スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

安倍総裁誕生、課題は対中韓ではなく景気の本格的回復

 とうとう、というか大方の予想通りの結果ですが、自民党総裁選の結果安倍官房長官が次期総裁に指名されました。

 ・安倍氏、総裁選に圧勝…自民党第21代総裁に就任(読売新聞)

 自民党総裁選は20日午後、党員票の開票と党所属国会議員の投開票が行われ、安倍晋三官房長官(51)が第一回投票で全体の66%の票を獲得し、麻生太郎外相(66)、谷垣禎一財務相(61)に圧勝した。その後、党本部で開かれた党大会に代わる両院議員総会で、第21代総裁に選出された。

 同党総裁としては初の戦後生まれで、最年少。安倍氏は、臨時国会が召集される26日の衆参両院本会議で、第90代、57人目の首相に指名され、同日中に新内閣を発足させる見通しだ。

 首相就任時の年齢でも、戦後では田中角栄・元首相の54歳を抜いて最年少となる。

 今回の総裁選は、小泉純一郎首相(党総裁)の任期満了に伴うもので、安倍氏の総裁任期は、2009年9月30日まで。

 開票では、議員票403票と党員票300票のうち、議員票1票が無効となり、有効投票総数は702票。党員投票率は61・5%だった。安倍氏は、国会議員の267票と党員197票の計464票を獲得。麻生氏が136票(議員69、党員67)で2位となり、谷垣氏も102票(議員66、党員36)を集めた。

 安倍氏は所属する森派以外からも幅広い支持を得て、無効1票を除く402票の66%を占めた。党員票でも42都道府県で最多得票となり、都道府県ごとに3~12票割り当てられた「持ち票」計300票の66%を占めた。

 安倍陣営は「国会議員票、党員票ともに70%以上」の目標を立てていたため、「やや伸び悩んだ」との受け止め方もある。麻生氏は20%近い得票で2位となり、重要閣僚や党3役に起用されるとの見方が強まっている。谷垣氏も100票を超える票を集めたことで、「2人とも、『ポスト安倍』に希望をつないだ」との声が出ている。

 安倍氏は両院議員総会であいさつし、「初の戦後生まれの総裁として、理想の炎、改革のたいまつをしっかり受け継いでいくことを宣言する」と決意を表明。

 その後の記者会見で、党役員と閣僚の人事について、「25日に党執行部の構成を決定したい。26日に組閣する考えだ」と述べた。党幹事長には、安倍氏に近い森派の中川秀直政調会長の就任が有力になっている。

 また、甘利明政調会長代理や山本有二経理局長、溝手顕正参院議院運営委員長、若林正俊参院政審会長らが入閣する見通しだ。



 ・安倍氏、戦後生まれ初の自民党総裁に(産経新聞)

 ≪2位麻生氏、3位谷垣氏≫



 小泉純一郎総裁の後継を決める自民党総裁選は20日、国会議員による投票と、党員・党友票を合わせた開票が行われ、安倍晋三官房長官(51)が麻生太郎外相(66)、谷垣禎一財務相(61)を大差で破り、第21代総裁に選出された。投票結果は安倍氏464票、麻生氏136票、谷垣氏102票だった。

 安倍氏は26日召集の臨時国会の衆参両院本会議で第90代首相に指名され、戦後最年少、初の戦後生まれの首相が誕生する。総裁任期は平成21年9月までの3年間。来年夏には、自民、公明両党の与党過半数維持をかけた参院選に臨む。


■改革のたいまつ受け継ぐ


 安倍氏は新総裁選出後の就任あいさつで、「戦後生まれ初の総裁として改革の炎、たいまつを受け継いでいくことを宣言する」と述べた。また、同日夕の記者会見で、臨時国会ではインド洋での給油支援のためのテロ対策特別措置法延長と、教育基本法改正案の処理を最優先する考えを表明した。

 安倍氏は25日、公明党新代表に内定している太田昭宏氏と会談し、自公連立継続と基本政策で合意書を交わす。同日中に幹事長ら党三役を決定し、26日の首相指名選挙で首相に選出された後、同日中に安倍内閣を発足させる。

