スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

万景峰92、入港禁止を非難するのは所詮北朝鮮だけ

 北朝鮮の新聞である「労働新聞」や朝鮮総連の機関誌「朝鮮新報」の反日記事はかなりきついことを書いているのですが、面白味に欠けます。やはり面白さで言えば韓国メディアです。ただ、今回は北朝鮮の必死さが伝わります。

 ・「万景峰92」号入港禁止 朝鮮国内で非難の声(朝鮮新報)

 「祖国往来は当然の権利」 -怒り、悲しみ、落胆- 

 【平壌発=李相英記者】朝鮮のミサイル発射への「制裁」の一環として、「万景峰92」号の入港を禁止した日本当局の措置に対する非難の声が、朝鮮国内の各界各層から上がっている。

人権にかかわる問題

 「日本当局が人道的目的を帯びた『万景峰92』号の入港を禁止したことは、いかなる理由によっても正当化できない卑劣な行為だ」

 朝鮮赤十字会中央委員会のリ・ホリム副書記長はこう指摘しながら、「祖国と在日同胞を結ぶ『万景峰92』号の運航が政治の道具に利用されるのは、もってのほか」と語気を強めた。

 日本国内で在日同胞子女への暴行、脅迫事件が相次いで起こるなど、同胞に直接的な危害が及んでいることについても、「人道主義の活動に従事する者として怒りを禁じえない」と話した。

 リ副書記長は、「今回の一連の事態を在日同胞の人権にかかわる重大な問題」と見る。そして殺伐さを増す日本国内の民族排他的雰囲気に憂慮を示した。

 「在日同胞の祖国往来を保障することは、過去わが民族に対し罪を犯した日本にとって当然の道理であるはず。入港禁止措置を撤回し在日同胞の祖国訪問および親族面会の道を早急に開くべきだ」(リ副書記長)。

 船舶の運航を管轄する陸海運省でも、入港禁止措置への憤りを隠さない。

 陸海運省法規局のキム・リョンハク副局長は、これまでは日本もさすがに船舶運航に関する国際法規を要所で適用しつつ「合法」の枠内で朝鮮側船舶の入港を規制してきたが、今やその「合法性」までもが取り払われようとしていると指摘する。

 国際法的な観点からも妥当性のない今回の日本当局の措置は長く続かないと、キム副局長は強調する。「麻薬密輸」や「ミサイル部品運搬」といった口実も、他国の船舶関係者や法律家の目には説得力を欠くものとして映っているという。

 「われわれは運航再開のためのあらゆる対策を講じている。日本は近いうちに船の入港を認めざるをえなくなるだろう」とキム副局長は語った。

引き裂かれた出会い

 「万景峰92」号運航中止の知らせに最も心を痛めているのは、日本に住む親族との面会を心待ちにしていた人びとだ。

 平壌市万景台区域に住むパク・チョンレさん(38)は、弟のパク・ヨンハクさん(33、平川区域)とともに、伯母のキム・リョンスンさん(72)、キム・スジャさん(59)の訪問を待ち望んでいた。

 「残念な気持ちでいっぱい。準備した料理や贈り物もだめになってしまった」とチョンレさんは肩を落とした。1980年代半ばから毎年のように祖国を訪れてきた伯母たちと過ごす時間は特別なものだという。

 リョンスンさん、スジャさんは、63年に帰国し昨年亡くなったチョンレさんの母とは姉妹。7月6日に新潟を発つ便で平壌を訪れるはずだった。

 「新潟まで行ったのだが、乗船できないので引き返したそうだ。電話越しから伯母の落胆ぶりが伝わってきた」(チョンレさん)

