スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本はイランに対してどのような態度を取るべきか

 最初から結論を言ってしまいますが、ここだけは米国との距離を置くべきだと思います。ただ、そのための具体策はと言っても難しいですが。

 ・契約解除でも日本に損害 アザデガン油田開発問題(iza)

 イラン南西部のアザデガン油田開発問題で、開発を担当する国営イラン石油公社のノーザリ総裁は18日、日本の国際石油開発に対し、今月末までに開発に着手しなければ「契約は無効になる」と述べるとともに、契約が解除された場合も日本側の投資分をすべて返還することは不可能だと警告した。イラン国内のメディアが伝えた。
 一方、同総裁は中国やロシアとの共同開発の可能性については否定、国際石油開発が撤退した場合は当面、イランが自力で開発するとの考えを示した。総裁は、同油田の開発着手に向けたイラン側の義務はすべて果たしたと強調した。その上で契約が解除された場合も「国際石油開発に何らかの補償はするが、極めて限られたものだ」と述べた。(共同)


 まあ、イランとすれば当然の措置でしょう。そもそも原油産出国にとって石油とは、経済的なメリットをもたらすだけでなく外国的な切り札にもなるのです。

 ところでイランに対する姿勢は、米国とそれに追随する英国、強硬な態度を崩しつつある仏独、イランよりが明確な中ロと簡単に分ければ3つになります。日本にイランとの経済的な関係がなければ米国との協調を当然取るのでしょう。しかし、記事もある油田は日本にとっても大きな問題です。

 イランの原油は日本にとって第3位の輸入国(約14%)で、イランにとっても日本は最大の貿易国です。日本は貿易によって経済が成り立っている以上、このような国は重要です。

 ここまで見れば対応は自ずと決まるのですが、あとは核開発の問題をどう見るかです。アフマディネジャド大統領は宗教指導者側の完全な支持を得られているかは微妙ですが、少なくとも国民の支持は得られているようです。私はイランが中東情勢の鍵を握っているという欧米の論調に完全に賛成ではないのですが、イランが裏でイラクのテロを助長している動きがあるのも確かなようです。

 イランが国際的に独自の立場を築こうとしているときに、核開発やテロ支援を強引に止めさせることが本当に吉と出るのでしょうか。私は間違いなく国際情勢を混沌へと向かわせると思います。もちろん核開発を止めさせるのがまず第一の仕事です。その上で米国の強圧的な態度と一線を画し、イランを軟着陸させるのが重要です。

 また、イランの核開発をこれ以上進展させないために、核の闇市場を事実上無効にしなければなりません。そのために北朝鮮への経済制裁も意味を持ちます。あくまでも核の脅威に直接的に晒している北朝鮮とイランに対して日本が違った立場を取るのは当然です。さらに拉致問題という特殊な事情を抱えているので、なおさら違います。

 そこをよく考えて、日本はイランに対して国際的な協調を求める「仲介役」としての立場が求められていると思います。言うは安しですが、実行はかなり厳しいです。そこは外務省の腕の見せ所でしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年09月20日 中東情勢 トラックバック:- コメント:5

前のハタミ大統領の指導を期待するイラン人は多かったのですが、アフマドネジャディは、革命防衛隊上りのレベルで、普通の人は皆馬鹿にしています。(テヘランのビジネスマンや学生の世界で、田舎ではわかりません。)こんな人物が大統領になれたのは、宗教者の委員会が候補者の是非を決める権利を持っているからです。この政権は非常識なことを
平気でやりかねないので、よほど注意してかからないと、サハリン2の二の舞になりかねません。

2006年09月20日 凡人 URL 編集

中東を的に回すと厄介だというのは、アメリカの失敗を見ているのですから、仲介役として失敗しても良いから恩を売り、ギリギリまでよき理解者として主張を通せれば良いのですが。成功すれば御の字、失敗しても悪者にさえならなければ良いのですから。
この手の損をしない外交はフランスが上手いですね。見習いましょう。
エネルギー問題は死活問題です、真剣に取り組まないとブラックホールのような隣の大国に持って行かれますよ。

2006年09月20日 水兵長 URL 編集

日本とイランの良好な関係は続けていったほうが良いですね。
アメリカは政権が交代したらイランとの関係を修復する可能性は高いと思います。
支持率でも証明されてるとおりブッシュ政権は経済界から相当のプレッシャーがかかってるようです。
イランは油田は世界で五位、天然ガス埋蔵量は二位ですよね。
こんな資源大国をいつまでもほっとけません。
アメリカの現政権をおもんばかって日本がイランに対して振り上げた拳を下ろす場所が無くなってたなんてなったら(もちろん無いと思いますが大袈裟に言えば)、笑い話ではすまなくなってしまいます。
日本が仲介役をとるかそれとも出し抜くか、どちらにせよ度胸次第だと思いますw

2006年09月20日 しっぽ URL 編集

 あと、北朝鮮絡みではキチンと口座を凍結しておくしかないけど、態度を軟化すれば、採油等の技術供与しても良いんだけど。

 ともかく、露助と中国に言い様にされる訳にはいかない。

2006年09月20日 どらっへ URL 編集

凡人さん、
非常に貴重な意見をありがとうございます。しかし国民の一部には受けが良いという記事を見たことがありますが、そのあたりはどうなんでしょうかネ。

水兵長さん、
日本は米国と違ってエネルギーの自給が出来ない国ですから、そのあたりをきちんと外交に反映させないと後で偉いことになりますね。

しっぽさん、
イランと北朝鮮が違うのはこの資源の埋蔵量でしょうね。ブッシュ大統領と墓場まで一緒に行くのは避けたいですから、もう少し資源のことを考えてもらいたいですね。

どらっへさん、
今のままではロシアや中国に日本の権益を奪われることになるでしょうね。

2006年09月24日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。