集の臨時国会でも対決姿勢を強めることが予想されるため、二階氏を充てることで民主党をけん制する狙いもあるようだ。


 二階氏の国会対策委員長は、閣僚に採用しなかったというところで評価できますね。特に中国との関係が深いポジションに起用したら最悪の結果に繋がります。

 その他はまだ閣僚が決まっていないのでそれほどコメントすべきこともありません。

 で、最初の記事に戻ると、韓国の評価を考えれば中川昭一氏の期待度はナンバーワンと言うところでしょうか。ポスト安倍も狙えそうな感じです。

 私も経済産業相をしていた頃の中川氏が懐かしいです。後任者が最悪だったので、余計によく感じたところもありますが。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年09月25日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

 まあ、北側が変なポストに付かなかったのはマシなのかもしれないけど、納得できん。

 あと国土交通省や文部科学省の大臣にも中韓が嫌う日本の国益を優先する政治家がなって欲しいですね。

 至極、当たり前のことですけど。

2006年09月25日 どらっへ URL 編集

他国の組閣にケチ付けないで欲しい。
競馬新聞じゃないんだから予想なんかせんでもいいのっ。

2006年09月26日 水兵長 URL 編集

どらっへさん、
今回はなかなか面白そうな人たちが閣僚につきましたね。

水兵長さん、
韓国って日本のことに興味ありますよね(笑)なんだかんだといっていつも日本のことを取り上げます。

2006年10月01日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。