スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

朝日新聞、統一協会もどきの宗教叩き

 朝日新聞がこの宗教「摂理」をなぜここまで大きく扱っているかについて後で私の考えを書くつもりですが、この宗教自体は非常に注意すべきもので、こんな宗教は完全に排除すべきです。

 ・韓国カルト、日本で2千人 若者勧誘、教祖が性的暴行(朝日新聞)

2006年07月28日08時29分
 首都圏や関西で、大学生ら20代の若者が、韓国人男性=海外逃亡中=の教祖に絶対服従を誓う新興宗教集団(カルト)に引き込まれ、マンションの一室で共同生活を送ったり、信者同士の合同結婚式に参加させられたりしていることがわかった。集団には、約2000人が登録されているとみられ、少しずつ勢力を拡大している。教祖の女性信者に対する性的暴行も常態化しており、これまでに100人を超す学生らが被害に遭ったとされる。脱会支援を進める日本基督教団や弁護士らには、「子どもを取り返したい」という親らの相談が200件以上、寄せられている。

 この集団は、キリスト教の聖書を独自に解釈する教義を掲げ、韓国で80年ごろ設立された。当初は「モーニングスター(MS)」、現在は「摂理」と呼ばれている。教祖の鄭明析(チョン・ミョンソク)氏(61)は、女性信者への性的暴行が韓国で社会問題化した99年、国外に脱出。ソウル地検などから強姦(ごうかん)容疑で指名手配され、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配されたが、逃亡を続けている。

 集団の内部資料などによると、日本側の信者は、全国の国立大学や有名私立大学の学生や卒業生がほとんど。女性が約6割を占める。東京、大阪、名古屋、福岡、札幌など40カ所前後に「教会」と呼ぶ拠点がある。集合住宅の一室の場合が多く、一部の信者はここで数人単位の共同生活を送っている。

 集団内では、男女交際が禁止され、信者同士による合同結婚式が年1回のペースで開かれている。毎月、一定額の献金が課せられ、一部が教祖の逃亡資金として使われている疑いがある。

 脱会者らの証言によると、鄭教祖は、国際手配を受ける前の02年までは頻繁に来日していた。大阪や千葉の側近信者の自宅に滞在。数人から10人前後の女子学生らを連日のように招き、「健康チェックをする」などと称し、わいせつ行為や乱暴を繰り返したとされる。海外逃亡を始めてからは、イタリアや中国、台湾などを転々とし、側近にひそかに指示を出してきた。女性信者らは「教祖が会いたがっている」と言われ、潜伏先に相次いで呼び出されたという。側近からは「誰かに言えば地獄におちる」などと、強く口止めされていた。

 鄭教祖の暴行を受けた後、教義に疑問を感じ、脱会する女性が相次いだ。そのうちの一人は「乱暴されているときは何が起きたのか、理解できず、頭の中が混乱し、教祖にされるがままだった」と打ち明けた。「摂理」は日本では、15年以上の活動歴があり、別の脱会女性は「被害に遭った日本人女性はゆうに100人を超える」と話している。

 集団の勧誘活動はサッカー、演劇などのサークル活動を装って学生に食い込み、人間関係を築いた後で徐々に「教義」を説いてマインドコントロール状態に導く手法。信者の親らの脱会相談にのっている日本基督教団は「組織的手口で思想を変え、人格を破壊するカルトの典型」と指摘する。

 「摂理」の実態に詳しい渡辺博弁護士(第二東京弁護士会)は「被害女性のほとんどは泣き寝入りを強いられてきたが、これ以上の被害を出さないためにも、教祖やその側近たちを刑事告訴することも考えている。追い詰められた教祖の命令しだいでは、信者たちがいつ暴走を始めるかわからない危険性もあり、今のうちに対策を講じなければ手遅れになる」と話している。

 鄭教祖は、「摂理」を設立する以前の70年代に、世界基督教統一神霊協会(統一教会)でも活動していた。

 統一教会広報部は「鄭氏が2年間ほど、韓国の統一教会に在籍した事実はあるが、当教会と摂理と呼ばれる集団とは一切関係ない」と話している。

 朝日新聞は、集団の日本側責任者とみられる女性に取材を申し込んだが、27日までに回答はない。

 〈摂理〉 台湾、マレーシアなどにも活動拠点がある。各教会のリーダーは信者の中から教祖の直接指名で選ばれる。信者歴に応じて社会人担当、キャンパス担当などの役職を任される。水曜と日曜に定期礼拝が開かれている。


