スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

資源を元に強気の主張を繰り返すロシア

 先日起こったロシアによる漁船拿捕・殺害事件は、ロシアという国家の中央で特別に国境警備を厳しくしていたとは考えにくいですが、ここ数年強気のロシア外交は気になります。日本の技術を盗み取るスパイの取り締まりが増えているのも懸念材料です。

 ・露、外交摩擦が激増 資源ナショナリズムの台頭背景(産経新聞)

 【モスクワ=内藤泰朗】ロシアのプーチン政権が推進する経済拡張政策が、欧米など世界各国との外交上の摩擦を引き起こしている。高騰する石油で自信を深める資源ナショナリズムの台頭が背景にはある。ロシア国境警備艇が16日に北方四島周辺で日本漁船に銃撃、死亡者まで出した事件もその一例だ。経済発展で強気のロシアは、今後とも経済拡張を進めてくるのは確実で、周辺諸国との摩擦も増大するものと予測されている。
 ロシアとの摩擦で注目されるのが、同国の世界貿易機関(WTO)への加盟を依然として認めていない米国の動向だ。


 ロシア衛生当局は19日、米国ミシガン州の白鳥に鳥インフルエンザが見つかったとして、同州からの鶏肉の輸入を全面的に禁止。17日には、経済発展貿易省が米国に書簡を送り、10月までにロシアのWTO加盟問題が解決しない場合、両国が昨年6月調印した米国産の鶏肉と牛肉の輸入枠拡大合意を白紙撤回すると一方的に通告した。


 米国側はこれに激しく反応し、「ロシア側が政府間で調印した取り決めを破棄するのなら、WTO交渉は深刻な結果をもたらすことになるだろう」と警告した。


 ロシア側は農産物だけでなく、米ボーイング社製旅客機の購入中止もちらつかせ、両国は「経済戦争」に突入したかにもみえる。核開発を断念しないイランや南米のベネズエラなど反米国家や米国が武器禁輸措置を導入する国々に新型兵器を売却するロシアの姿勢は、米国に対する挑戦と映っている。


 ロシアの経済拡張政策の「最重要商品」であるエネルギーでも、摩擦を広げている。


 ロシアは、ウクライナやバルト諸国などの反ロシア諸国を経由せず、直接天然ガスを大消費地の欧州に供給するために、ロシア北部からバルト海海底を通ってドイツに運ぶ北欧州天然ガスパイプラインの建設を開始、2010年の供給開始を目指す。


 しかし、バルト海に面するバルト諸国に加え、スウェーデンのペーション首相が18日、パイプラインがバルト海の生態系に大きな影響を与えるとして、陸上に計画を変更するようロシアや欧州と協議を開始すると明らかにした。


 ただ、ロシアでは「資源を奪う外国を排除し強国を復活させるべきだ」とする資源ナショナリズムが台頭する。西側外交筋は「プーチン大統領自らがロシア製兵器の優秀さをアピールし拡大に躍起となっており、ロシアの経済拡張政策は最重要外交にもなっている。今後、こうした政策が変更されることは考えられず、ますます摩擦は増え武力紛争に発展するような事態も予測される」と指摘している。


 中国とロシアは共通した外国姿勢を持っています。それは「自国は世界の極であり、米国に対抗するリーダーシップを取る」という点です。イランや北朝鮮への姿勢を見れば一目瞭然だと思います。

 今のところ、ロシアは昔の勢いを完全に復活させたわけではありません。しかし自国の豊富な資源を元に強気の外交を行っているのはここ数年の傾向です。

 ロシアはプーチン大統領になって権威主義的な国家に変化しています。冷戦崩壊から、共産主義→資本主義→権威主義的統制経済という経済上の変化と、全体主義→民主主義→全体主義(的傾向の強い権威主義)という政治上の変化を進めてきました。この結果を見れば分かるようにロシアは政治的にも経済的にも後退しています。「ユコス」社社長のホドルコフスキー氏が逮捕されたのを聞いたときには、ロシアという国家の退化を感じ取りました。

 ただ、ロシアの現状を考えればその辺りは「越えなければならない壁」であり同情すべき点はあるのですが、周辺国である日本から見ると、「強権政治の捌け口になっている」との批判はあります。いっこうに解決しない北方領土問題や先日の漁船拿捕・殺害に関しても、ロシア側の国内事情を外交関係に転嫁しないでもらいたいという怒りはあります。

 日本にとってロシアは江戸時代から樺太を浸食してきたという歴史があります。日本人にとってロシアは「膨張主義的国家」であり、「悩みの種」なのです。ロシアに対して日本が「原理原則を貫く」姿勢を見せなければ日本という国家自体が無くなってしまうでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年08月21日 ロシア トラックバック:- コメント:4

なんとかならないものでしょうか。他国に食と資源を依存している間はいくら技術的に優秀であっても外交では屈辱的な時代が続くと思います。日本の資源政策 次期総理候補に聞いてみたいっす。

2006年08月21日 でこサングン URL 編集

でこサングン さん、
日本は昔からエネルギー資源がアキレス腱となっていましたが、数十年経っても何も変わらないようですね(苦笑)

2006年08月22日 さいごう URL 編集

もう1回日露戦争やるか。
核は使うなよ。

2006年08月23日 worldwalker (・∀・) URL 編集

worldwalker (・∀・)さん、
核は世界の核保有国が自制する中で、北朝鮮とロシアは使いかねないと思います(苦笑)

2006年08月23日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。