スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

靖国反対行動に騙されるな!

 読売新聞では8月14日夜に「平和の灯を!ヤスクニの闇へ」という集会を市民グループが開催したという記事が出ています。しかし、これは市民グループでなく、過激派主催による集会です。そこのところを新聞社すらも誤解しています。

 ・「平和の灯を!ヤスクニの闇へ」市民グループが集会(読売新聞)

 終戦記念日を前に、小泉首相の靖国神社参拝に反対する市民グループのメンバーら約1000人が14日夜、東京・新宿区の明治公園で、ろうそくに灯をともして「YASUKUNI NO」の人文字(縦約35メートル、横約80メートル)を作り、参拝の中止を強く訴えた。

 このイベントは、「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動実行委員会」の主催。同委員会がパンフレットやチラシを配布したり、シンポジウムを開催し、市民グループ以外の参加者も募ったという。

 台東区の大学3年生、渡辺沙織さん(21)は、ゼミの仲間に誘われてゼミ生10人で参加。渡辺さんは、「靖国問題は様々な立場から議論がされており、複雑な問題になってしまっている。一人ひとりが靖国神社とは何なのかを考える機会になればと思って参加した」と話していた。


 この集会を呼びかけている団体のページにこのようなものがあります。

 ・よびかけ:「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」(週刊かけはし)

 この「週刊かけはし」を出しているところは「日本革命的共産主義者同盟(JRCL)中央委員会」というところで、いわゆる第4インターと言うところです。過激派の中でも中核派や革マル派と根本は同じ「革共同」と言うところで立派な過激派です。

 こんな団体が開催している集会を「市民グループ」と呼ぶには語弊があるのではないでしょうか。また、それを新聞記事にする読売新聞のモラルが問われると思います。

 ちなみに中国情報局ではこのような記事を紹介しています。

 ・新華社「小泉首相の靖国参拝反対、日台韓が合同デモ」(中国情報局)

 8月15日の「終戦記念日」を前に、新華社は靖国神社周辺で小泉純一郎首相の靖国神社参拝に反対するデモが行われたことを紹介した。13日夜に実施されたデモには日本及び韓国、台湾から約1000人が参加し、さまざまな立場の人が首相の靖国神社参拝に反対していることを強調した。

  新華社は14日付で、デモに関して台湾、韓国、日本からの参加者から1人ずつを選び、それぞれの主張を伝える形で構成した記事を配信した。

  台湾からの出席者である高金素梅氏については、まず彼女が「台湾原住民」であることを紹介し、第二次世界大戦により戦死した台湾原住民の靖国神社からの分祀を求めていることを伝えた。また、アジアに平和をもたらすために、日本政府は歴史に正しく向き合う必要があるという主張も紹介した。

  また韓国国会議員の金希宣氏は、小泉首相の靖国神社参拝に反対する理由として「日本は過去の侵略の歴史を反省しないばかりか、靖国神社ではA級戦犯を英霊として祭っている。これは、かつて日本の軍国主義に踏みにじられたアジア諸国の人々に対する冒瀆(ぼうとく)である」と述べたことを伝えた。

  更に、東京大学の高橋哲哉教授が、「小泉首相が靖国神社に5回も参拝したことは、日本の憲法にある政教分離の原則に反している」と、日本国内の法体系からみても、首相の靖国神社参拝は許されないと主張していることを紹介。

  「最近になり小泉首相は再び参拝すると公言している。このような挑発的な発言に、人々は憤慨している。参拝を絶対に阻止しなければならない」という高橋教授の発言を続け、首相の靖国神社参拝に多くの人々が強く反対していることを強調した。

  中国メディアはこれまでも、日本国内に首相の靖国神社参拝に反対する人々が多く存在することを強調する報道を続けてきた。逆に、靖国神社を参拝する政府首脳やそれを支持する人は「一部の右翼」と紹介している。日本との関係を好転させる政治環境が整ったと中国政府が判断した際に、国内に向けて「大部分の日本人は歴史を正しく理解し、一貫して日中友好を望んでいた」と説明するための材料を担保していると考えてよい。(編集担当:如月隼人)


 中国は日本の過激派と結託しているか、過激派を利用して日本国内外に靖国神社参拝反対運動が盛り上がっているかのような記事を書いています。私は日本のマスコミ、中国政府とマスコミ、日本の過激派、全ては批判を受けるべきだと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年08月14日 靖国神社 トラックバック:- コメント:9

 本当にマスコミはいい加減だな。
今も報ステで靖国の話をしてるがどうしても、靖国を潰したい様な気がする。

2006年08月14日 どらっへ URL 編集

人間なら驚かないです、過激派=右翼みたいなアホなレッテルにはあきましたw

2006年08月15日 kmura URL 編集

「昭和戦争」の責任
というタイトルで、13・15と二日に渡って左に急旋回した記事を、見開きで載せています。案外、その記事も意図的に『市民グループ』としたのかも知れませんよ。

2006年08月15日 のの♪ URL 編集

日本のマスコミも冷戦崩壊以降の変革が行われていない組織のひとつですよね。
いまだに議論の軸が「東大紛争、浅間山荘事件」からそんなに進歩していないようです・・・というよりも進歩したくないのかな?
このままでは自分たちの論点(こだわり)は時代遅れになってしまうという焦りから、中国、韓国の反日が自分たちの持っている反体制にオーバーラップして見える。もしくはむりやり見てしまう。
もうひとつ、「売れるものを出すしかない」という瓦版屋的な物言いもありますねえ。

結果としていつもなら8月15日前後だけの論点で終わる問題が、半年以上続いているわけです。日教組どもによる「歪曲教育」に厳に注意!!

2006年08月15日 あきら URL 編集

市民グループと名乗る団体にまともな人はいませんね。

>台東区の大学3年生、渡辺沙織さん(21)は、ゼミの仲間に誘われてゼミ生10人で参加。
本来なら誘われた人ではなく、誘った人がコメントするべきでしょう?でもそういう人は表に出たくないから、こんな名前や年齢まで書かれるインタビューには答えないよね(笑)。
まあマスコミも反体制の話題を提供してくれる過激派を困らせるような事はしたくないし、特亜以外のアジア諸国の意見を取上げる気もないからね。

2006年08月15日 やや右より?のベル URL 編集

何せ勉強不足なもので。
しかし 靖国参拝に反対しているのは見事に 支那朝鮮&マスコミだけなのですね。分布図を見て愕然としました。

2006年08月15日 でこサングン URL 編集

どらっへさん、
多くのメディアは靖国神社を悪者にして議論を盛り上げたいだけでしょうね。

kmuraさん、
今の過激派は単純に暴力に訴えるのではなく巧妙になっています。その分昔よりたちが悪いかもしれませんね。

のの♪さん、
確かに読売新聞の記事は見ていると洗脳されそうな記事ばかりでした。最近は読売を見る気も失せてきました。

あきらさん、
日教組の行為は万死に値しますし、今後も日教組を生かしておくことは日本にとってよくありませんね。

やや右より?のベル さん、
ちょっと調べれば分かるような過激派の活動を「市民グループ」と呼ぶようでは日本の新聞のレベルが低いか、意図的にそうやって報道したかどちらかでしょうね。

でこサングン さん、
コメントありがとうございます。この程度のネタであれば、そのうちもっと色々とブログに書いていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

2006年08月16日 さいごう URL 編集

市民グループって市民のグループじゃないよな(笑)
市民のフリした反動反国家主義者たちだ。

2006年08月18日 worldwalker (・∀・) URL 編集

大抵「市民運動家」とか「市民グループ」ってそう言う人たちなんですよね(苦笑)

2006年08月18日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。