スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

馬鹿げた不審メール

 本当に馬鹿げた話ですが、タイミングが問題なだけに見てしまう人も結構いたかもしれません。

 ・不審メール「靖国神社参拝速報」届く、情報入手目的?(読売新聞、Yahoo!ニュースより引用)

 小泉首相が靖国神社に参拝した15日以降、「靖国神社参拝速報」などと記した添付ファイル付きのメールが複数の中央省庁職員らに届いていることがわかった。

 ファイルをクリックすると、パソコン内部の保存情報が盗み出されることがあるといい、内閣官房情報セキュリティセンターは、「不審なファイルは開かないで」と注意を呼びかけている。

 同センターによると、確認されているメールは数件あり、海外から送信されている可能性が高いという。メールに添付されているファイル名には、「小泉首相の靖国神社参拝速報」などのタイトルがついている。今のところ、情報流出などの被害は確認されていない。


 これが中国や韓国の攻撃でないと言う保証は全くなく、その可能性も否定できないわけですが、一方で国内の愉快犯ということもあり得ます。

 このニュースから学ぶべきことは全く政治とは無縁ですが、こうしたメールは「対象を限定」し、「そのときの関心事項を話題とする」のが今後の主流になりそうだと言うことです。「そんなのは前からそうだった」と言う人もいるでしょうが、そのキーワードが短ければ数時間のタイミングでマッチングさせてくる可能性も否定できないのです。今回は中央官庁で、平日ですからメールを数時間以内に見る可能性が非常に高いです。このようなねらい方をするメールが今後増える可能性はあると思います。

 もう少しメールの中身を検証して、日本語の使い方などを見て、中継地などを検証すれば中国・韓国からの攻撃かは分かるでしょう。しかし、それ以上に巧妙化する不審メールへの注意が必要だと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年08月19日 靖国神社 トラックバック:- コメント:3

 普通に開くなよ。
 何考えているんだか。(溜め息)

2006年08月19日 どらっへ URL 編集

きちんと出所を追跡して欲しいですね。

2006年08月19日 おいどん URL 編集

どらっへさん、
普通こんなメールが仕事で来るはずはないですよね(苦笑)

おいどんさん、
これって私の予想では国外ではないと思います。

2006年08月20日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。