 「私たちが何か悪いことをしたというのか。本当に悔しいし、腹立たしい」と、ヨンハクさんも声を震わせた。

 「また会うときまで体に気をつけて元気でいてくださいと、一言伝えたい」。ヨンハクさんは、日本に住む伯母を気遣った。

 祖国の学生と在日同胞学生との交流も相次いで中止に追い込まれた。

 東京朝鮮中高級学校との交流行事を計画していた平壌第1中学校の生徒は、東京朝高生が祖国を訪問できなくなったことにショックを受けている。

 同中学校は87年から東京朝高と姉妹校の関係を結び、祖国を訪れる生徒との交流活動を毎年行ってきた。7月13日の来校予定日に合わせ、行事の準備を進めていた矢先に運航中止の知らせを受けた。

 同校6年2組のリ・グァンスくんは、「日本が朝鮮に対する植民地支配をいまだ反省せずに、われわれに制裁を科そうとしているが、何の罪もない在日の先輩たちが被害に遭うのは許せない」と話した。1年の時から毎年交流行事に参加しており、今年ももちろん参加する予定だった。「互いの学校生活について話もして、一緒に楽しく過ごせたらどんなによかっただろう」。

 同校のハン・ソンヒ副校長は、「非常に残念」だとしながらも、現在の情勢について、「一時的な難局」にすぎず、「在日朝鮮学生の祖国訪問の道は必ず再開される」と力を込めて次のように語った。

 「厳しい状況が続くが、落胆せずに総聯の活動にまい進してほしい」


 あえて言うまでもないですが、そんなに家族と会いたいなら北朝鮮本国に「恫喝外交は止めろ」と声高に主張するのが一番です。朝鮮総連は本国と一体で、本国の主張を繰り返しているに過ぎないから日本人に同情されないのです。

 私は何度も言っているのですが、朝鮮総連の庇護の下で暮らしている在日朝鮮人には一切同情しません。彼らが本当に日本人と仲良く暮らしたいという気持ちがあるなら、帰化するか少なくとも朝鮮総連から脱退しなくてはいけません。脱退して韓国民団に入るのもあまり誉められたものではないのですが、韓国人のアイデンティティを主張するのは自由です。ただ、その中に政治的主張が含まれてくると納得は出来ません。

 在日朝鮮人は今まで差別を解消するためと称して、逆に優遇される生活を続けてきました。日本人はそんな彼らの気が紛れるのであればと寛容に対応してきましたが、韓国民団の「外国人参政権要求」や朝鮮総連の「謝罪と賠償、そして北朝鮮の恫喝外交の肯定」などを考えるととても協調していく気にはなれません。

 彼らはもし日本で反政府活動をしたいのでなければ、どのように日本人と協力しあって生きていくのか説明してもらいたいです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年08月01日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

日本人を困らせなければ。

唯、一つ訊きたい。
そんなに家族が大事なら帰国して国を立て直さないの?
日本なんかに寄生してないで。

2006年08月01日 煬帝 URL 編集

万景峰号が無いと人的交流が不可能?
嘘付け!韓国経由、中国経由で幾らでも
行き来可能だろうが! 騙されないもんね。

2006年08月02日 徒然 URL 編集

 上にも書きましたがヒズボラの件に北朝鮮のミサイルが関わっているのは確かなようです。

 一切の妥協を許してはなりません。
 朝鮮人の意向なんぞよりも、世界的石油の危機の方が大事です。

 イランが暴走する前に北朝鮮を消すしかないですね。

2006年08月02日 どらっへ URL 編集

煬帝さん、
まあ、彼らは工作員育成の任務を持っているわけですし、彼ら自身が工作員でもありますからねぇ。

徒然さん、
コメントありがとうございます。
そうなんですよね。日本の対応はまだまだ手ぬるいですよね。

どらっへさん、
すでにイランは暴走しているような気もします(笑)

2006年08月03日 さいごう URL 編集

日本政府がずーーーっと前からこれくらい毅然とした態度をとっていたら、今の日本と朝鮮の関係も変わっていただろうなあ。しかし今でも日本が朝鮮(人)に対して世界一寛容な国家であることに変わりはない。

2006年08月05日 worldwalker (・∀・) URL 編集

拉致問題が完全に分かった上で、軍事侵攻されなかっただけでもありがたいと思うべきですね。

2006年08月06日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。