スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

若手議員からの靖国神社参拝賛成の声

 こういった行動はどんどんやってもらいたいものです。最近ではA級戦犯分祀もしくは靖国神社特殊法人化あたりにばかり焦点が当たっていて、一部の売国議員の声ばかりがメディアに反映されています。こうした状況を変えていく意味でも評価できることではないでしょうか。

 ・次期首相も靖国参拝を=A級戦犯分祀に反対-自民若手が提言(時事通信、Yahoo!ニュースより引用)

 自民党の「靖国参拝を支持する若手国会議員の会」(会長・今津寛衆院議員)は11日午前、衆院議員会館で総会を開き、首相の靖国神社参拝を求める提言をまとめた。次期首相に対し、「自らの言葉で談話を発し、靖国参拝の意義を内外に示すべきだ」としている。
 提言は、首相の靖国参拝を「憲法の政教分離規定に違反しない」と指摘するとともに、参拝の時期、形式に関しては「首相の判断に委ねる」とした。小泉純一郎首相の靖国参拝を批判している中韓両国との関係に関しては「一層の努力を傾注して理解を求める姿勢を示し続けることが必要だ」と強調した。
 一方、A級戦犯分祀(ぶんし)について「靖国神社が否定している限り、政府主導の分祀は信教の自由を侵し、なし得ない」と反対の立場を示し、国立の戦没者追悼施設建設に関しても「意義は乏しい」と反対している。 


 主張していることは至極もっともですし、私の考えとも同じです。残念なのはこうした考えの総裁候補がいないことです。安倍官房長官は同じように考えているかもしれませんが、中国韓国に配慮して参拝を明言していません。

 まさにこうしたところで毅然とした態度を取ることが出来る人にこそ総裁・首相になってもらいたいです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年08月11日 靖国神社 トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。