スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本海放射能調査、共同調査で妥結か

 外務次官の提案は大胆な提案で、評価は非常に難しいと思います。今後の対応も含めて考慮すれば、合格点といえると思います。

 ・日韓合同の放射能調査提案  谷内次官、戦略対話で(岩手日報)

 外務省の谷内正太郎事務次官が7日までソウルで行われた日韓戦略対話で、竹島(韓国名・独島)周辺海域を含む日本海での日韓両国合同による放射能調査実施を提案したことが8日分かった。日韓関係筋が明らかにした。

 日本単独による当初の調査計画に韓国側が反発したため事態打開を狙った提案。これに対し韓国側は、調査自体の必要性が低いとして難色を示したものの、放射能調査をめぐり摩擦がこれ以上激化する事態は避けるべきだとの考えには同調し、今後も合同調査の可能性も含め協議を継続することになった。

 日本側が提案した合同調査案は、韓国側が自国の排他的経済水域(EEZ)と主張する竹島周辺の海域内にある調査地点は韓国側が調査を行い、その他の海域は日本側が調査するとの内容。


 ・日韓合同実施で基本合意 竹島近海含む放射能調査(共同通信)

 日韓両国政府は8日、竹島(韓国名・独島)近海を含む日本海で日韓合同の放射能調査を実施することで基本合意した。日韓関係筋が明らかにした。
 7日までの日韓外務次官による戦略対話を受けソウルで行われていた実務者レベル協議で、日本が提案した合同調査に韓国側が同意した。
 双方は引き続き調査時期、範囲などについて調整。韓国側は8日の協議で(1)調査地点は日韓で同数とする(2)竹島近海の調査は韓国側が実施する-などを要求し、日本側が最終的な検討を進めている。
 放射能調査は、旧ソ連やロシアがウラジオストク沖の日本海に投棄した放射性廃棄物の影響を調べる目的で、1994、95年には日韓両国などで共同実施。96年以降は日本が単独で行ってきた。


 今回の合意で焦点となるのは、「竹島近海の調査は韓国側が実施する」と言う部分です。

 外務省は共同調査を韓国に申し入れる時点でここまで妥協することを計算に入れていたのでしょう。結果的にこれをどう見るかですが、今回の共同調査単体で見れば、日本にとって良いことなどありません。せいぜい「共同調査を行った」という実績を残すことが出来たくらいです。

 しかし、この実績を元に徐々に竹島周辺海域の調査を日本単独で行えるように運んでいき、さらに韓国が不法占拠している勢力を排除することまで視野に入れ、その上での出発点と考えるなら評価も違います。

 もちろん竹島奪還を数百年かけて行うのであれば意味はありません。少なくとも現実的な数年から十数年のレベルで青写真を描いていないようであれば外務省も失格です。

 そう言った意味で今回の件は評価が非常に難しいですが、まずは合格点でも良いと私は思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年09月09日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

この調査を足掛かりにして、領土問題に真っ正面から踏み込むなら評価できますね。
総裁選の最中、今回はさすがに韓国も今後の関係改善を模索しているならば、NOとは言えなかったのでしょうね。

2006年09月09日 水兵長 URL 編集

今までの行動見てると・・・踏み込まないでしょ。
あとは次期首相の胸三寸ってとこじゃないかと・・
まあすでに官房長官の安陪さんと外務大臣麻生さんだし、続きがあると信じたいですがね~~

2006年09月10日 kmura URL 編集

とりあえず、問題の海域を調査する名分ができた点は評価しましょう。
これを今後の布石として、生かすも殺すも外務省の手腕しだいですね。

建前が”合同調査”であることから、得られたデータは日韓双方で共有するのでしょうか?
下手をすると、向こうの”斜め上な対応”を喰らうことになりそうです。

2006年09月10日 通行人A URL 編集

日本の領土なのに、なんで共同?
アホですか。原則は崩してはいけまい。

2006年09月12日 worldwalker  URL 編集

みなさん、コメントありがとうございます。
この場合の原則は、「竹島の不法占拠を撤退し、領土問題を解決する」ことに異存はないと思います。
今回がその道に進むための一歩で、かつ前進していれば私は評価してもいいと思っています。

皆さんの仰ることは分かりますが、「言うことを聞かなければ武力行使」というやり方はあまりにも乱暴かな、と思った次第です。

2006年09月16日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。