スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日経新聞、アジア外交の再構築としてA級戦犯の分祀を主張

 日経新聞は昭和天皇の発言メモをスクープしてからと言うもの、A級戦犯の分祀に向けて必死です。最初は盛り上がりがたちないと思ったのか、メモ発覚の興奮が冷めぬうちに世論調査を行い、朝日新聞、毎日新聞と組んで共同戦線を張っています。そして今回の社説です。日経新聞は本当に必死です。

 ・社説 アジア外交の再構築をめざせ(7/31)(日経新聞)

 小泉政権の外交活動を振り返ると負の遺産のひとつに中国、韓国との関係悪化があるのは否定のしようがない。特に日中間で首脳会談ができない現状は、日本側だけの責任ではないにせよ、国際社会には異常に映る。次の首相をめざす人たちはアジア諸国との関係をどう再構築するか語る必要がある。それには日本国内だけでなく世界が注目する。

靖国参拝は自重を

 日本の外交政策を議論する時に陥りやすいのがアジアか米国かといった意味のない論争である。グローバル化した世界に日本がある以上、二者択一はありえない。安全保障の領域でそれを考えればわかりやすい。多くの安全保障上の懸念のなかで日本が直接かかわらざるを得なくなりそうなのは北朝鮮と台湾海峡の異変だろう。それを抑止しているのは日米同盟を基礎とする米国の存在である。中国の対応も重要になる。

 アジアか米国かといった単純な議論があり得ないとすれば、アジア外交の再構築を模索する場合、小泉政権がとった日米同盟重視路線の継続は議論の余地がない。経済力1、2位の日米の緊密な関係は世界の安定要因であり、グローバルな経済活動の前提である。そのうえでなぜアジアが重要かを考えれば、中国とインドの台頭が大きな理由である。

 ダイナミックな成長をとげるアジアとの関係をどう描くかは21世紀初頭の日本にとって重要な作業である。差し迫った課題は日中関係の改善である。中国は小泉純一郎首相の靖国神社参拝を理由に首脳会談を拒否し続けているが、中国側からは最近、次期政権との間で関係を改善したいとのシグナルも伝わってくる。次の首相を狙う人たちがこれを軽視し、現状が続くとすれば双方にとって不幸である。

 私たちはA級戦犯を合祀(ごうし)する靖国神社に首相が参拝するのは好ましくないと主張してきた。中国がそう考えるからではない。日本人の立場で歴史を振り返れば、そこに問題があると考えるからである。靖国問題は外交政策の領域ではないが、国際的影響が大きい問題でもある。分祀(ぶんし)、靖国改組、新施設建設、千鳥ケ淵戦没者墓苑の拡充などの様々な議論が自民党内にもあるのはこのためだろう。

 日中関係は巨大な関係である。中国商務省によれば、2005年の貿易額は1844億ドルで史上最高を記録した。反日暴動があり、中国側が「政冷経涼」を警告し、日本側もそれを心配した年だったが、経済交流の拡大傾向は続いた。しかし日中関係は靖国だけでもなければ、経済だけでもない。現在の日中関係は世界史のなかでもユニークな関係と歴史家は考える。

 近隣関係にある大国同士であり、経済的相互依存が強く、共通の敵を持たない。一方は民主主義、他方は共産党支配で価値観を共有しない。古今東西を見渡しても円満だった例を見つけにくい状況の二国間関係である。同時にグローバル化した世界は日中双方に大国としての自制を求める。首相候補たちが留意しなければならないのはこの点だろう。

 靖国だけではない歴史問題、中国の軍拡、東シナ海のガス田問題に代表される資源争い、環境破壊など日中間には解決あるいは協力をしなければならない多くの懸案がある。分野ごとに実務者による対話はある。が、統括する形の首脳間対話が欠ける現状があり、それが実務者間対話の進展を妨げるとすれば、双方にとって利益にならない。

日米同盟を基礎に

 2007年は日中国交正常化から35年、2008年は日中平和友好条約締結から30年の節目に当たる。次の首相をめざす人たちは、これを意識し、新たな日中関係を規定する大きな合意を考える必要があるだろう。冷戦末期、レーガン・ゴルバチョフ時代の米ソ両国は、首脳会談のもとに懸案ごとの作業部会を置き、それぞれの解決をめざした。

 日中関係は冷戦関係ではない。当時の米ソにできたことが現在の日中両国にできないはずはない。

 自民党総裁選挙の有権者は自民党員であり、一般国民に比べれば、保守的な傾向を持った人たちだろう。中国についても厳しい見方が多いだろうが、そこから選ばれる次の首相はいずれ国政選挙で民意の審判を受ける。国際政治の世界では「ニクソンだけが北京に行けた」という言葉もある。保守的なニクソン米大統領だからこそ中国訪問ができたという逆説的真実である。

