スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

金正日、どこに行った?もう1ヶ月になります

 なかなか出てこないと思っていたらもう1ヶ月になるんですね。もしかしたらお隣に亡命しているのではないでしょうね。

 ・金総書記、1カ月目「隠とん」の背景に注目(中央日報)

ミサイルを打ち上げて以降、北朝鮮が内部体制をさらに強化している。連日し、北朝鮮侵攻への脅威を強調し、先軍政治のもと国防力を強化すべきだとの点、住民の犠牲が避けられないとの点を掲げ、反米意識を高めることに総力を挙げている。

とりわけ先月に大規模な水害が発生した後、官営メディアを総動員し、内部の動搖を防ぐための体制結束に全力を尽くす雰囲気だ。北朝鮮が内部体制の強化に集中するのは、周辺情勢とかかわりがあるものと見られる。ミサイル発射以降、北朝鮮への制裁措置が強化されたのを受け、それによる内部の動搖や不満をあらかじめ遮断したい、という狙いだとのこと。

労働(ロドン)新聞など各官営メディアは、ほぼ毎日先軍政治の重要性を説破し、内部体制の強化を強調している。これは住民はもちろん党幹部の間でも、ミサイル発射以降、不満が高まる可能性が少なくないため、と考えられる。軍が主導した一連の強硬措置で、戻ってきたのは生活苦だけ、という不満の声が高まりうる。

北朝鮮・金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の秘密資金とされる、いわゆる「統治資金」が米国の金融制裁措置で遮断されるにつれ、党幹部らに支援されていた物資も中断された状況と見られる。弱り目にたたり目で、先月は水害まで発生した。民心を動揺させうる予想外の要因がもう一つ増えたわけだ。

こうしたなか金委員長はミサイル発射以降、1カ月も姿を現さずにいる。イラク戦のぼっ発を前後にした03年の50日間にわたる「隠とん」以降、最長期間となる。こうした状況で外部に姿を現さないことが、むしろ関心を集め統治力を高める手段になりうる、と判断したかも知れない。また、現在の局面を突破するための長考に入った、との見方も出ている。


 もし、金正日総書記が現在の局面を突破するために表に出てこないのだとしたら、それは失敗しています。

 どう考えても、今の状況は国家的危機で乗り越えなければならない問題が山積しています。そのような状況で、トップがいない分みんなで頑張ろう、とはとても思えません。少なくとも私はそう思うのですが、朝鮮人のメンタリティは違うのでしょうか。

 北朝鮮は対米強硬外交では明らかに行き詰まりを感じます。このような状況でこそトップの決断が大事です。ひょっとしたら米国と和解するために悩んでいるのかもしれません。

 どちらにしろそろそろ出てこないと国がなくなっているかもしれません。

 ちなみにこんなニュースもあります。

 ・北朝鮮、地下ミサイル基地を建設中 日本と在日米軍標的?(産経新聞)

 【ソウル=久保田るり子】韓国外交通商省傘下の外交安保研究院は先月下旬のセミナーで、北朝鮮が日本海沿いに、「日本と在日米軍を標的にした中長距離ミサイル」を発射するためとみられる複数の地下ミサイル基地を建設中で、一部は工事が70-80%完了していると指摘した。地下基地建設は、ミサイル発射の準備状況を監視する軍事衛星などの"目"を逃れるのが目的とみられる。
 外交安保研究院の教授がセミナーで「北朝鮮の弾道ミサイルプログラムの評価」という題の論文を発表した。

 それによると、日本や在日米軍を狙う地下基地は北朝鮮北東部、咸鏡南道虚川郡上南里で建設中だ。完成後は、中距離弾道ミサイル(旧ソ連・潜水艦型弾道ミサイルSSN6の改良型)か、長距離弾道ミサイル「テポドン2号」が配備される可能性があるという。また、咸鏡南道徳城郡で建設中の基地は米国でも「90年代から建設中」と確認されている。

 韓国との軍事境界線から北側約50キロの江原道伊川郡には韓国・釜山港などを標的にする「火星(スカッド)ミサイル部隊」や約30基の移動発射台が地上配備されているが、ここにも「大規模地下ミサイル基地が建設中」と報告された。

 韓国外交通商省は3日、「政府が事実関係を検証したものではない」とコメントした。


 これが事態の打破へ向けての秘密兵器だとは思えません。北朝鮮の基地はほとんど半地下化しているのが周知の事実ですし、ミサイル基地がそうであってもおかしくありません。

 本当に滅亡に向かって一直線と言った感じです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年08月04日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:8

中国から見放されたのがショックでも有ったでしょうね、地下で何を考えているのか、私なら追い詰められたと感じて仕舞うでしょう。自分が生き残れないと感じたら~怖いですが、北京、ソウル、東京にロケット打ち込んでオサラバしますね。
息子達の動向を監視する事が必要です。

2006年08月04日 三笠 URL 編集

 既に死んでいるというのも考えられる。

 ディズニーに行きたいだけの馬鹿連中が千葉を攻撃するとは思わないけど、軍部はどうかな?
 自棄になった振りして、米国と密約。
 先制攻撃を仕掛けた後、自分達の身の安全を確保した後、降伏とか言うシナリオが有りそうな気がする。

 しかし、産経についての韓国側のコメントは当てにならない事。

 民間人である私の方が認識がマトモと言うのは……らしくて良いけど、あんた等、滅亡するよ。

2006年08月04日 どらっへ URL 編集

案外。いや まず韓国で整形手術か?

2006年08月04日 でこサングン URL 編集

流されたのかも。

2006年08月04日 煬帝 URL 編集

パフェを食っていると、オタクにまぎれてわからない。

2006年08月04日 おいどん URL 編集

平成14年3月8日、第154回通常国会に提出され、
翌年衆議院の解散によって廃案となった人権擁護法案。

しかし、平成17年2月、自公両党による人権問題懇談会によって、
前回の提出時に物議をかもしたマスコミ規制条項を凍結する方向で
第162回通常国会での提出の方針が決定されると、政治家・言論人・
そして名も無き一般の人たちによる熱い戦いが開始された・・・!

この本はその人権擁護法案の国会提出をめぐる戦いの中で、
反対派の人々が何を思い、何と戦ったのか、そして守るべき人権とは
いったい何であるのか、それら人々の率直な声を政治家マスコミ一般の別なく
汲み取ろうとして書かれたものです。

現在、この法案を巡る戦いは地方での条例という形で全国に広がっています。
どうか、この法案の危険性と、人権というあいまいなものを法で一律に括って
守ろうとさせる恐ろしさを知ってください。

2006年08月04日 KAZU URL 編集

このまま消えてしまえばいいのに。

2006年08月05日 worldwalker (・∀・) URL 編集

三笠さん、
多分中国との関係はショックだったでしょうね。政府はミサイルに気をつけなければいけませんよね。

どらっへさん、
韓国については言うまでもありませんね(笑)

でこサングンさん、
コメントありがとうございます。
でもあの特徴的な顔は整形しても無駄でしょう。しかもあの腹(笑)

煬帝さん、
それ本当だったら笑えます。

おいどんさん、
意外と秋葉原にいたりするかもしれませんね(笑)

worldwalker (・∀・)さん、
地下シェルターにラ王を積んで閉じこもっていたりして(笑)

2006年08月06日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。