 ・逃亡教祖、今春まで中国に 潜伏先でも女性に性的暴行(朝日新聞)

2006年07月28日20時08分
 女性信者らに性的暴行を繰り返していたカルト集団「摂理」の鄭明析(チョン・ミョンソク)教祖(61)=強姦(ごうかん)容疑などで国際手配=が、今春まで、中国東北部の鞍山(アンシャン)近郊に潜伏していたことが、脱会者らの証言でわかった。農村地帯の大邸宅に住み、厳重な警戒を敷く中、韓国や日本から呼び寄せた女性信者らと一緒に生活していた。鄭教祖は03年7月、香港で不法滞在容疑で逮捕されたが保釈中に逃亡しており、その後は中国本土を転々としているとみられる。

 脱出女性らの証言によると、鞍山の潜伏先でも、鄭教祖の性的暴行は連日のように繰り返された。鄭教祖は女性信者の中でも、日本人への関心は高かったとされる。側近に送らせたリストなどから、特定の日本人女性を選び出し、相次いで呼び寄せていた。

 鄭教祖は、女性信者への性的暴行が韓国で報道されて問題化した99年、国外に脱出。01年6月に強姦容疑で指名手配された。02年1月を最後に日本には立ち寄っていないとみられる。

 教祖の追跡を進めている韓国の脱会者団体「エクソダス」は、香港から逃げ出した後は、中国本土の数都市を経て鞍山に移ったとみている。「(鞍山を引き払った現在も)中国内にとどまっている可能性が高い」とみる。

 今年3月末、鞍山に呼び出された韓国人女性(27)によると、潜伏先は鞍山の市街地から車で30分程度の山すそだった。農村地帯で敷地内には3階建ての住宅が4棟あった。正門付近にはビデオカメラが設置され、犬を連れた男性信者が見回っていた。邸内では多数の日本人女性を見かけた。

 女性は韓国を出る際、「中国行き」については、幹部から固く口止めされていた。船で中国・大連に入り、陸路で潜伏先に向かった。ほかにも女性信者4人が一緒だった。

 鞍山に到着して5日後、全員が相次いで教祖に呼ばれ、服を脱ぐよう強要された。女性は数時間にわたって乱暴され、教祖に「これからもここで暮らしなさい」と命令されたという。

 女性は、ショックを受けて脱出を決意。ほかの女性信者1人と、教祖らが外出した間に逃げ出した。車で数時間の瀋陽の空港で中国の警察当局に保護され、韓国に帰った。その後、教祖を強姦致傷容疑で告訴した。鄭教祖はこの後、別の場所に移動したとみられる。

 女性は「私のような被害者をもうこれ以上、出してほしくない。日本は、教祖が好きな国で特別な場所。日本人女性は狙われており、気をつけてほしい」と話す。


 統一協会について多少知識がある人が見れば、「手口は完全に統一協会そのものだ」と思うでしょう。実際に朝日新聞の記事には、教祖が統一協会に在籍していた過去などについての説明もあって連想しやすい記事になっています。

 韓国人とキリスト教、そしてセックスという組み合わせはかなり多くあります。最近では金保の件もそうですし、この組み合わせは日本での布教活動を厳しく禁止する必要があります。

 しかし、この記事がなぜ朝日新聞だけが扱っているのかが気になります。(確認したところ、朝日放送の記事と中央日報の記事がありました。)

 ただ、考えられる一番の理由は、「安倍官房長官の間接的ネガティブキャンペーン」である可能性が高いと言うことです。この後に安倍氏の統一協会との関係を書いた記事でも出せば完全に安倍氏の評判を落とすことが出来ます。さらに自民党に多く存在する統一協会シンパのリスト(例えばこんなの)でも出してしまえば、自民党自体にもダメージを与えることが出来るから一石二鳥なのかもしれません。

 しかし、こうやって考えてみてもたったこれだけの理由で朝日がこんな記事を掲載したとは思えません。ちょっと陰謀論になってしまいますが、この件に関しては「韓国系キリスト教原理主義・保守政治家」連合と「共産主義・社会主義・リベラル系のメディア」のせめぎ合いが隠れているのではないかと思います。

