スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

アレフ、松本死刑囚への信仰を維持する原理主義者

 松本智津夫被告の死刑が確定し、死刑囚となった時点で公安調査庁は立ち入り検査を行ったそうです。今アレフ(旧オウム真理教)は「上祐派」と「反上祐派」が分裂している状態にありますが、どちらも松本智津夫への個人的崇拝はまだ変わっていないようです。

 ・公安調査庁、オウム関連で過去最大の立ち入り検査開始(iza)

 オウム真理教の麻原彰晃死刑囚(51)=本名・松本智津夫=の死刑確定を受け、公安調査庁は16日午前、団体規制法に基づき、警視庁などの協力を得ながら、「南烏山施設」(東京都世田谷区)など全国の教団施設を一斉に立ち入り検査した。
 死刑確定で信者間に不穏な動向がないかを確認するのが目的で、約250人の公安調査官を動員。対象は、事実上の教団本部である南烏山施設や「大阪施設」(大阪市西成区)など全国26カ所の拠点施設。
 全国一斉の立ち入り検査は、麻原死刑囚の1審判決を目前にした平成16年2月と、東京高裁が控訴趣意書の未提出などを理由に控訴棄却を決定した直後の今年4月に続いて3回目。動員などの規模は今回が最大となった。
 教団内部は、上祐史浩代表を中心とするグループと、麻原死刑囚への“帰依”を鮮明にするグループの2派が対立し、分裂状態となっている。麻原死刑囚の死刑確定で先行きはさらに不透明さを増しており、公安調査庁は立ち入り検査で教団内部の状況を把握することにしている。




 ・立ち入り検査、公安調査庁「松本死刑囚崇拝を再確認」(読売新聞)

 オウム真理教の松本智津夫死刑囚(51)の死刑確定を受けて行われた教団施設への一斉立ち入り検査について、公安調査庁は16日午後、検査結果を公表した。

 会見した北田幹直次長は、「事件に対して反省を示しておらず、松本死刑囚崇拝の実態も改めて確認された」と述べた。

 この日、立ち入り検査の対象となったのは16都道府県の計25施設。教団は現在、上祐史浩代表(43)を支持する「上祐派」と、「松本帰依」を強める「反上祐派」が内部分裂状態にあるが、両派の施設で、松本死刑囚の書いた著書や教典、マントラと呼ばれる呪文を録音したCDなどが見つかり、「二つの派に大きな違いは見られなかった」(同庁幹部)という。

 また、死刑が確定した15日、教団幹部が信者に後追い自殺や違法行為を行わないことを求めた文書も、複数の施設で見つかった。

 検査では、信者約200人に聞き取り調査も行ったが、「遺族は『カルマの法則』を知っていれば家族の死を理解できるはず」「ショックを受けた信徒もいるので、今後、影響があるかもしれない」などと回答した幹部もいたという。


 私は政府が破防法を適用しなければならなかった団体が少なくとも2団体あると考えています。ひとつは日本共産党であり、もう一つがオウム真理教です。

 オウム真理教は政府としても「破防法は適用できなくても何か法規制を」と考えて団体規制法を作りましたが、結局甘すぎるんです。日本共産党とオウム真理教に適用できなかった時点で破防法は終わりでしょう。

 それはともかくとして、現在のアレフにオウム真理教のような化学兵器製造能力などの「攻撃力」はないですが、政府の動きに対して反応し、テロへと向かう可能性は否定できないことが今回の立ち入りで判明しました。

 問題なのは松本死刑囚への帰依と団結力が維持されていることです。「上祐派」と「反上祐派」が分裂状態にありますが、それぞれの派内は逆に言えば「純化」されているのです。例えるなら共産党から過激派セクトが生まれていったようなものです。まだまだ危険な状態が回避されている訳ではありません。

 今度死刑執行されるときにひょっとすれば何らかの行動があるかも知れません。しかし、なかったとしても内にこもる情念ほど危険なものはありません。引き続き公安調査庁にはよく観察していただきたいです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年09月17日 宗教 トラックバック:- コメント:5

オウム以前から公安にマークされていた早川なる男が中心に築いた教団です、宗教を騙るエセ教団。松本、地下鉄サリンや各事件の被害者に対する賠償もきちんと行わず、のうのうと活動している事が許せません。
麻原が処刑されれば、殉教だと言い出して二つの派閥の社会への敵対心は、より一層募る事でしょう。何をするか分からないと警戒するのは当然です。
これを機に潰しましょう、宗教は人心を救う心の依り処、悪戯に人を危める物であってはありませんし、危険性が低くなったというだけで無くなった訳では有りません。

2006年09月17日 水兵長 URL 編集

私も宗教が人々の救いである本来の姿に戻るべきだと思います。全てがそうではないですが、新興宗教は怪しいですよね。

2006年09月19日 さいごう URL 編集

今回は別のルートから○正○への入信を勧められました。休暇に食事に誘われた際に遠回しでアプローチ。初めはマルチ商法か?と思いましたよ。
職務の関係上、無下に初っ端から断る訳もいかず、話を聞くだけ聞いてから…「以前にも勧誘を断りました。あなた方の信仰は否定はしませんが、宗教とは国の崩壊や大災害を謳い、人心を不安に陥れたり、他宗教を強く批判するものではないと自分は思いますので」と丁寧に断っておきました。
○本さんに藤○さん、本当に勘弁して下さい。
てな事で私は、益々新興宗教が嫌いになりました。ですから、オウムなんかは直ぐさま解散される事を願っているのです。

2006年09月26日 水兵長 URL 編集

あれだけ大勢の人間を殺害したにも関わらず平和の為と偽り正当化して全く反省をしない態度は絶対に許されない。上裕は俺を逃亡補助と言ったが出鱈目である。謝罪しろ!何の繋がりもない事を認知しろ!また、関与した人間についでも正しく本当の事を警察に報告する義務があると思う。中世古にワルギがある訳ではないなら始めからやるな!俺の責任にするな!何の繋がりもない奴から逃亡補助だと決められて利用されたら激怒するのは当然だよ。本当に何の繋がりもないのだから。反省してないだろ?何故逃亡補助犯を使い逃げるんだ?刑務所を出て車で鬼ごっこしてるのは本当だな!全く反省してる様子はない。どういう神経してるんだ?再発するに決まってる絶対に。警察の方々に厳重な監視体制をお願いします。さっさと自首すべきだ!解散すべきだ!自首しろ!

2007年04月19日 hideonakaseko URL 編集

どういう関係で何をやり、役割分担していたかまで調査していた人達がいる事を信じたい。関与まで調べて熟知されていると確信します。被害にあった人達の方を優先するのが本当だと思います。最高裁判所に出廷する際の英雄気取りは社会を馬鹿にした無知の化け物その者だ!関与した奴らの名前、居場所まで調査されている事を確信します。他人から嘘デタラメな文句は言われたくありません。私、中世古秀生は本当にオウム真理教アレフと何の繋がりもありません。何の関与もありません。誓います。私は自分のキャリアに誇りを持っています。傷を入れる訳にはいきません。この場所は社会に対して意見を言う場であります。嘘か本当か是非調査して下さい。全て本当で全く偽りのない事が分かる筈です。是非協力して下さい。

2007年04月27日 hideonakaseko URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。