スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

F-15Kブラックボックス回収は出来ず回収作業終了か

 結局機体回収は出来ず引き上げ作業は終了するようです。このままでは原因究明は出来ないことになるのですが、そうなると韓国政府は莫大な金をボーイング社に支払わなければならないでしょう。

 ・【F-15K墜落】ブラックボックス回収ならず (朝鮮日報)

 今年6月7日に東海(日本海)で墜落したF-15K戦闘機の事故原因が究明できると期待されていた「ブラックボックス(ECSMU)」の回収作業が、結局失敗に終わった。

 空軍は3日、「事故海域で46回にわたり海底の泥まで掘り返し、ECSMUを探してみたが、結局見つからなかった」とし、「F-15K戦闘機の残がい引き揚げ作業は今月2日に事実上終了した」と話した。

 空軍は、これまでの引き揚げ作業でボックス(60×45×40センチ)130個分の機体の残がいを回収している。

 この中には事故の原因究明につながると思われる燃料ポンプやエンジンブレードの破片、飛行記録装置(DVR)などが含まれている、と空軍は説明している。

張一鉉(チャン・イルヒョン)記者


 色々な残骸を回収しているようですが、最終的に原因が究明できるかどうかは疑問です。韓国としては、原因究明できなければ当然F-15K導入を継続しなければならない(もちろん莫大な契約金を放棄すれば中止も可能です)し、原因究明出来たとしても韓国空軍の過失であればボーイング社から得られるものは何もありません。

 唯一彼らが有利にこの件を終了させることが出来るのは、「原因究明に決定的となる証拠が見つかり、韓国空軍に過失がないことが証明出来た」時だけです。そのために特に必要だったブラックボックスの回収も出来なかったようです。

 この件はいつもの韓国人のパターンのように「最初は激しく抗議し、終わってみると自分たちに責任の大半があった」という形で終結しそうです。最初はボーイングの提訴なども考慮しているかのような報道さえありましたが、所詮この程度なんですね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年08月04日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:8

この事故尾翼が壊れてたの知ってて飛ばしたみたいな記事が朝鮮日報にあったような・・・、いいがからは韓国のお家芸w

2006年08月05日 kmura URL 編集

これで指揮統帥権を欲しがってるのが凄いですね。

昔SFXでアメリカと揉めてた頃の日本にも及ばないのに。

2006年08月05日 煬帝 URL 編集

ブラックボックスが海に落ちりゃ探せない、飛行機と別々に落ちたんだろうか技術技術と騒ぐ割に抜けてるんだね。

2006年08月05日 三笠 URL 編集

穿った見方をすれば、「既にブラックボックスは回収されていて密かに解析中」だったりして。

韓国に非が無いことの証明は出来ないが、リバースエンジニアリングで得られる情報の価値には計り知れないものがある。

そういえば以前にありましたよね?
BBかち割って解析したのがバレタ事件・・・・。

2006年08月05日 通行人A URL 編集

落ち着く所に落ち着いたか。

2006年08月05日 DRACHE URL 編集

もう一度火病って提訴する方に1000ウォン。

2006年08月05日 worldwalker (・∀・) URL 編集

kmuraさん、
ろくな整備能力がなかったのでしょうね。

煬帝さん、
サルベージも出来ない技術力ですから(笑)

三笠さん、
多分まだ機体についたままでしょうから、サルベージしなければ取れないでしょうね。

通行人Aさん、
コメントありがとうございます。
多分韓国の技術力では回収は難しいと思います。せいぜい周辺の砂を救っているだけでしょう。
ただ、彼らはそんなに倫理観はないでしょうから、引き上げたらやりかねないですね。

DRACHEさん、
そうですね、予定通りです(笑)

worldwalker (・∀・)さん、
その手もありますね(笑)
そして逆に多額の賠償金を払うことになる(笑)

2006年08月06日 さいごう URL 編集

『落ち』て『オチ』つくなんて笑えやしない。

 昼間は携帯だと不便でいかん。

2006年08月06日 どらっへ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。