 小泉外交は対米関係を固めた。次の首相は、それを基礎に対中関係を打開する必要がある。アジア外交の大きな構想はそこから始まる。候補者たちの知恵の見せどころだろう。


 まず、じっくり読まなくても一目瞭然なのは、「中国がそう考えるからではない。」と言いつつ、中国が参拝に反対しているという理由以外に説明されていません。日経新聞は日本が主体的に決めると言いながら何も決定するための要素を提示していないのです。

 また、アジア外交と言いつつ中国のことしか書いていません。別に韓国のことを書けとはいいませんが、中国イコールアジアというのはあまりにも乱暴でしょう。

 そして一番気になるのは、日中関係を良好に保つことで得られるのは「経済のメリット」だけしか説明されていないことです。もし、日中関係を本気で考えるなら「歴史問題、中国の軍拡、東シナ海のガス田問題に代表される資源争い、環境破壊」と言った問題をA級戦犯分祀だけで解決できるかのようなまやかしだけでなく、きちんと説明するべきです。それが出来ないからこそ、日本国民はA級戦犯分祀で問題を解決できると思っている総裁候補を支持しなかったのでしょう。

 今日の昼にFNNの世論調査を行っていました。これに関してはリンクがないので紹介できませんが、総裁候補の支持率で谷垣財務相が一ケタ台後半にアップするとともに安倍官房長官が微増していました。谷垣氏の支持率アップはこの程度であれば福田氏が立候補を断念した分が流れただけです。逆に安倍氏が増えているのは、谷垣氏を信用できない者が意外といることを表しています。と同時にA級戦犯分祀問題が総裁選に影響していないと言うことを表しています。

 日経新聞は誰の頼みでもいいですが、専門外の政治に突っ込んだ記事を書いてもレベルを疑われるだけです。こんな不毛な議論をしているなら中国に依存しない経済についてでも議論してください。少なくともA級戦犯分祀議論に昭和天皇を巻き込まないでください。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年07月31日 靖国神社 トラックバック:- コメント:8

 生憎だけど、バカタレ新聞社達よ。
 こちらには『天皇の政治利用禁止』と言う『錦の御旗』が有るのだよ。
 必死過ぎて笑えるけど、ここでお前達の『終焉』だ。

 逆説的に言えば、ここで倒せれば、新聞社は終わる。
 捏造された『靖国問題』に決着をつけましょう。

2006年07月31日 どらっへ URL 編集

こんな社説書いてる暇があったら、爆弾(残りのメモ)投下しろww

2006年07月31日 kmura URL 編集

あっち系の新聞やテレビ局がここのところ必死なのは、中共の方がかなりヤバイからなのでは?

日本の次の首相と折り合えないと自国の政権が駄目になるとの自覚があるので必死に工作を仕掛けてるのではと思えますね。

実際、次期政権が日本にとっても中共にとっても正念場なのかも。

2006年08月01日 煬帝 URL 編集

>中国が参拝に反対しているという理由以外に説明されていません。

日経は中国があっての日経です。いっそネーミングも「中国経済新聞」とやらに変えてもいいと思います。
なさけねーなあ。

2006年08月01日 テツ URL 編集

経済に関わる法改正などの記事を落としていたりしないで
日経は、経済関連の記事と時事的なニュースのみで行って欲しい。

前の北朝鮮に対する「ミサイルを撃たないで社説」も
どこか内容が作文的でしたし、ここは経済特化で充分なんですがね。
(追記:政治的な内容は今日は何があったなどの伝達
程度で日経はいいという意です。
国内経済分野を強化が個人的要望)

2006年08月01日 フレア URL 編集

皇室問題に口を出した、経済紙先ず検証と禊をしてからしゃべれ。

2006年08月01日 三笠 URL 編集

昨日、うちの近所に皇太子殿下がいらっしゃったんですよ。今日の高校総体の開会式のために。全部の信号が10分くらい赤になってみんな待たされたんですが、文句言っている人はひとりもいませんでした。

2006年08月01日 worldwalker (・∀・) URL 編集

どらっへさん、
これで日経新聞はかなりのイメージダウンになっていますね。経済だけやっていればいいのに。

kmuraさん、
多分そこには捏造だと分かる部分があるので出せないのでしょう。

煬帝さん、
中国もプライドが高いから(もしくは国民に日本へ妥協する姿を見せたくないから)、日本に文句ばっかりつけるのですが、内情は危ないでしょうね。

テツさん、
言い名前ですね。ちょうど日本へ中国の意見を中継(中経)する新聞と言うことで。

フレアさん、
ビジネスだけで考えれば今の中国は良いのかもしれませんし、日経新聞はそれだけ考えていればいいでしょうね。
ただ、中国の景気も懸念材料はたくさんありますよね。

三笠さん、
はじめまして、よろしくお願いします。
経済誌ならある程度の論理性があってもいいはずなのに全くありませんよね。

worldwalker (・∀・)さん、
朝日新聞だって皇室ネタは重要ですから、日本人の皇室好きは侮れませんね。

2006年08月02日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。