スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国、ポータルサイトでメール検閲

 多分反政府行動を恐れてのことでしょうが、これでは逆に政府への反抗意識を強くするだけだと思います。日本でこんな事をしていたら朝日新聞や毎日新聞は今頃存在しないでしょうね。

 ・電子メールの検閲認める 中国大手ポータルサイト(産経新聞)

 1日付中国系香港紙、大公報によると、中国の大手ポータルサイト捜狐網と新浪網の関係者は、両サイト経由の電子メールを検閲し、内容によっては送受信できなくしていると認めた。
 同関係者は、検閲は情報産業省の規定に基づき、規制対象となる「敏感な情報」は時期により異なることなどを明らかにした。

 同紙によると、情報産業省は今年初めから規制を実施。別のサイトでも「メールは敏感な情報を含むため発信を拒否されました」と表示され、送受信できないケースがあるという。(共同)


 すでに中国は反政府活動をこのように厳しく弾圧していかなければ政府の存続すら危うくなっています。反日デモの時も、反政府活動に向かう寸前だったものを携帯電話のメールなどで呼びかけたりして自制を促すとともにネットに規制をかけたのはご存じの通りです。

 中国は日本と同じレベルで生活の自由があると思っては大間違いです。彼らには「政府から与えられた自由」しかなく、当然それを越えて自由を求めることは出来ません。そんなことをすれば拷問の可能性も待っているのです。

 中国は経済の資本主義化を一生懸命行っていますが、政治の民主化は全く行われていません。このような矛盾がいつまで続くのでしょう。もうそろそろ変革が訪れるかもしれません。それが緩やかな改革なのか、革命のような体制転覆なのか分かりません。私は後者の可能性が非常に高いと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年09月01日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:7

 日本の場合は手緩いよ。真面目に。
 スパイを容認しているようなモンだし。

 まあ、中国に関しては情報規制でひと時抑えても、それが逆に破滅への道だと分かっているんだろうか?

 ダムは水(この場合は情報だけど)を貯めておく物だが、無限に溜め込める訳も無い。

 情報が堰をブチ破った時、刃先が向けられるのは中国共産党自身なのにね。
 今のうちにソフトランディングする方法を考えればいいものを。

 こっちとしては媚中派モロとも消えてくれた方が有り難いけど。

2006年09月01日 どらっへ URL 編集

中国で知り合った女子大生にメールしたらつきません。日本からのメールをフィルタリングしているのかも。

2006年09月02日 worldwalker (・∀・) URL 編集

言論弾圧ですね。オリンピックやっちゃいけないんじゃないのかなあ。

2006年09月02日 おいどん URL 編集

資本主義じゃない!!!
中国企業なんて殆ど大手は党の親戚ばっかしじゃないか!!!
せいぜい自動車会社ぐらいじゃないかと・・・w

2006年09月02日 kmura URL 編集

江沢民が死ねば、民主化が加速するかな?軍部の暴走も有り得るなぁ。

2006年09月02日 水兵長 URL 編集

政治の民主化は全く行われず、言論弾圧がまかり通る国で
民族の祭典であるオリンピックが開かれるなんて
未だに信じられません。
ワールドカップですら審判疑惑が付きまとったんですからね。

特に審判が採点するフィギュアスケートや体操など
賄賂が公然と行われる国で開催されれば
どんな結果になるか。
マラソンや水泳だって薬物反応をでっち上げられそうだ。

賄賂を出せない発展途上国のメダルは皆無になるのではないでしょうか?
当然日本も反日感情でメダル激減でしょう。

2006年09月05日 やや右より?のベル URL 編集

どらっへさん、
まあ、中国の方が良いと言うわけではありませんが、日本も考え直すべきですね。

worldwalker (・∀・)さん、
うらやましい話ですが、残念ですね。

おいどんさん、
オリンピックの時は隠し続けるのでしょうね。

kmuraさん、
一部の企業と政府が癒着して、国際標準にはほど遠い中国経済をまだ「資本主義」とは呼べませんね。

水兵長さん、
むしろ胡錦涛になってから情報統制は厳しくなってきた観はありますね。

やや右より?のベルさん、
多分メダルに関してはその可能性は大だと思います。

2006年09月10日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。