スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

靖国神社参拝、中国に利用される朝日新聞

 もう本当に朝日新聞の記事を見ていると、ここまで中国の機関誌になり果てたかと思うほどの出来映えです。靖国神社参拝を批判するのに「A級戦犯」の話と「政教分離」を出すのって中国の考えそのものでしょう。

 ・靖国参拝 嘆かわしい首相の論法(朝日新聞社説)

 靖国神社参拝にこだわり続けた5年間の、小泉首相なりの最終答案ということなのか。それにしては、なんともお粗末と言うほかない。

 3日付で配信された小泉内閣メールマガジンで、首相は年に1度の参拝に改めて意欲を示した。

 そのなかで「私の靖国参拝を批判しているマスコミや有識者、一部の国」に、こう反論している。「戦没者に対して、敬意と感謝の気持ちを表すことはよいことなのか、悪いことなのか」

 悪いなどとは言っていない。私たちを含め、首相の靖国参拝に反対、あるいは慎重な考えを持つ人々を、あたかも戦没者の追悼そのものに反対するかのようにすり替えるのはやめてもらいたい。

 首相はこうも述べている。「私を批判するマスコミや識者の意見を突き詰めていくと、中国が反対しているから靖国参拝はやめた方がいい、中国の嫌がることはしない方がいいということになる」

 これもはなはだしい曲解である。

 日本がかつて侵略し、植民地支配した中国や韓国がA級戦犯を合祀(ごうし)した靖国神社への首相の参拝に反発している。その思いにどう応えるかは、靖国問題を考えるうえで欠かすことのできない視点だ。

 ただ、それは私たちが参拝に反対する理由のひとつに過ぎない。首相の論法はそれを無理やり中国に限定し、「中国なにするものぞ」という人々の気分と結びつけようとする。偏狭なナショナリズムをあおるかのような言動は、一国の首相として何よりも避けるべきことだ。

 その半面、首相が語ろうとしないことがある。あの戦争を計画・実行し、多くの日本国民を死なせ、アジアの人々に多大な犠牲を強いた指導者を祀(まつ)る神社に、首相が参拝することの意味である。

 戦争の過ちと責任を認め、その過去と決別することが、戦後日本の再出発の原点だ。国を代表する首相の靖国参拝は、その原点を揺るがせてしまう。だから、私たちは反対しているのである。

 昭和天皇がA級戦犯の合祀に不快感を抱き、それが原因で参拝をやめたという側近の記録が明らかになった。国民統合の象徴として、自らの行動の重みを考えてのことだったのだろう。もとより中国などが反発する前の決断だった。

 国政の最高責任者である首相には、さらに慎重な判断が求められる。

 憲法に関する首相の強引な解釈もいただけない。憲法20条の政教分離原則は素通りして、19条の思想・良心の自由を引き合いに、こう主張した。「どのようなかたちで哀悼の誠を捧(ささ)げるのか、これは個人の自由だと思う」

 19条の規定は、国家権力からの個人の自由を保障するためのものだ。国家権力をもつ首相が何をやろうと自由、ということを定めた規定ではない。

 こんなずさんな論法で、6度目の参拝に踏み切ろうというのだろうか。15日の終戦記念日に行くとも取りざたされるが、私たちはもちろん反対である。


 「偏狭なナショナリズムを煽るかのような言動」と言って問題をすり替えようとしていますが、明らかに中国を意識させようとしているのは朝日・毎日・日経だけです。中国や韓国以外に反対する記事をほとんど見かけない(申し訳程度にたまに掲載される)のはその証拠です。

 そして、A級戦犯の合祀にだけ反対しているわけではないといいながら、結局はその点に帰結している論理もおかしなものです。

 その半面、首相が語ろうとしないことがある。あの戦争を計画・実行し、多くの日本国民を死なせ、アジアの人々に多大な犠牲を強いた指導者を祀(まつ)る神社に、首相が参拝することの意味である。


 このように述べていますが、これってA級戦犯の合祀のことを言っているのは明確です。なんだかんだ言ってここから離れられない粘着質なところは非常に朝日新聞らしいです。

 また、朝日新聞はこれで足りないと思ったのか、昭和天皇の発言(と一部が言っている)メモのことを取りだして昭和天皇を政治利用しています。

 何とも非常に情けないお寒い限りの社説です。こんな理由が本当に首相への反論となると思っているのでしょうか。

 昨日は安倍官房長官が4月に靖国神社に参拝したという報道がありました。別に結構なことではありませんか。それ見たことかと中国・韓国の反応を紹介したり、「靖国神社参拝しません」と明言した総裁候補や野党の発言集めに精一杯なマスコミには本当にがっかりさせられます。日本は精神的に独立国となれていないようです。

 内政干渉や天皇陛下の政治利用から離れたところで、安らかに英霊が眠っていただける環境を早く実現していただきたいものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年08月05日 朝日新聞 トラックバック:- コメント:6

何も言う事はない。
お粗末すぎる。

2006年08月05日 DRACHE URL 編集

あの戦争を計画、実行?朝日新聞のスパイさんが計画に加担しただけで日本政府の政権何回変ってるのか調べてみろ、計画する暇なんか有る訳無いだろう。
こんな事を何時までも同じ論調で繰り返す、これをバカ丸出して言うのだけど気がつかないだろうな。

2006年08月05日 三笠 URL 編集

もう「反日新聞社」でハッキリさせよう。

2006年08月05日 煬帝 URL 編集

朝日には、言い続けていれば現実になる。そういう願望があるんだろう。このような反日謀略機関紙を存続させていてはいけない。このような新聞が日本の新聞の主流であってはいけない。

2006年08月05日 worldwalker (・∀・) URL 編集

DRACHEさん、
本当に他の新聞と比べると朝日新聞のレベルの低さがよく分かります。

三笠さん、
いつも同じ論調で、しかもその論理が破綻している朝日にはいつも失望させられます。

煬帝さん、
「朝日(ちょうにち)新聞」でもいいんですけどね(笑)

worldwalker (・∀・)さん、
もうかなり部数が減になっているはずですよね(笑)いいことです。

2006年08月06日 さいごう URL 編集

トラバさせていただきました。

2006年08月15日 CU URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。