スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本もテロに対しては厳しくあたるべき

 日本の対テロ政策は情報収集の面ではある程度ましになってきていますが、それも外国頼りで捕まえても微罪にしか問えないのが現状です。

 ・テロ捜査 数千人を監視 英捜査当局、TV収録で公表(産経新聞、Yahoo!ニュースより引用)

 【ロンドン=蔭山実】BBCテレビは1日、国際テロ組織、アルカーイダを取り上げたドキュメンタリー番組(3日放送予定)の収録で、ロンドン警視庁の対テロ捜査責任者、ピーター・クラーク氏が「監視しなければいけない人物の数はすでに数千人規模に上っている」と語ったと伝えた。
 クラーク氏は「テロリストやテロ攻撃に加担する者以外にその支援者やテロを奨励する者も含まれている」と話し、テロ捜査の結果から、2001年の米中枢同時テロ以降、海外からのテロリストだけでなく、英国内でもテロ組織が拡大し、テロの脅威を生み出していると強調した。
 英議会の情報安全委員会の報告書によると、英国内でテロに関与している疑いのある人物の数は2001年の段階では250人とされたのが04年夏には500人に増え、昨夏のロンドンでの同時テロの時点では800人と拡大し続けており、英国内のテロの温床の広がりを印象づけている。
 また、クラーク氏は英国の若いイスラム教徒らをイラクに送り込むのを支援している組織も確認したとも語り、多様な組織の存在や活動も明らかになりつつあるようだ。


 イスラム原理主義はキリスト教に対する不信感が根にあるのは確かですが、それをテロ行為によって目的を達成しようとするのには賛成できません。

 日本はかつてはイスラム原理主義も中立的な態度を取る(というか彼らからは無視されていた)事によって脅威から逃れていましたが、9.11以降テロとの戦いを米国とともに宣言し、イスラム原理主義からも注目されることになりました。

 いくつかのテロ組織は日本を標的のひとつと考えているようですが、日本にはイスラム系の人間が目立ちやすく、銃器や火薬類の所持に厳しい面があり、今のところテロの脅威からは隔離されていますが、そのうちイスラム系の人間だけでなく、日本人の中にも浸透させる努力をしてくるでしょうし、いつまでも安全と思うのが間違いです。

 かつて「パレスチナ人民と連帯を」と言って国際的テロ組織となった日本赤軍の過去を忘れてはいけません。日本にもそうした土台はあるのです。

 翻って日本の対テロ情報収集体制は大丈夫なのでしょうか。外国からの情報を頼りにしている部分が非常に多いです。日本国内でもアルカイダ系イスラム教徒が何人か逮捕されていますが、全て外国の情報頼りです。それを追跡できる能力があることは認めますが、日本でもテロにいた類善に怪しい人物を調査できる法体制を整備するとともに、人員の増強なども考えるべきでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年09月04日 政治 トラックバック:- コメント:3

 中央日報だったけ?
 朝鮮人を日本に送り込んで、中から変えるとか寝言を言ってたりするし。

 既に叩き出さなきゃいかん人間を2Fの馬鹿がノービザで入れたりするから、治安が悪くなる。

 当然、これらも含めて、テロリストを取り締まるべき。

 スパイ関連法案が駄目なら、テロ抑止法案でも作って、それで『絡め』て対処すべきですね。

2006年09月05日 どらっへ URL 編集

テロを防ぐには実行前に逮捕するのが最善ですが
捕まえても微罪にしか問えないのではイタチゴッコにもなりません。
テロとの戦いが始まっているのにテロリストを取り締まれないなんて。
スパイ防止法案の成立が望まれます。

現状ではイスラム原理主義よりも
中国・韓国・北朝鮮の三ヶ国の方が
現実的な脅威でしょう。
反日教育で対日感情が悪い国にビザ免除した悪行を正し
免除自体を見直すことからテロ防止を始めて欲しいですね。

2006年09月05日 やや右より?のベル URL 編集

どらっへさん、
スパイ防止法は本当にいつ出来るのか、期待するだけ無駄なんでしょうかね。

やや右より?のベル さん、
日本人は本当におめでたいですよね。この記事に関してもあまり危機感を感じる人が少ないでしょうね。

2006年09月11日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。