スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

大使の仕事を勘違いする阿南前中国大使

 外務省の役人って本当に勘違いしている人が多いです。特にこの行為は、中国の意見の代弁者でしかない振る舞いです。

 ・阿南前大使、首相に参拝中止要請 昨夏に異例の公電(産経新聞)

 阿南惟茂前駐中国大使が在任中の昨年の終戦記念日を前に、小泉純一郎首相に対し靖国神社参拝を中止するよう要請する公電を打っていたことが11日、明らかになった。現職大使がこうした形で首相に意見具申するのは異例。公電は外務省を通じ首相官邸に届けられたが、小泉首相は10月17日、参拝に踏み切った。
 阿南氏は同省アジア局長などを歴任、対中関係を重視する「チャイナスクール」の筆頭格で、昭和20年、ポツダム宣言受諾に反対し自決した故阿南惟幾陸相の子息。

 公電を打った日時は明確ではないが、昨年7月前後とみられる。内容は(1)中国側にとって(昨年は)「抗日戦争勝利60周年」にあたる(2)(昨年前半から)デモが頻発するなど中国国民の反日感情が高ぶっている―などを理由に小泉首相に参拝を中止するよう求めている。外務省は首相あてだったため、そのまま首相官邸に伝えた、という。


 大使という役目は、その国に置ける日本政府の代理人としての地位がある程度は認められています。しかし、だからこそ本国の政策に沿った行動が求められます。

 彼の行為は大使としての身分をわきまえていない行為ですが、その一方で「中国の国益を代弁する」行為でもあります。中国政府からこのような内容で抗議されたのなら、そのままの内容を本国に伝えるのが正しいとは思います。(ただし、在日中国大使の王毅氏はそれすらもしていませんが)しかし、大使が自分の意見として中国の意見を代弁するのは完全に間違っています。

 この記事にも出てきますが、前大使の父親は立派な人でした。それに対してこの人は、瀋陽総領事館への北朝鮮人亡命事件など数々の問題を起こし、挙げ句の果てに反日デモで中国を恐れて参拝中止を要請する始末です。こんな人が大使になったこと自体が問題です。本当に最悪な人間が大使になったものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年08月12日 靖国神社 トラックバック:- コメント:6

このひとの息子は、人民軍の高官の娘と結婚をしています。日中国交正常化以来、そのことは違法ではありませんが、決して褒められることではないとおもいます。李下に冠を正さず。

2006年08月12日 URL 編集

 本当にスパイ防止法が必要な時期が来てますね。
 いい加減、外務省は制圧すべきです。
 日本の外務省じゃないですから。

2006年08月12日 どらっへ URL 編集

この所特定亜細亜からの毒電波が頻繁に放射されているせいか、どうしても穿った見方をしてしまう通行人Aです。

今回もひねくれた見方をしてみますと、この様な大使がいるのも中国政府の意向が存分に働いているという証拠ではないでしょうか?
つまり
「我々の意向を汲み取って日本に情報を流す人物でなければいらない」
「大使としての(本来の)仕事をする人物ならばお帰りいただく」
思いついただけでもまだまだありますが、日本がなめられているのには変わりはありません。

2006年08月13日 通行人A URL 編集

名無しさん、
コメントありがとうございます。
それは知りませんでした。なおさら中国との関係が疑われるというものですね。

どらっへさん、
その通りですね。日本の主権を侵害する外務省ですから。

通行人Aさん、
日本のメディアが毒されているところが非常に問題ですが、中国は通行人Aさんの仰るような行為をしていても不思議ではないですね。

2006年08月13日 さいごう URL 編集

大使代えて正解だな。今度の大使はなかなかいいみたいだね。

2006年08月18日 worldwalker (・∀・) URL 編集

一応きちんと中国に抗議しているようですね。

2006年08月18日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。