スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

米国のビザ発給に対する態度、日本は見習うべき

 日本は韓国に対してビザ免除をしていますが、米国の態度を見習ってもらいたいものです。

 ・韓国人の米ビザ免除に暗雲、条件達成見通し厳しく(聯合ニュース、Yahoo!ニュースより引用)

【ソウル31日聯合】90日以内の短期訪問ビザが免除される米国のビザ免除プログラムの2008年適用を目指す韓国政府の計画に暗雲が立ち込めている。プログラム適用の前提条件となるビザ拒否率3%の達成が危ぶまれているためだ。

 外交通商部が31日に明らかにしたところによると、昨年10月から今年7月末までに韓国人の米国ビザ拒否率は3.5%に達した。年間のビザ拒否率は10月から翌年9月までを基準にしており、8月と9月のビザ拒否率が年間3%未満の達成のカギを握ることになる。当局者によると8月の拒否率は明らかになっていないが、現状では3%の達成を楽観できる状況ではないという。

 米国のビザ免除プログラムは、電子旅券の導入や韓米間の司法共助体制構築などの要件についても充足しなければならず、ビザ拒否率だけが適用の判定基準になるものではない。また、3%という数字も、1年間の記録なのか、2年間の通算記録なのかが明確ではない。このため、韓国政府は今年9月までの1年間で3%を達成し、プログラム適用に向けたその他の作業が進められる来年9月までの1年間でも3%を維持すればビザ免除が適用されるとみている。

 こうした計画の下、ビザ免除の必須要件となっている電子旅券については2008年から発給する方針を固めているほか、米国とともにビザ免除適用に向けたロードマップ作成についても話し合いを進めている。しかし基本要件のビザ免除率すら達成できていないことから政府にも焦りの色が見える。

 米国のビザ免除問題は、昨年11月に慶州で開かれた韓米首脳会談の際に、ブッシュ大統領が同席したライス国務長官に積極的な検討を指示したことで弾みがついた。2005年9月までの1年間のビザ拒否率は3.2%と最低条件に近づいており、米国内でも韓国へのビザ免除には友好的なムードがあることから、拒否権を持つ米国土安全保障省の反対さえなければ2008年には免除適用が可能との見方が強まっていた。


 韓国人のビザ免除に対して外務省から冷静に分析したデータを開示されたことはありません。むしろ法務省の外国人犯罪者発生数、発生率を見ても韓国人にビザを免除するのは適当と思えません。

 米国の態度すら生ぬるいと思います。韓国人が犯罪に関与している数が多いという現実を受け止めることが出来ない外務省はもう少し冷静に物事を判断するようにすべきです。

 これが決断されたのは、韓国と日本が竹島の周辺海域で海洋調査を巡って紛糾していたときです。結局は根拠も薄く、政治的だったと思わざるを得ません。

 本当に日本人が安全に生活できるために何が必要なのかを外務省は考えるべきです。自分たちが特権階級だから国民の生活と乖離しているのではないでしょうか?
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年09月01日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

 真珠湾前夜の宴会といい、ヤツラはヘマばっかりです。
 いい加減、一旦、ぺんぺん草も残らないように潰した方が日本のためですね。

 一から作り直した方が、日本を守れるような気がします。

 しかし、民族が違うと『倫理』も違うとはっきり認識しないと日本の犯罪が増える一方ですね。
 海部の時に止めた朝鮮人の指紋採取は復活させるべきですね。

2006年09月01日 どらっへ URL 編集

自殺行為って知ってるか?
皮肉ってわかってるか?

2006年09月02日 worldwalker (・∀・) URL 編集

犯罪率高い特亜は。。。。
本当にどうにかして欲しい~~

2006年09月02日 kmura URL 編集

どらっへさん、
韓国人に対して優遇しすぎるのは本当に考え物ですよね。

worldwalker (・∀・)さん、
でも麻生さんが韓国人のビザ免除を決定したんですよね。そこが気になります。

kmuraさん、
私も中国と韓国のビザはこれからも継続するべきだと思います。

2006年09月10日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。