スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

故東条英機氏の孫娘が韓国で討論し活躍

 相変わらず韓国人の火病が出たようです。日本人が理性的に話しかけようと思ったらいつもこれですから困ります。

 ・【ソウルからヨボセヨ】 東条さんの健闘(08/19)(産経新聞)

 A級戦犯として処刑された故東条英機首相の孫娘の由布子さん(67)が韓国のテレビに出演し大健闘した。KBS(韓国放送公社)テレビが「8・15」特集番組として13日夜に放送したドキュメンタリー「靖国との戦争-靖国と3人の女性」で、番組の最後に行われた討論の際、靖国神社反対運動を展開している韓国と台湾の女性を相手に静かに堂々と反論を展開し、戦没者慰霊をめぐる日本人の立場と“気持ち”に理解を求めたのだ。

 台湾代表は反日活動家の国会議員で韓国代表は戦没者の遺族。由布子さんはとくに韓国代表に対し「日本人として共に戦って亡くなられたお父さんの御霊(みたま)を靖国神社からはずすなどということを、果たしてお父さんは喜ばれるでしょうか。当時のお父さんの気持ちをもっと大切にしてあげるべきではないでしょうか」と語りかけた。台湾代表は手を振り上げ演説調の日本糾弾に終始し、韓国代表は興奮して座を立ってしまった。

 放送後の視聴者の反応は「日本人の主張には同意しないが討論は日本人の勝ち」というものだった。そして感情むき出しでしか対応できなかった韓国代表に歯ぎしりし「もっとちゃんとした討論者をなぜ出さなかったのか」とテレビ局へのおしかりが多かったとか。(黒田勝弘)


 どうせ台湾の代表も特別な人間を呼んできたのでしょう。番組の意図としては日本の東条由布子氏を囲んで私刑のように責め立てるのを望んでいたのでしょう。

 しかし、きちんと説明すれば韓国人が反論できないことをここでも証明した形になりました。怒るのも良いですが、議論を途中で投げ出すのは、いくら韓国人でも議論に負けたと判断するでしょう。

 韓国でこの手の番組はよくやっているみたいですが、そのたびに韓国人がエキサイトする結末ばかりです。こうやって自分たちの罪深さを認識してくれればいいのですが・・・。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年08月19日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:7

 彼等は何やってるんでしょうかね?
 しかも、台湾のマイノリティーを代表と言うのも変な話です。
 いい加減、自分達がアジアで浮いている事を自覚したらどうでしょうか。
 北の核実験話も出てきた事ですし、そろそろ、ノムヒョンの治世も選択を迫られる時期が来ましたね。

2006年08月19日 どらっへ URL 編集

台湾のマイノリティー代表?
胡散臭さを感じます。
何処かの訴訟代表のように「台湾在住」をあたかも住民代表のように言っているだけかも。

それよりも東条由布子さん。
周りが全て敵で孤立無援の状態にも関わらず、終始理性的に話をしておられたようですね。
全く持って頭が下がる想いです。

2006年08月20日 通行人A URL 編集

どらっへさん、
台湾のマイノリティーということは基本的に「台湾人は靖国神社参拝に賛成」と認めているようなものですよね。

通行人Aさん、
本当にわざわざ出向いてこのような場に出て発言されるのは大変なことだったと思います。私たちは感謝しなければなりませんね。

2006年08月20日 さいごう URL 編集

相変わらずの火病朝鮮人に高砂族といいながら、父親は大陸出身で本人も北京で教育をうけた反日中国人に対して、毅然とした振る舞いをされたそうで感服いたします。高素金梅は台湾では「高砂族の恥」と
ののしられている人物です。彼らは何の根拠も持たず、ただ感情的に怒鳴ればいいと考えてるだけで、理論的に話されても理解できるだけの能力がないことを証明したのでしょうね。

2006年08月22日 Yuki URL 編集

Yukiさん、
日本でも過激派の集会に参加したり、プロ市民が行う違憲裁判に参加したり、よいイメージはないですね。

2006年08月22日 さいごう URL 編集

あいつらとはもともと議論にはならないから。まあ、日本人の存在感を見せ付けたからよかったんじゃないか。

2006年08月23日 worldwalker (・∀・) URL 編集

worldwalker (・∀・)さん、
この繰り返しが重要ですね。

2006年08月23日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。