スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

オフィスソフト、完全な模倣でもビジネスに??

 これだけ機能がそっくりでも著作権には触れないと言うのはどういうことでしょう。個人的に興味はありますが、機能が似ているのと互換性を維持したと言うのでは違うと思います。

 ・機能は似てても価格は10分の1--キングソフトがオフィスソフトを発売へ(CNET Japan)

 キングソフトは9月21日、統合オフィスソフト「Kingsoft Office 2007」を2007年1月に発売、先駆けてそのベータ版を11月1日から公開すると発表した。

 Kingsoft Office 2007はマイクロソフトの「Microsoft Office 2003」と操作性やファイル互換性を最大限に近付けたことを特徴としている。

 ワープロソフトである「Kingsoft Writer」と、表計算ソフト「Kingsoft Spreadsheets」、プレゼンテーションソフトの「Kingsoft Presentation」が含まれており、対応するMicrosoft Office製品で作成されたファイルをズレなく表示することや、編集、保存が可能だという。保存形式も、Microsoft Office製品と同じ形式で行える。

 ツールバーの機能の配置などもほぼMicrosoft Officeと同じであるため、操作にとまどうこともないとしている。独自機能としては、PDF出力機能、複数ファイルを開いた場合のタブ表示機能、追加パッチなどの自動アップデート機能が用意されている。セキュリティ機能に関しては、独自のKRM暗号化技術によるパスワード機能付きでのファイル管理が可能だ。

 動作環境はWindows 2000/XPに加え、次期OSであるWindows Vistaにも対応する。アプリケーションサイズはダウンロード時で31Mバイト、インストール時で87Mバイト。

 価格は3製品を含む「Kingsoft Office2007 Standard」が4980円で、プレゼンテーションソフトを含まない「Kingsoft Office2007 Personal」が3480円だ。単体ソフトの個別販売は1980円となっている。なお、ベータ版は2007年3月末日まで無料で公開される予定だ。


 ・「MS Officeにそっくり」が売り 中国から4980円のオフィスソフト(IT Media)

 中国の大手ソフトメーカー・キングソフト(金山軟件)の日本法人・キングソフトは9月21日、マイクロソフトの「Word」「Excel」「PowerPoint」と操作性やファイル互換性を最大限に近づけたという統合オフィスソフト「Kingsoft Office 2007」を発表した。11月1日からオープンβとして無償公開し、来年1月に製品版を4980円(税込み、以下同)ダウンロード方式のみで発売する。

 ワープロソフト「Kingsoft Writer」、表計算ソフト「Kingsoft Spreadsheets」、プレゼンテーションソフト「Kingsoft Presentation」のセット。「価格はマイクロソフトOfficeの10分の1」(日本法人の広沢一郎社長)だが、MS Office製品の機能の約8割は利用できるという。

 WordやExcel、PowerPointで作成した資料が、他社のオフィスソフトよりも忠実に表示できるといい、「.doc」「.xls」「.ppt」形式で保存も可能。ユーザーインタフェースも極力似せており、MS Officeに慣れたユーザーなら迷いなく使えるとしている。

 PDF出力機能や、ファイルをタブで切り替えられる機能などを備えた。ダウンロードサイズは31Mバイト、インストール時は87Mバイトと、容量もコンパクトに抑えている。

 ワープロと表計算だけのセットも3480円で発売。各ソフト単体ならそれぞれ1980円で購入できる。

「そっくりにする以外、方法がない」
 同社はオフィスソフト開発で18年の歴史を持つ(関連記事参照)。中国語オフィスソフト「WPS」は1988年、MS-DOS向けに初代を発売。1994年には中国語専用オフィスソフト市場の90%を占めていた。だが1995年からマイクロソフトがWindowsとOfficeをバンドル販売して以降、WPCのシェアは10%台にまで急落したという。

 新製品は、「中国本社が社運を賭けた」(広沢社長)といい、マイクロソフト製品にあえて似せることでシェア奪還を狙う。中国では昨年9月に「WPS Office 2005」として発売。IT専門誌から「キングソフトのロゴを張ってある以外、見た目はほぼMS Officeと同じ」などと評され、オフィスソフト市場でのシェアも20.22%まで回復した。

 「最初から似せようとしたのではないが、ここまで進んだ独占を打破するには互換路線しかない。MSの攻勢でシェアが激減した上での苦渋の策。独自機能を付けたところでMS Officeとの“違い”としか見てもらえず、ユーザーにとっても不便」――広沢社長は“Officeそっくり”にするしかなかった背景をこう説明する。特許や著作権については、弁理士に相談し、問題ないことを確認済みという。

 中国本社のレイ・ジュンCEOは「独占市場は技術の進化を阻害する。Microsoftに全面的に挑戦したい」と語る。中国政府も支援しており、中国政府機関の56%がWPS Officeを使っているという。会見には中国大使館の科学技術担当者も駆けつけ「キングソフトは中国の情報産業の代表選手の1つ。寡占状態のオフィスソフト市場に風穴を開けたい」などと語った。

セキュリティソフトは無期限ライセンス版も
 年間利用料980円と安価なセキュリティソフト新版「InternetSecurity2007」も、9月21日からダウンロード販売を始めた。最初の6カ月間は無料で利用できる。

 従来のライセンスは1年~5年までの1年刻みだったが、新たに、無期限ライセンスを3900円(税込み)で販売する。同ライセンスは、年内は1980円に割り引くキャンペーンを行う。


 ファイルの互換性を維持することは重要だと思いますし、開いたファイルがレイアウトを崩してしまっては魅力はありません。

 ただ、ユーザーインターフェイスを真似るのはどうでしょうか。ある程度はウィンドウズ上で動くアプリケーションである以上仕方のない部分ではあります。しかし、はっきり言ってこのソフトの目指しているのは「そのもの」です。これがオリジナリティのあるものだと言えるのでしょうか。

 私はオフィススイートをマイクロソフトが独占するのを好ましいとは思いませんが、このソフトを代替品にするのはどうかな、と思います。だったら大人しくうちにあるオフィス2000でも使います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年09月22日 IT トラックバック:- コメント:5

 これってフリーソフトのopenofficeベースのやつ?

2006年09月22日 URL 編集

松下VSジャストシステムの訴訟って何だったんだろうって思います。

2006年09月23日 おいどん URL 編集

ベータ版ならタダだね(笑)

2006年09月23日 worldwalker (・∀・) URL 編集

名無しさん、
これは完全に別物です。あちらはもう少しオリジナリティがありますよ。

おいどんさん、
日本のレベルで中国を考えてはいけないのでしょうね。

worldwalker (・∀・)さん、
無料でoffice2003と同レベルってすご過ぎます(笑)

2006年09月24日 さいごう URL 編集

たしかにご指摘の点はもっともに思います。

その一方で、UI がそっくりだと乗り換えやすいのも事実。企業でMS Office からの乗り換えを考えると、MS Office に慣れてきた大勢の社員の教育コストや生産性の一時低下を抑えられる、といった、現実的な魅力はあるのではないでしょうか(少なくとも私はそう判断します)。

そうはいっても、あまりに、あまりにも同じ、ってどうよ!? ということですかね。もっとなんか工夫はないの、みたいな。まぁ、Kingsoft Office では、MDI をタブ化という工夫は凝らしているようです。

操作(UI)の標準化/共通化とオリジナリティと。難しいテーマなのかもしれませんね。

2006年11月11日 developer-adjust URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。