スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国、本気で日中関係改善のサイン?

 最近この手の「日中首脳同士の写真」を利用した日中関係改善のサインが何度かありましたが、基本的に完全に信頼する必要は無いと思います。

 ・日中首相の握手写真、ASEMのHPに…中国の要望で(読売新聞)

 小泉首相が出席したヘルシンキでのアジア欧州会議(ASEM)首脳会議の公式ホームページに、首相と中国の温家宝首相が会場内で笑顔で握手した瞬間をとらえた写真が11日、掲載された。

 両首相は、靖国神社参拝問題をめぐって関係が冷え切っているが、10、11両日の会議期間中は場内で非公式に何度か軽くあいさつした。各メディアは握手の瞬間を撮影していなかった。

 ところが、11日は、中国政府の公式カメラマンが至近距離で両首相の握手の瞬間を撮影していたという。ASEM議長国のフィンランド政府によると、同日午後、中国政府から「日本の首相との握手の写真を撮ったので、ASEMホームページに掲載してほしい」と写真提供があり、掲載を決めた。同日、フィンランド政府からヘルシンキ市内で連絡を受けた日本政府筋は「日本との関係改善に意欲を示す中国からの明確なメッセージだと受け止めている」と語った。



 
 この写真がそうなんですが、ASEMの現在のところトップページに来ています。イメージだけで見れば中国政府が非常に積極的に日中関係を改善する努力をしているように見えます。

 私は今回の写真掲載には二つ意味があると思っています。ひとつは、国際社会に「中国は日中関係を良好に保ちたいが、日本が靖国問題でこじれさせている」とイメージを持たせたいからです。ご存じのように中国はあらゆる機会を通じて日中関係悪化の責任は日本にあると発言しています。多分これがその証拠として使われるのでしょう。

 二つ目には、これで日本側に靖国神社参拝を止めさせることが出来れば、何も失わずに日本を妥協させることが出来るという計算があるからです。日本の国内世論はこうしたイメージ戦略に弱く、これだけでもメディアが捉えて宣伝してくれます。小泉首相や安倍官房長官はこれだけで靖国神社参拝を止めようとは思わないでしょうが、世論は政権にとって逆風になりかねません。

 最近の中国は「下手に出て実利を取る」戦略を使っているように見えます。日本は中国にイメージ戦略で後手に回らないように注意が必要ですね。

スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年09月13日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

激しく同意。
こんなものただのポーズに過ぎない。

2006年09月14日 kmura URL 編集

こういうのをツンデレというのか?
とにかく、気持ち悪いので相手にしなくていい。
どうせ何かたくらんでいる。
わが国は決して甘い顔をしてはいけない。
はなしは南京大虐殺記念館を廃止にしてからだ。

2006年09月16日 worldwalker (・∀・) URL 編集

kmuraさん、
こんな写真と靖国神社参拝を天秤にかけるまでもありませんね。

worldwalker (・∀・)さん、
本当にその通りですね。こんな写真よりも靖国神社参拝批判を止め、南京大虐殺という捏造を止めてからですね。

2006年09月17日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。