 総裁選は党所属議員の403票と、約106万人の党員・党友の投票を300票に換算した計703票で争われた。議員票は安倍氏267票、麻生氏69票、谷垣氏66票(無効1票)、党員・党友票は安倍氏197票、麻生氏67票、谷垣氏36票。党員・党友の投票率は61.45%だった。


 読売新聞にもあるのですが、本当に伸び悩んだなぁというイメージです。世論調査などの結果を見れば、7割から8割の支持になるかもしれないと言う予想ですが、結果的には6割強という得票でした。

 まあ、それは直ちに支持率の低下に結びつくのではなく、次への布石としてそれぞれの候補に投票した人物も多いと思われるため、世論調査と同程度の支持を未だに持っていると見て良いでしょう。

 それはともかく、総裁になった以上はほぼ確実に首相になります。そうなれば次に期待されるのは政策面での目新しさですが、その辺りは総裁選の時の公約のままなのでしょうね。

 今日の報道を見ると、各紙とも中韓との関係を修復するのが第一義の様な書き方をしています。仲良くするのは一向に構いませんが、あのような書き方では日本が悪化させている原因のようです。修復するためには双方の努力が必要ですから、その部分をもっと強調しても良いのに、あくまでも首相の手腕に頼っています。その辺りがメディアのいやらしいところです。

 私は首相に期待する政策は対中韓政策ではなく、経済面です。小泉政権で経済は回復したかに見えるのですが、相変わらず中小・零細企業は景気の回復をあまり感じていないのが現状です。失われた中間所得層たちをどうやって回復していくか、そしてニートのような若者をどのように社会に取り組んでいくかが当面の課題だと思います。

 そして、安倍政権が長期政権になった場合、憲法改正と教育制度改革をリーダーシップを取ってやっていけるかが大きな問題となります。このあたりは小泉政権で手をつけなかった部分ですから、安倍政権に期待されるところは大きいです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年09月21日 政治 トラックバック:- コメント:5

本当ですね、今の景気は中小や零細企業へのしわ寄せの結果です。そう大企業のマイナスが...。それといい規制緩和とやりすぎた感のある規制緩和をもう一度見直して欲しいですね。経済はすべて竹中氏に丸投げでしたので、学者的センスでは推し量れない日本の経済、物作りというものを今一度取り戻すために。
いいブレインを抱える事ができれば、きっといい方向を向くはず!
こんなところかな。

2006年09月21日 テツ URL 編集

 正直、中韓なんぞ、放置でも良い。
 日教組とか、必要無い者の排除こそ必要。

2006年09月22日 どらっへ URL 編集

農業、林業、漁業は補助金を使って経験が無い人達に研修をおこなったりと新規参入者に門戸を開いてるようですね。
この業種はかなり高齢化が進んでるようで後継ぎがいないみたいなので、国も若い人達に魅力を感じ力を入れてるみたいです。
このような現状をみると高齢化社会という今の時代は若い人達にとってはチャンスだと思います。
私もこれらに興味を感じ各関連施設などに問い合わせしたところどれもかなり真摯な対応だったと思います。
今の仕事はそこそこの収入なのですが興味を持ってしまった事なので若い今のうちにこそ飛び込んだほうが良いのかと思っているところですw

2006年09月22日 しっぽ URL 編集

今すぐでは有りませんがいずれ私も、しっぽさんのように農家を考えています。
ログハウスで炭焼きや農業で生活するのが夢でもあります。
中韓の問題は必要ではあるでしょうが、先ずは未だに絶えない中小企業の倒産を食い止めましょう。
派遣会社が雇用を支配する格差拡大の捻れた構造も、改善して欲しいですね。正社員による派遣社員への差別も耳にします。
ハローワークへ行っても、派遣会社が求人にかなり進出していると求職中の後輩から聞きました。

2006年09月24日 水兵長 URL 編集

テツ さん、
良いブレインですが、彼は官僚を信用していないそうで、型破りの官僚や民間人を起用するようです。ある意味楽しみです。

どらっへさん、
教育基本法改正は必ずやって欲しいですね。

しっぽさん、
農業は悪くないと思いますね。結局国家の基本は自給自足ですから、その方向性は素晴らしいと思います。

水兵長さん、
今は国家が流動性の高い雇用形態へと移行しているのでしょうが、私は日本に合うとは思っていません。安部政権で買えて欲しいですね。

2006年09月24日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。