スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

安倍・麻生両氏とも憲法改正に真面目に取り組んでもらいたい

 ここのところ総裁選に向けて安倍・麻生・谷垣3氏の政策についての発言が多くなってきました。その中でも安全保障に関する部分は気になるところですが、どの中でも集団的自衛権に関して気になる部分があったのでエントリにしておきます。

 ・集団的自衛権、政府解釈の変更で行使可能へ…麻生外相(読売新聞)

 麻生外相は27日、NHKの報道番組で、集団的自衛権について、「あるのに使えないという解釈をしているわけだから、できるように解釈を変えた方がより現実的だ」と述べ、政府解釈の変更で行使できるようにすべきだとの考えを示した。

 自民党総裁選に立候補を表明している麻生氏は、憲法改正の実現を目指す考えを示しているが、集団的自衛権については、憲法改正とは別に、早期に行使できるよう、議論を進めるべきだとの立場を示したものだ。

 他の総裁選立候補予定者では、谷垣財務相が、長年の政府解釈をふまえ、集団的自衛権を行使できるようにするには憲法改正を経るべきだと主張している。

 安倍官房長官は、政府解釈の変更が望ましいとの立場だが、首相になった場合は、当面は解釈を変更せず、個々のケースごとに集団的自衛権の行使にあたるか否かを事前に判断する意向だ。


 安倍・麻生両氏とも最近は集団的自衛権の行使を「憲法解釈によって乗り切る」ことを主張しています。

 短期的に考えればそれがいいことだと思いますし、憲法がおかしいと言ってしまえば憲法改正しないと集団的自衛権が行使できなくなってしまうので、ある意味二人の考えは悪くはありません。

 しかし、今の憲法の条文を解釈だけで乗り切るには無理がありますし、海外に自衛隊を派遣するたびにいらない反対運動に悩まされることになるのです。

 政府は解釈だけでなんとでもなると思うのでしょうが、実際に人や物を動かす防衛庁など政府機関は、憲法の下の法律を変えられるわけでもなく非常に束縛された状況での派遣を繰り返すことになります。カンボジアでの警察官殉職やイラクでの外交官殉職は国内の憲法解釈が悲劇の一端を担っていると言ってもいいと思います。

 安倍官房長官の言う「自衛隊海外派遣恒久法」や、今回の「集団的自衛権の憲法解釈」は全て事の本質を捉えたものではなく、政治家が自分たちの主張を通りやすくするための「詭弁」です。安全保障を本気で考えるならもう少し根本の部分を変えようとしてもらいたいものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年08月27日 政治 トラックバック:- コメント:5

>>安倍・麻生両氏とも憲法改正に真面目に取り組んでもらいたい

ちゃんとやると思います。

2006年08月28日 worldwalker (・∀・) URL 編集

けど邪魔者が多そうですね
あ~ 全国民がオレに一円ずつ寄付ってくれれば一生あそべるのに

2006年08月28日 あ URL 編集

憲法改正より解釈変更の方が
『早い』のは間違いないでしょう。

ご指摘の通り、今の憲法の条文を解釈だけで乗り切るには
無理があると私も思います。
また、自衛隊の活動が反対運動に悩まされるのも
国家として改善すべきだと思います。

しかしそれでも『改憲』には時間が掛かり過ぎます。
安倍さんの本心は分かりませんが、麻生さんは現実派なので
こういった方法論が出たのではないでしょうか?

ただ、次期総理が濃厚な安倍さんには、あまり持論を出さずに
よく考えてから話して欲しいなぁと思います。

2006年08月29日 やや右より?のベル URL 編集

worldwalker (・∀・)さん、
それを期待はしているんですけどね。

あさん、
1億円では一生遊んでは暮らせないでしょう(笑)

やや右より?のベル さん、
私は原理原則を貫く人が良いと思います。解釈で乗り切ろうという人はあまり信用したくないです。

2006年09月01日 さいごう URL 編集

曖昧な解釈など許さない。非同盟・中立を憲法でうたい。いかなる紛争にも武力を行使しない立場を鮮明にしたら良いのではないでしょうか。なんでもアメリカの御機嫌を伺うみっともない日本をさらすのは、もう勘弁してもらいたいです。

2007年03月26日 シュン URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。