 「韓国系キリスト教原理主義」とはここでは、統一協会のようにキリスト教の原点に復帰することを最終的に目的としながらも、カルト的な儀式などを行う宗教のことを指します。彼らは根本に科学的思考とは対極に位置する考えを持っています。つい最近まで世界日報で特集していたインテリジェント・デザイン理論(ID理論)は進化論を否定するものであり、その特殊性が分かると思います。

 ちなみにキリスト教原理主義は米国にも存在し、ブッシュ大統領とその周辺もその教義に忠実であると言われています。(ただ、米国のキリスト教原理主義と今回の韓国系では、「儀式」への傾倒度など教義内容だいぶ違うと私は思っているので、別物という考えています。)

 彼らは科学を否定するという特性から、社会を科学で分析した「共産主義」への憎悪へと繋がっていきます。統一協会が「国際勝共連合」を結成したのは、この流れで考えると自然な流れだと思います。

 日本では「国際勝共連合」が、1970年代頃から日本の右翼(笹川良一ら大物)を母体として活動を開始し、財界や芸能界を中心に勢力を伸ばしました。

 もちろん今でもその勢力は大きいのですが、共産主義陣営の絶滅によって対抗勢力が無くなり、「国際勝共連合」と統一協会の影響力は低下していました。しかし、最近周辺国の挑発的な行動と日本人自身のナショナリズムの高揚により、韓国系キリスト教原理主義は息を吹き返し始めています。

 面白くないのは、リベラルの盟主を自認する朝日新聞です。朝日新聞の記事内容の妥当性は別として、韓国系キリスト教原理主義に対抗できる勢力の中で朝日新聞は大きな影響力を持っています。今回安倍氏が日本の首相になれば自分が壊滅的な打撃を受けるのが目に見えているので、なんとか阻止したいという行動が今回の記事として表れたのではないかと感じます。(再度言いますが、朝日新聞は科学に立脚する側にあるのですが、記事自体はカルト的な捏造を得意にしています。)

 「共産主義」という魔物を退治するために、「韓国系キリスト教原理主義」という悪魔を懐に入れてしまった保守政治家たちは、確かに「共産主義」を駆逐することが出来ました。しかし、その代わりに自分の懐の悪魔は確実に大きくなってきています。日本人は「大和魂」、「和の心」など自分自身のアイデンティティを持っているかのように思っていますが、実際にそのようなものがないのか貧弱だったからこそこうした危機を招いています。今こそ日本人はアイデンティティを確立しなければならないでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年07月29日 朝日新聞 トラックバック:- コメント:6

共産主義者や朝日新聞の「科学」は頭に「似非」が付く代物ですからね。

インチキ宗教と大差ない思考形態です。

要は「政治」なんですね。

2006年07月29日 煬帝 URL 編集

最初にネットで読んだときには統一のことかと思いました。

なぜ朝日が取り上げたのかについては、ほぼ同じ考えです。

昔から朝日と統一はこのような関係ですね。

2006年07月30日 フレア URL 編集

朝日こそが日本最大のカルト集団。
公称800万世帯は世界一のカルト集団とも言える。

2006年07月31日 worldwalker (・∀・) URL 編集

煬帝さん、
朝日は「似非」というのは本当にそう思います。私も政策重視で総裁候補を選ぶべきだと思います。

フレアさん、
朝日と統一協会は昔からそうですよね。今回もその流れで見るべきだと思いました。

worldwalker (・∀・) さん、
まあ、公称ですから。すでに創価学会員の方が多いでしょう。

2006年07月31日 さいごう URL 編集

朝日新聞は、冷静な記事や社説をいつも書いています。読者の反対意見も投稿欄で取り上げています。他の新聞の記事は、ミサイル実験を行った、北朝鮮に先制攻撃しろと書いていましたが、朝日新聞は冷静な記事を書いていました。

2007年04月07日 はるか URL 編集

コメントありがとうございます、
はるかさん、
何が冷静で何がそうでないかはえ別にそれぞれに判断してもらっても良いですが、ミサイル実験で「失敗だから良かった」とか「1発だったら誤射かもしれない」と言った朝日新聞の記事をまともに受け取るのは止めた方が良いと思いますよ。

2007年04月08日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。