スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国の情報統制、これで外国メディアにも大きく波及

 中国が恐れているのは国内に国家が関与しない情報網が出来上がることですが、外国メディアに対しても苦々しい思いを持っているようです。中国外務省は関与を否定していますが、そんなことは当然あり得ません。

 ・中国が新たなメディア規制 外国通信社の配信、新華社管理下へ(iza)

 【北京=福島香織】中国国営新華社通信は10日、国務院(内閣)の決定に従って、外国通信社の中国国内における配信を新華社管理下に置き、配信内容に制限をもうけることを定めた「外国通信社中国国内配信記事管理弁法」を発布。同日から施行された。
 同法では、外国通信社やそれに類するニュース配信機関が国内ユーザーと契約する場合、新華社系代理店を通すことを義務付けた。
 また配信記事、写真、図表について、国家統一や主権領土の完全性を損なう▽国家の安全、栄誉を損なう▽中国の宗教政策に反した邪教、迷信の宣伝▽民族団結や民族感情を損なう▽経済、社会秩序を乱す▽中国伝統文化を損なう-などの10項目の内容を禁止。これに違反すれば、警告ののち、通信社の資格を取り消す場合もあるとしている。国内メディアが外国通信社記事を使用する場合も同様の規制が設けられた。


 ・中国外務省、外国通信社の国内配信規制に関与せず(産経新聞)

 【北京=福島香織】中国外務省の秦剛報道官は12日、外国通信社の国内配信を規制する新たな管理弁法(規則)の施行について「健全で秩序あるニュースの伝達を促進し、外国通信社と国内ユーザーの合法権益を守るもの」と説明した上で、「発布者は新華社であり意見があれば新華社に言うように」と述べ、外務省は関与しない姿勢を明確にした。

 また秦報道官は「中国は外国メディアの中国報道を歓迎しており、より多くのサービスと利便性を提供しようと、今後もさらに報道環境を改善していきたい」と述べ、「この弁法は五輪期間の取材活動にはおよばない」と五輪期間中の国内配信は例外扱いにした。

 この弁法については、欧米記者を中心に強い抵抗が起きており、フィンランドのヘルシンキで開かれているアジア欧州会議(ASEM)でも問題視された。ロイター通信によると、バローゾ欧州委員長はASEM閉会後の記者会見で「われわれはあらゆる報道統制、あるいは国家による自由への介入について熟考している」と発言している。


 それにしても中国はこの手の情報統制を繰り返しますが、諸外国の反応は驚くほど静かです。ASEMで欧州各国が批判していますが、ミャンマーへの批判に比べれば雲泥の差があります。

 欧州にしろ米国にしろ、中国との経済的な依存関係があるのも事実ですが、はっきり言えばこのような情報統制を行う中国もそれを黙認する欧米(日本も含んでもいいです)も大して変わりません。

 日本は朝日新聞や毎日新聞のように、政府を批判する勢力に対して偏向報道といえるほど大々的に扱い、一部の外国人の人権だけを過剰に保護する論調の記事ばかり書くメディアに対しても寛容です。どちらが良いとは一概に言えないところに「言論の自由」の限界を感じますが、少なくとも中国の情報統制が外国メディアに波及するとなれば大きく反論の余地はあります。

 中国は情報統制の末にどこに行くのでしょう。結局は自らの破滅に向かっているように思えます。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年09月13日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

>フィンランドのヘルシンキで開かれているアジア欧州会議(ASEM)でも問題視された。
日本の主要メディアも小泉総理の最後の外国訪問だのと具にもならない事ばっかり報道してるんで情報統制(自主規制含む)を受けてますね、
新聞はテレビにくらべてまだマシ(もちろん価格競争はほぼ無いですが)なところもありますがテレビでもっとも影響力ある民放は名ばかりは民放と立派ですが実際は独占市場ですので次の内閣にはメディア改革をして欲しいです。
無理かw。
>中国は情報統制の末にどこに行くのでしょう。結局は自らの破滅に向かっているように見えます。
そのとおりですね、中国は天安門事件を学んでいません。
日本に歴史(嘘の)を学べと言う前に中国こそ歴史(本当の)を学んで欲しいと次の内閣は隣国として言うべきことだと思います。
これは言えそうかなw

2006年09月13日 しっぽ URL 編集

中国は何処へ行くのか、行きたいのか?
破滅する?クーデター?
広過ぎて治めきれないなら、いっその事分けて統治したら?
先人が唱えた「天下三分の計」にプラスワンで。北京、上海、重慶、長安あたりをそれぞれ首都として四つの国に分割したらどうでしょうか?
どこが伸びるかな?

2006年09月14日 水兵長 URL 編集

しっぽさん、
マスコミは小泉首相のことを「政治をショーにした」などと言って批判しますが、私から見ればそれらはマスコミにこそ責任があると思いますね。

水兵長さん、
北京は駄目でしょうね(笑)長安(西安?)もまだまだ開発途上と言ったところでしょうからやはり上海でしょうね。

2006年09月17日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。