スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

韓国F-15K、墜落原因はパイロットの意識喪失

 結局予想通りの結果になりました。韓国はボーイングに対して一切請求は出来ず、F-15Kは引き続き納入を続けることになります。

 ・空軍F-15K墜落事故、操縦士の意識喪失が原因(聯合ニュース)

  【ソウル18日聯合】慶尚北道浦項沖で6月7日に墜落した韓国空軍の次期主力戦闘機F-15Kの事故原因は、機体の高度を上げる際にかかった重力に耐えられず操縦士が意識を失ったためだとわかった。空軍の金銀基(キム・ウンギ)参謀次長が18日、明らかにした。

 金次長は、「事故機の機体やエンジンには何の欠陥も見つからなかった」とし、操縦士が飛行高度が下がった状態を修正する時に重力加速度(G)のために意識喪失(G-LOC)し海上に墜落したと説明した。G-LOCは、戦闘機の出力速度が一般人が耐えられる6Gより高い7~9Gまで上昇した場合に、操縦士の脳を流れる血液量が減少することで一時的に発生する現象を指す。

 2人の操縦士が同時に意識を喪失したとする空軍側の説明に対し、理解できないとの見方もある。しかし空軍は、今回の事故は機体やエンジンの欠陥でも操縦士のミスによるものでもないとの判断している。そのため、機体やエンジンメーカーに戦闘機価格約1000億ウォンの賠償も請求できなくなった。

 空軍は事故の再発防止を目指し、操縦士の航空生理訓練体系を補完するとともに新型G-LOC訓練装備を導入する計画だ。操縦士全員を対象に今回の事故原因と再発防止策について教育も実施する。また、F-15Kの飛行訓練は21日から再開し、任務の難易度は段階的に高めることにした。

 金次長は、合計40機を導入するF-15K戦力化計画について、計画通りに進める方針を示した。F-15Kは、墜落機を含めこれまで6機が導入された。


 9G程度の重力加速度は日本でもぎりぎりと言われています。今回の墜落したF-15Kがどの程度のGをかけたのかは分かりませんが、多分それ以上でしょう。日本人と韓国人の差はほとんど無いため、韓国人のパイロットが日本と同程度のGで意識を失うとは考えにくいです。

 ただ、今回のテスト飛行でどのような訓練をしていたかは疑問として残ります。限界まで性能を試験しようとして、パイロットがついていかなかったとなればお寒い話です。

 まあ、韓国にとってはF-15Kが悪くなかっただけありがたいと思うしかないでしょう。これから何十機も納入するのに欠陥が分かってしまったらすごい損失になりますから。

 それにしてもブラックボックスを回収できずに事故原因を突き止められたのは正直言って驚きました。しかし、その反面「本当かな?」という気持ちもあります。詳しくは事故調査報告を見ていないので分かりません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年08月18日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

 仮にブラックボックスが見付かってなくても、見つけても報告してなくてもパイロットが乗りこなせない戦闘機なんか、購入して何になるんだろう。

 朝鮮人の考える事は分からん。

2006年08月18日 どらっへ URL 編集

多分この戦闘機は韓国人には上等すぎるものかもしれませんが、射撃システムがほぼ欠陥品と言っていい代物ですから、あまり役には立たないでしょうね。

2006年08月19日 さいごう URL 編集

自分も墜落した機体に関して「引き上げに成功した」という記事を見た記憶がありません。
にも関わらず、何故「事故機の機体やエンジンには何の欠陥も見つからなかった」と言い切れるのか?
通常ブラックボックス(BB)は簡単にはなくならないように設置されると聞くのに・・・。
アニメに出てくるような恐ろしく詳細なデータリンクでもしていたのでしょうか?
それとも基地との交信記録からの判断なのか?

G-LOCかどうかは基地が詳しくレーダーで追跡をしていれば解析可能だと思うのですが、それかどうかも記事からは解りませんね。
そこらへんを知りたいところです。


某要塞シリーズでは”G-LOCしそうになる急旋回は回避の最後の手段”だそうです。

2006年08月20日 通行人A URL 編集

通行人Aさん、
確か一部の引き上げは行われているようで、そこから引き出された「推定原因」だと思います。

2006年08月20日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。